IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活の面接で好印象を与える逆質問の仕方と例・逆質問のNG例

面接

就活における逆質問を軽く考えてはなりません、就活における逆質問には意図があります、また自分をアピールできる絶好の場でもあります。逆質問の仕方で採用の合否に大きく影響することがありますので、面接官に合わせ逆質問の内容をしっかり考えて準備することが大事です。

更新日時:

就活における逆質問

就活の面接で好印象を与える逆質問の仕方と例・逆質問のNG例

就活で逆質問が求められる意図はどこにあるのでしょうか?この意図をしっかり理解することが就活の面接に臨む大事な心構えになります。 企業にもよりますが就活の面接はその都度面接官が変わり複数回行われ、面接官ごとに質問内容がかわり、緊張しながら質問に真摯に対応して最後に何気なく問いかけられる、何か質問はありませんか?の逆質問に対し、面接が終わったとホッとした気持ちになり、特にありませんと答えたらそれまで順調に進んでいた面接もアウトになってしまう可能性があります。 面接官のチェックリストには逆質問に対する対応状況を確認するための重要な質問事項の一つになっています。

就活における逆質問の意図

就活における面接では質問に対して意欲や熱意を込めて回答していきますが、逆質問の意図は就活生に質問させ、意欲などを確認する意図があります。面接の最後にアピールできる絶好の場であり場合によっては逆質問でこれまで印象が悪かった部分が良い印象に変えることができることもあります、逆質問には就活生の本心を知りたい本気度を知りたいという重要な意図が込められています。

就活で逆質問に期待されること

現在の就活環境は就活生にとって有利な環境にあり、通常の質問に対してはそつなく回答し、採用したいと内定を出してもあっさり辞退され、就活生は内定をどんどん乗り換え本命企業に近づこうとしています。 面接官は就活生の企業に入りたい本気度を確認したいのです、企業内容をしっかり研究していないと疑問も出ません、逆に本当に入社したい企業であればこそ疑問もたくさん出てきます。そのために採用企業はどれだけ企業研究しているかも含め逆質問をし、その回答内容から本気度や意欲などを確認しようとしています。 逆質問に対し本気度が高いと思われるような内容は、面接企業の情報も簡単な下調べでわかる内容だけでなく、ライバル企業との比較から出てくる逆質問、企業とのミスマッチを防ぐための疑問としての逆質問、逆質問ができるかどうかの質問力やコミュニケーション能力をアピールできる内容です。

就活の面接で好印象を与える逆質問の仕方

就活の面接で好印象を与える逆質問の仕方と例・逆質問のNG例

就活の面接で面接官に高印象を与える逆質問の仕方は、面接官によって逆質問の内容を変えることです。就活の面接はいろいろな方法で行われ一般的に複数回行われ、その都度面接官が変わり人事担当者が加わらないこともあります。 面接官が変わったからといって同じ逆質問をするわけにはいきません、それまでの面接記録が引き継がれて次の面接官に渡り、次の質問や逆質問をされるからです。面接官が人事担当者か、職場担当者かまた役員面接かなどで逆質問内容を準備しておくことが大事です。 前回での逆質問に対する面接官の反応状況などもしっかり確認しながら、次の面接ではさらに好印象になるように工夫することが必要です。

就活の集団面接での逆質問

多くの就職希望者が集まる企業では集団面接やグループ面接を行い、その中から人材を見つけ出そうとしていますが、就活生にとって集団面接で他の就活生に負けないように好印象を残せるようにしなければなりません。 ライバルに差をつける方法の一つに逆質問があります。他のライバルがいる中でしっかり自分をアピールできるのが逆質問です。 集団面接の場合には逆質問は5~6個優先順位をつけて準備しておくことが大事です、その理由は集団面接中に質問しようとしていた内容について企業から先に説明されることや、他の就活生から先に質問されてしまっては逆質問には使えませんので、まだ準備していた逆質問の中で優先順位の高い方から逆質問し、本気度や意欲を示すことが大事です。 また逆質問に対し、面接官が丁寧に説明してくれた時には、感謝の言葉を忘れないようにすることも印象をよくするのもポイントアップにつながります。

就活の個人面接での逆質問

個人面接での逆質問は、同じ席にライバルがいないので周囲を気にしなくてもよいという、気が楽なところがありますが、逆に自分一人に対して複数の面接官が集中していろいろな角度からチェックしているということです。 一般的に個人面接の場合、事前に個人面接の回数やその時にはどのような人が面接官になるのかなど説明がありますので、面接官に応じた逆質問を準備しておくことが必要です。人事担当者だけの場合には企業全体に対する基本的な逆質問、応募する職種などの責任者が面接官になる場合にはその職種に特化した質問をするなどの工夫が必要となります。

就活一次面接での逆質問

就活の一次面接は一般的に人事部の担当者が面接官になることが多いので、一次面接での逆質問は企業の制度などを中心に逆質問を準備しておくことです。 例えば入社後の研修内容や研修期間、社内教育制度や女性の場合には自分が結婚や出産をしても家庭と仕事を両立させたいと考えていますが両立している女性社員はどれくらいいますかという逆質問もお互いにミスマッチを防ぐためと同時に両立して働き続けたいという意思をアピールすることになります。

就活二次面接での逆質問

就活での二次面接では応募する職種や部門の担当者や上司が面接官になるのが一般的で、実際に配属されたときに即戦力になれる人材か、意欲がどの程度か、他の社員とのコミュニケーションに問題はないかなど現場側からの質問になります。 逆質問として自分は現在このようなスキルを持っていますが入社前までに、さらにどのようなスキルアップが必要か、また入社後に求められることは具体的にどのようなことがあるか、部門の中で個人目標はどのように設定されるかなど意欲的な逆質問が好印象を与えることができます。

就活役員面接での逆質問

役員面接での逆質問の仕方で採用の合否が決定されるといっても過言ではありません。役員面接は、いくつかの面接を受けてパスしてきた人が望む面接で、ほとんど最終面接と同じと考えていい面接になり、採用の最終判断を下す立場の人達となります。 役員の手元にはこれまでのペーパーテストや数回の面接の内容や判定内容があり、その中から本人の意欲や就職したい本気度などを最後に確認するために時には厳しい質問、時には談笑しながら行われますが、最後の逆質問に対する反応によって採用の合否が決定することになります。 役員面接では、ホームページなどで確認できる内容や細かい業務の内容などよりも、企業全体のビジョンに関する逆質問や、採用された場合入社までに心掛けなければならない事や、社員に期待することはどのようなことでしょうかなど、入社後を意識した逆質問などの方がより良い印象を残すことができます。

就活社長面接での逆質問

就活の面接で好印象を与える逆質問の仕方と例・逆質問のNG例

社長面接では、就活生の人間性や企業理念に合致する人材か、という点を見極めることが重視されます。逆質問に対して面接官は企業のトップである立場をよく考えて逆質問を行う必要があります。 社長面接は自分をアピールできる最後のチャンスですが良く見せようと、また積極性を示すために取得している資格などを誇示したりするのではなく、経営者だからこそ答えられるような、また自慢して説明できるようなことを逆質問することです。 例えば社長が考えている会社の強みや3年後の目標など、社長という視点に立つ人に対してだからこそ意味のある逆質問をしっかり準備し、その場面がでてきたら逃さず逆質問をすることで好印象を与えることができます。

業種別面接官に好印象を与える逆質問の例

就活の面接で好印象を与える逆質問の仕方と例・逆質問のNG例

就活で面接を受けた時の逆質問は、応募しようとしている業界や業種、また職種のことをよく理解していなければ面接官に好印象を与えられる逆質問はできません。 例えば営業でも業種によって営業方法が違うように、同じ製造業界でも食品製造やガラス製造、機械製造や精密機器製造など多数の業種があり、その業種の違いや特徴を十分理解したうえで、事前に逆質問内容を準備することで仕事への熱意や意欲を示し自分をアピールすることができますので、ここでは業種別の特徴と面接官に好印象を与えられる逆質問の例を示します。

金融業

金融業には、銀行業や証券業・損害保険業や商品先物取引業またローンや消費者金融、またクレジットカードやリース業など多数あり、それぞれの内容や違いを理解していないと的外れの逆質問をしてしまうことになりかねませんので注意が必要です。 また銀行・証券・保険などそれぞれが分かれていた事業内容が金融ビッグバンにより、それぞれの分野が垣根を越えて、銀行が証券や保険を販売することができ、仕事内容も複雑で専門性も要求されるようになってきています。 働く女性が多い金融業での逆質問としては、「入社してからいろいろな資格に挑戦して行かなければならないという事で、ぜひこの仕事をやりたいので必要と思われる資格として簿記1級やファイナンシャルプランナーの資格を取得しましたが、その他どのような資格を入社前までにとっておいた方が良いのでしょうか?優先順位などあればご指導ください。」などの逆質問の仕方があります。

建設業

建設業は、きつい・汚い・危険という「3K」のイメージが定着していすが実際に大学などで建築などを勉強している学生が、インターンシップなどで現場も含めいろいろ体験してみると残業が多いという現実があるものの3Kのイメージがなく、むしろ建築設計や設備担当、現場担当など自分たちがたずさわった建物や橋といったさまざまな構造物を、世の中に生み出し後世にせることでやりがいを感じている人たちも多いです。 就活で建設の面接で使う逆質問として「インターンシップなどで建設の仕事をやりたいと強く思いチャレンジしていますが、多くの経験をしたいので建物だけでなく橋やダムなどの仕事を担当することができるのでしょうか?」なども逆質問には仕事への意欲や多様性を感じさせることができます。

海運業

海運業の仕事は世界中で運ばれる貨物の重量ベースで約97%を担っており、海外との取引がメインとなり海外志向の強い職場に身を置きたいと考える就活生がチャレンジしています。 海運の仕事でも陸上勤務もあれば海上では船長や航海士だけでなく機関士など多くの仕事があります、また企業によっては海外に拠点を持ち海外出張や赴任のチャンスもありますので海運業の仕事で何をやりたいのかを明確にすることが大切で、それによって逆質問の内容が変わってきます。 取引など陸上勤務を希望する場合の逆質問としては「海外との取引に関心があり、取引や語学など勉強してきました、御社には海外拠点が数か所あり語学なども活用して会社に貢献したいと考えていますが、人にもよるでしょうが海外勤務は早い人で何年目から勤務につけるのでしょうか?」などの逆質問は意欲を示すことになりアピールできる逆質問になります。

サービス業

就活の面接で好印象を与える逆質問の仕方と例・逆質問のNG例

一口にサービス業といっても映画館やカラオケ、パチンコや遊園地など娯楽サービス業や理美容や冠婚葬祭など生活関連サービス、獣医業や測量業など技術サービス業や法律事務所や税理士事務所など専門サービス業など幅の広い仕事がたくさんあります。 サービス業の就活にはたくさんある中から明確に絞り込むことです、仕事の内容によっては資格を取得しておいた方が有利なこともありますので情報収集し就活の前に取得することが大事です。 例えば冠婚葬祭業の場合での逆質問には「入社させていただいて、入社後は実務経験を積んで葬祭ディレクターを目指し、利用されるお客さんに安心してもらい会社に貢献したいと考えています、そのための社内研修や勉強会などはあるのでしょうか?」などは意欲を示せる逆質問として使えます。

生命保険業

生命保険業界や損害保険業界の仕事には、さまざまな法律や規則が関わり基礎的なことを徹底的に覚えなければなりませんので精神的な忍耐力だけでなく体力なども必要とされます。 接客のためのコミュニケーション能力や営業としての説明能力や説得能力なども求められ、生命保険業界では入社後「生命保険講座」を受講し専門知識を習得し、損害保険業界では「損保一般試験」などいろいろな試験があり、基礎的な能力を身につけていきます。 就活において生命保険会社での逆質問には、「入社前までにスキルアップや資格取得内容、また社内での研修方法や先輩社員から学ぶために、どのようなコミュケーションの場があるのか、また結婚や出産後も働き続けたいと考えていますが、その割合はどのくらいでしょうか?」などの逆質問の仕方もあります。

商社

商社の仕事は一般的に世界を相手に総合職として主に営業などに携わる商社マンですが、その仕事内容はそれぞれが担当する取引商品によって違いますが、取引時間は一般的に取引国に合わせるため日本が夜中であっても取引国の日中に仕事が行われます。 また海外にある現地の生産者と直接交渉したりするなど仕事としてはハードな面もありますが、やりがいのある仕事でもあります。 就活において商社での逆質問には、「海外との交渉や売買に高い意欲があり、普通会話なら○○語と○○語は大丈夫ですが御社がこれからの取引拡大のために必要としている語学は他にどのような語学がありますか?」などの逆質問は意欲を伝えられることになります。

SE

就活の面接で好印象を与える逆質問の仕方と例・逆質問のNG例

システムエンジニアとプログラマの違いは企業やプロジェクトによって違いますが、仕事内容はシステムの設計・開発・テストを行います。 取引先や依頼先との打ち合わせから何を実現したいのか最終目的を明確にしたシステム全体図を作成し、基本設計や詳細設計などを行ない最終目的に向かいアクションしますのでプログラミングも含め高い専門的知識が要求されます。 企業によってはITに高い関心があり、自分でもシステムを組んだ経験があるような人や常に新しい技術などに関心のある人には入社後に充実した研修制度により、未経験でも専門知識を修得し、SEの仕事ができるチャンスがあります。 就活においてSEでの逆質問には「プログラミングや最新のIT技術に強い関心があり、取引先などからの依頼内容の実現に意欲があります、そのために必要なスキルアップなど具体的にご指導ください。」などの逆質問が有効です。

メーカー

メーカーとは原材料を加工し、製品を開発し、生産する製造業のことです。しかしメーカーは部品を製造している企業も、部品を利用して完成品を製造しているのもメーカーで、ゲーム機や自動車また食品や薬品などたくさんのメーカーがあります。 またメーカーとしての仕事は生産部門だけでなく生産された商品の管理部門や生産した商品を販売する営業部門、社員の給与や勤怠に関する経理や人事部門などがあり、就活するメーカーの中の仕事でどの部門の仕事をしたいかを明確にしたうえで就活することが大事です。 就活においてメーカーでの逆質問は「御社の○○に以前から興味があり、自分でも直接生産に携わってみたいと考えていました、入社できればその生産現場での体験を通し、新製品の企画や開発などの仕事に異動することが可能でしょうか?」などの逆質問が意欲や将来性を感じさせることになります。

医療事務

就活の面接で好印象を与える逆質問の仕方と例・逆質問のNG例

医療事務は、病院やクリニックで医療に関わる窓口での仕事や経理などを行う人のことをいい女性に大変人気のある仕事です。 就活での医療事務は同じ事務の仕事でも、一般事務とは別に医療に関する専門的な知識が求められ、勤務先によって医療事務は受付窓口業務や患者が負担する金額を計算するレセプト作成業務、入院患者の入院・退院の手続きや、診察内容の入力作業などたくさんの仕事があります。 就活で医療事務での逆質問は「医療事務の資格を取得しています、与えられた仕事は何でもやりますが、医師や看護師さんのお役に立つこともできるようにさらにスキルアップさせるための資格などご指導ください、また結婚や出産後も勤務したいと考えていますが可能でしょうか?」との逆質問は意欲などを示せることになります。

研究職

一般的に研究職と言われている言葉には業務内容の区分として基礎研究、応用研究という分け方もありますが、企業によっては研究職、技術開発職、研究開発職などの分け方もあり、内容が全く異なるのでそれぞれの職種の理解を深めることが大切で、未経験での転職は難しいことも多いですが、大学や大学院で研究した経験などを基に高い意欲があれば未経験者でも就活で研究職につくことが可能です。 就活で研究職での逆質問には「大学院で御社の商品に近いような研究をしており、御社の発展にこれまでの 研究を通し少しでも寄与できるようにさらに研究を継続したいと考えております、語学としてはドイツ語や英語の他に仕事上で必要な語学はどのような語学が必要でしょうか?」などが逆質問として意欲や発展性をアピールするのに有効です。

面接での逆質問は何個がベストか

就活の面接で好印象を与える逆質問の仕方と例・逆質問のNG例

就活の面接での逆質問に準備する数は、面接の内容により異なります。集団面接では自分が準備していた逆質問を先に別の人に利用されることがありますので5~6個優先順位をつけて準備し、一次面接や二次面接などでは面接官に応じてその会社をしっかり分析した上で2~3個準備しておくことが大事です。

聞いてはいけない逆質問のNG例

就活の面接で好印象を与える逆質問の仕方と例・逆質問のNG例

就活で聞いてはいけない逆質問の例は、受験企業のホームページなどで簡単に確認できる企業理念や経営方針など、また人事担当者が面接官となる一次面接で今後の御社の経営戦略を教えてくださいなど面接官に合っていない逆質問などがあります。 その他に残業や賃金、昇給や離職率などについての逆質問や面接官が回答しにくい内容の逆質問はNGとなります。

逆質問で内定が逆転することがある

就活での逆質問は面接での評価を良くも悪くも内定を逆転させることが十分にあるということを就活では忘れてはなりません。 就活で面接官とのやり取りがスムーズに流れ評価が良く終わりそうだった面接も、最後の逆質問でチョンボしたら、それまでの良い評価もアウトになってしまいます、また途中の評価がそんなに良くなくても最後の逆質問で評価が大きく変わることもあり得ます。 逆質問は自分をアピールできる絶好のチャンスと考え、面接官に合わせた逆質問をしっかり準備し、最後まで諦めず、逆質問のチャンスを逃さず、効果的にアピールできるように工夫することです。

アクセスランキング