IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活の面接で好印象を与える逆質問の仕方と例・逆質問のNG例

更新日:2020年12月10日

就活の面接

就活における逆質問を軽く考えてはなりません、就活における逆質問には意図があります、また自分をアピールできる絶好の場でもあります。逆質問の仕方で採用の合否に大きく影響することがありますので、面接官に合わせ逆質問の内容をしっかり考えて準備することが大事です。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

就活における逆質問

就活で逆質問が求められる意図はどこにあるのでしょうか?この意図をしっかり理解することが就活の面接に臨む大事な心構えになります。 企業にもよりますが就活の面接はその都度面接官が変わり複数回行われ、面接官ごとに質問内容がかわり、緊張しながら質問に真摯に対応して最後に何気なく問いかけられる、何か質問はありませんか?の逆質問に対し、面接が終わったとホッとした気持ちになり、特にありませんと答えたらそれまで順調に進んでいた面接もアウトになってしまう可能性があります。 面接官のチェックリストには逆質問に対する対応状況を確認するための重要な質問事項の一つになっています。

就活における逆質問の意図

就活における面接では質問に対して意欲や熱意を込めて回答していきますが、逆質問の意図は就活生に質問させ、意欲などを確認する意図があります。面接の最後にアピールできる絶好の場であり場合によっては逆質問でこれまで印象が悪かった部分が良い印象に変えることができることもあります、逆質問には就活生の本心を知りたい本気度を知りたいという重要な意図が込められています。

就活で逆質問に期待されること

現在の就活環境は就活生にとって有利な環境にあり、通常の質問に対してはそつなく回答し、採用したいと内定を出してもあっさり辞退され、就活生は内定をどんどん乗り換え本命企業に近づこうとしています。 面接官は就活生の企業に入りたい本気度を確認したいのです、企業内容をしっかり研究していないと疑問も出ません、逆に本当に入社したい企業であればこそ疑問もたくさん出てきます。そのために採用企業はどれだけ企業研究しているかも含め逆質問をし、その回答内容から本気度や意欲などを確認しようとしています。 逆質問に対し本気度が高いと思われるような内容は、面接企業の情報も簡単な下調べでわかる内容だけでなく、ライバル企業との比較から出てくる逆質問、企業とのミスマッチを防ぐための疑問としての逆質問、逆質問ができるかどうかの質問力やコミュニケーション能力をアピールできる内容です。

就活の面接で好印象を与える逆質問の仕方

就活の面接で面接官に高印象を与える逆質問の仕方は、面接官によって逆質問の内容を変えることです。就活の面接はいろいろな方法で行われ一般的に複数回行われ、その都度面接官が変わり人事担当者が加わらないこともあります。 面接官が変わったからといって同じ逆質問をするわけにはいきません、それまでの面接記録が引き継がれて次の面接官に渡り、次の質問や逆質問をされるからです。面接官が人事担当者か、職場担当者かまた役員面接かなどで逆質問内容を準備しておくことが大事です。 前回での逆質問に対する面接官の反応状況などもしっかり確認しながら、次の面接ではさらに好印象になるように工夫することが必要です。

就活の集団面接での逆質問

多くの就職希望者が集まる企業では集団面接やグループ面接を行い、その中から人材を見つけ出そうとしていますが、就活生にとって集団面接で他の就活生に負けないように好印象を残せるようにしなければなりません。 ライバルに差をつける方法の一つに逆質問があります。他のライバルがいる中でしっかり自分をアピールできるのが逆質問です。 集団面接の場合には逆質問は5~6個優先順位をつけて準備しておくことが大事です、その理由は集団面接中に質問しようとしていた内容について企業から先に説明されることや、他の就活生から先に質問されてしまっては逆質問には使えませんので、まだ準備していた逆質問の中で優先順位の高い方から逆質問し、本気度や意欲を示すことが大事です。 また逆質問に対し、面接官が丁寧に説明してくれた時には、感謝の言葉を忘れないようにすることも印象をよくするのもポイントアップにつながります。

就活の個人面接での逆質問

個人面接での逆質問は、同じ席にライバルがいないので周囲を気にしなくてもよいという、気が楽なところがありますが、逆に自分一人に対して複数の面接官が集中していろいろな角度からチェックしているということです。 一般的に個人面接の場合、事前に個人面接の回数やその時にはどのような人が面接官になるのかなど説明がありますので、面接官に応じた逆質問を準備しておくことが必要です。人事担当者だけの場合には企業全体に対する基本的な逆質問、応募する職種などの責任者が面接官になる場合にはその職種に特化した質問をするなどの工夫が必要となります。

就活一次面接での逆質問

初回公開日:2018年02月22日

記載されている内容は2018年02月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング