IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活の志望動機の作り方と例文・好印象を与える書き方/話し方

就活ノウハウ

就活をしていると志望動機を書く場面が多々あります。就活においては志望動機のより足でほとんどが決まってしまうと言っても過言ではありません。それほどまでに大切なものです。そして志望動機には書き方があります。いい志望動機とはどのようなものでしょうか。

更新日時:

説得力のある就活の志望動機の作り方とポイント

トピック1040600/要素3430370

みなさんも社会に出る前には就活を経験します。そこでは、履歴書を書く必要があり、履歴書には志望動機を書く欄があります。 就活においては人気のある企業ほどライバルが多くなります。そしてライバルが多いということは必然的にライバルと競争しなければなりません。そうなったときに大切なのは、ライバルといかにして差をつけるかということです。 就活をするにあたって、履歴書を提出することは多々あるでしょう。そして、履歴書の中には志望動機を書く欄が必ずあります。ライバルが多い企業を志望するときは志望動機ひとつとっても気を抜けません。少しでもいいものを書いてまわりのライバルと差をつける必要があります。 就活の志望動機は書き方を学べばより良いものを作ることが可能です。ここでは、説得力のある就活の志望動機の作り方を見ていきましょう。

新卒

トピック1040600/要素3430371

まずは新卒の人のための就活の志望動機の例文を紹介していきましょう。新卒の人はどういうところに気を付けて就活の志望動機を、考えればよいのでしょうか。例文とともにみていきましょう。 下の例文を見てもわかる通り、新卒は仕事をしたことがない人がほとんどでしょう。つまり、スキルや経験では語れるものがありません。しかし、これはマイナスポイントではありません。スキルや経験がないということは、逆に言えば変な先入観を持たずに、はじめての職場でいろんなことを吸収できる能力があるということです。 なので、下の例文からもわかるように新卒の志望動機にはやる気と仕事にこめる熱意をアピールしましょう。職場にもよりますが、中途半端な知識や経験はもしかすると逆効果になりかねません。よほどの自信があれば別ですが、謙虚な姿勢でアピールするほうがいいでしょう。

広告業界を志望する人の例文

僕は学生のときから、常に新しいことにチャレンジすることが好きでした。多くの人は食わず嫌いであったり、新しいことに出会うことに臆病になってしまったりすることがあるでしょう。たしかに僕も恐怖はあります。新しい世界に足を踏み入れて大丈夫なのか不安になることもたくさん、あります。しかし、最後は結局たくさんの経験ができて、勇気を振り絞った自分に感謝ができてきました。 具体的にはボランティアや登山、ドイツ語でのスピーチ大会に出場などの経験があります。 広告業界では、常に新しいクライアントと関わりながら、たくさんのことを勉強しつつ仕事をしていくことになるでしょう。新しいことにチャレンジするのは自分の得意分野でもあるので、広告業界で自分は活躍できると思います。仕事に対するモチベーションは人一倍なのでよろしくお願いいたします。

転職

トピック1040600/要素3430374

お次は転職する人の就活の志望動機の例文について紹介していきましょう。転職する人はどういうところをアピールポイントにすればよいのでしょうか。例文とともにみていきましょう。例文は二つにわけています。転職する業界に最初からいて、同じ業界の別の会社に転職する場合と、違う業界から転職してくる場合では話が違ってくるからです。 もともと同じ業界にいて、別の会社に転職するならば、スキルアップのためであることがほとんどです。そういう場合は自分の過去の経験が、転職する会社で十分に活かせて、即戦力になることをアピールしましょう。 また、まったく違う業界から転職するときは、新しい風をふかせられることをアピールしましょう。まったく違う業界に、いた人の意見が案外、課題解決のヒントになることは多々あります。どうしてもずっと同じ業界にいると固定観念のようなものができてしまいますが、それを取っ払えるからです。

例文1

まずは、同じ業界から転職してくる人に対しての志望動機の例文をみていきましょう。同じ業界からの転職はとにかくスキルをアピールして即戦力になれることを示しましょう。新卒と同様に広告業界を例文にあげます。 わたしは前職では、広告製作会社に勤務していました。そこで、広告を実際に製作することを仕事としてきました。 今回中途採用に応募したのは、より大手の広告代理店に勤務して、広告業界をもう少し上の視点から俯瞰して、スキルアップをしたいからです。前職も広告業界であったこともあり、即戦力として働くことが可能だと自負しております。 また、下請けの製作会社にいたからこその視点も取り入れつつ、広告代理店の課題などにも積極的に取り組みたいと思っています。よろしくお願いいたします。

例文2

次に違う業界から転職してくる人に対しての志望動機の例文を紹介していきましょう。違う業界から転職してくる場合は新しい視点をもって仕事に取り組めることをアピールするべきでしょう。以下例文にあります。 私は前職では、家電メーカーでマーケティング職についておりました。自社の製品がどうすれば、さらに消費者の理解を得られるかについて日々取り組んでまいりました。 今回、この会社を志望した理由としては、もともと広告代理店のクライアント側の会社に勤めていたこともあり、広告主の視点から広告をつくることに力を注げると感じたからです。 もちろん、わからないことも多々あるでしょうが、先入観がないことを武器にして広告代理店で活躍していきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

インターンシップ

トピック1040600/要素3430376

続いてはインターンシップの志望動機についてみていきましょう。インターンシップの志望動機には何を書けばよいのでしょうか。インターンシップはそもそもどういうものでしょうか。インターンシップは会社に入って、仕事内容を体験することです。会社によってはインターンシップが就活につながることもあります。 インターンシップについて志望動機を書く時のポイントは、経験を得たいことをアピールすることでしょう。あまり会社に入りたいことをアピールするべきではないでしょう。がっついていると捉えられる可能性もあります。 そしてもうひとつのポイントは、インターンシップに落ちてもそこの就活ができないわけではありません。なので、インターンシップに参加できればラッキーですが、落ちても落胆しすぎないようにしましょう。

面接

トピック1040600/要素3430379

面接での志望動機についても説明していきましょう。面接で志望動機が問われるときは、いきなり問われるわけではなく、エントリーシートを見てから面接でもう一度聞くというスタイルです。 ですので、大切なことはいくつかありますが、ひとつはエントリーシートで書いたことをそのまま言えるように練習しておくこと、志望動機をぶれさせないことでしょう。面接官はその人に一貫性があるのかどうかを見極めるのが仕事です。 ですので、あらゆる質問で揺さぶりをかけてきます。なので、その揺さぶりに耐えて一貫性を示せるとよいでしょう。 いくらエントリーシートにいいことを書いていても、実際の面接でトンチンカンなことを言ってしまえば大幅に減点されてしまうでしょう。とにかく一貫性を意識しましょう。

履歴書

トピック1040600/要素3430383

次に就活の履歴書における志望動機のたち位置を紹介していきましょう。就活の履歴書において志望動機とはかなりのウエイトを占める場所です。ここをしっかり書けるかどうかで就活の履歴書が良いものになるかどうかが決まると言っても過言ではありません。 そして、就活の履歴書では志望動機くらいしか、他のライバルである就活生と差をつける場所がありません。なので、しっかりと志望動機を、準備して就活に備えておきましょう。

ES

トピック1040600/要素3430385

最後に紹介するのは、ESつまりエントリーシートにおける志望動機のたち位置です。エントリーシートは企業に自分が就活する意思があるということを書類で提出する物です。そこでも、学生のときに力を入れたことや、志望動機などたくさんのことを書きます。 そして、自分が書いた文章で人事の人に判定されてしまいます。ですので、エントリーシートの志望動機を書く欄も手を抜くわけにはいきません。エントリーシートに書いた志望動機はそのあとの面接で質問をされて、掘り下げられる可能性もあります。 ですので、適当なことを書いて面接のときにしどろもどろにならないようにしましょう。可能であれば自分が書いたエントリーシートは写メっておくといいでしょう。

業種別志望動機の例文と求められる人物像

トピック1040600/要素3430386

さきほどまでは、就活において志望動機を書く時のポイントを紹介してきました。しかし、かなり全体的で一般的な話でした。ここからはもっとピンポイントに業種別に絞って就活のための志望動機を見ていきましょう。 業種が違えば当然就活の時にアピールするべき志望動機も変わってきます。ですので、もうワンランク上のレベルの志望動機を書くためには業種別に絞って就活の志望動機を考える必要があります。ここでは、病院、不動産、ホテル、メーカー、アパレルなどに分けて詳しく見ていきましょう。

病院への就活

トピック1040600/要素3430388

病院に求められる人物像は患者に対して誠実であること、手術をこなす体力や精神力があることなどでしょう。医師免許があるのは当たり前です。以下では志望動機の例文を見ていきましょう。 私がこの病院を志望した理由としては、この病院は地域に密着している病院だからです。大きな病院は他にもたくさんあります。しかし、大きな病院はどこか機械的で利益を追求するのが優先になっているように感じます。 もちろん病院経営を成り立たせるためには、営利目的の経営も必要でしょう。しかし、私は病院は患者ひとりひとりに寄り添い見守っていく場所だと信じています。ですので、患者との距離が近いこの病院を志望しました。

不動産への就活

トピック1040600/要素3430391

続いては不動産会社に就職を希望するときの、志望動機を紹介しておきましょう。不動産は新しく済む場所を決める際に頼りになる場所です。ここで大切な求められる人物像とは人とのコミュニケーションをとる能力が優れていることです。 不動産での買い物は消費者にとっては、小さな買い物ではありません。しかし、不動産は圧倒的に情報の非対称性が存在するビジネスです。お客さんのほとんどは、住宅についての知識なんてほとんどありません。 はっきり言って不動産が嘘をいっても見抜く力はありません。ですので、なおさらお客さんにしっかりと物件のことを説明するコミュニケーション能力と誠実さが求められます。

ホテルへの就活

ホテルマンに求められる人材はおもてなしの精神をもっている人物でしょう。以下の例文で確認していきます。 私がホテルマンになりたい理由は精神的に人として成長できること、さまざまな業務をこなすことで適応能力を鍛えられると思ったからです。機械化が進む中で人間に残される仕事はやはり人と人とのコミュニケーションが大切な仕事だと感じます。将来的にも活躍していける人材を目指します。よろしくお願いいたします。

メーカーへの就活

メーカーに求められる人材像は物事を集中してこなせる力でしょう。ですので、就活の志望動機として書くならばそこになります。以下が就活の志望動機です。 私は昔からものつくりに関心があります。サービス業なども人の役に立ってはいますが、就活をして感じたのは形に残るものを作ることに喜びをかんじることです。自分の企画、製造したものがお客様の手に渡ることにとても幸福を感じます。このような性格がメーカーの仕事にあっていると感じました。よろしくお願いいたします。

商社への就活

トピック1040600/要素3430395

商社に求められる人材は体力とコミュニケーション能力でしょう。いわゆる体育会系です。もちろんそれだけの要素ですべてが決まるわけではないですし、体育会系以外の人もたくさんいます。であ、具体的に就活の志望動機をみていきましょう。 私が商社を志望する理由は社会に大きな力をもつ業界で、働きたいと感じているからです。また、私は大学生のときに体育会系で厳しい上下関係や激しい練習に耐えてきました。ですので、激務と呼ばれている商社でも活躍できると考えています。よろしくお願いします。

アパレルへの就活

トピック1040600/要素3430401

就活でアパレルを志望するときはどのような人材が求められるでしょうか。アパレルということは基本的には接客がメインの仕事です。接客はコミュニケーション能力も大切ですし、常に笑顔を絶やさない根気も必要でしょう。 最近はネットが普及しているので、悪い噂はすぐに広まります。接客が少し気に入らなかっただけでもお客さんはすぐにネットで拡散します。そうすれば、小さな店舗には大きな被害が及びます。ですので、おもてなし精神がある人物のほうが就活には有利でしょう。

金融への就活

次は金融の分野の就活について見ていきましょう。金融の分野はイメージ通りお堅い業界です。就活でもスーツは真っ黒が基本の業界でしょう。ですので、求められる人材も当然堅実で真面目な人になります。 金融業界は数字を少し間違えたが通じない業界です。ミスが許されないわけではありませんが、お金を扱っている業界だけに、少しシビアでしょう。志望動機に書くとすればそのあたりでしょう。

建築への就活

建築分野への就活はどうすればよいでしょうか。建築系ということは少なからず体力の必要な仕事です。また、高いところでの作業もたくさんあるため、高いところでもしっかりと仕事ができるメンタルと慎重さが求められます。 志望動機に書くときは、体力アピールもいいですが、家を作ることを通して人々を幸せにしたいということをアピールしたほうがいいでしょう。ものつくりは誰かのためにあります。受け手が幸せになれなければ意味がありません。ですので、そこのところを書くといいでしょう。

幼稚園への就活

幼稚園への就活はどのような志望動機になるでしょうか。幼稚園は普通の職場と違い幼稚園同士でグループがあります。グループ間で移動するときもあるでしょう。もちろんそういうシステムがないところもあります。また園児と昼ご飯を同じものを食べるかどうかという問題もあります。 多くの場合保育園への就活は自発的に行うというよりも、専門学校や短期大学に保育園側から求人がきます。そこを通せばまず間違いなく受かるでしょう。ですので、志望動機の良しあしはそこまで関係ありません。

公務員への就活

続いては公務員になるための就活においての志望動機をみていきましょう。公務員はそもそも志望動機うんぬんよりも試験を対策することが大切です。ですので、志望動機を考えるよりも勉強をすることが優先になります。 志望動機で聞かれるとすれば、国家公務員と地方公務員の違いなどでしょう。しかし、それも適切な準備をしていれば問題ありません。

事務への就活

最後に紹介するのは、就活で事務を志望するときにの志望動機です。事務系はとにかく地味な作業でもコツコツ続けられる人が強いでしょう。派手な仕事はは誰でも好きです。自分の仕事が社会に大きな影響力をもつならば、気持ちがいいでしょう。しかし、地味な仕事を続けられる人は意外と少ないです。ですので、そこを強味にして就活の志望動機を書きましょう。

熱意が伝わる志望動機のフレームワーク

トピック1040600/要素3430405

志望動機の書きだし

トピック1040600/要素3430412

就活で熱意が伝わる志望動機の書き方はどのようなものでしょうか。そもそも面接官や人事の人の立場に立って考えましょう。就活をしている学生は一人ではありません。膨大な数の学生が就活をします。面接官や人事の人はとんでもない数の学生を相手にしなければなりません。 ですので、そもそも読みにくい志望動機は最悪です。読みにくいのは、ただ相手の水事を増やすだけでしょう。ですので、まずは相手の気持ちになって読みやすい文章を書く必要があります。そこで、結論は最初に書くようにしましょう。そうしないと面接官はいまからこの志望動機で何を伝えたいのか最後まで読まないとわかりません。

志望動機の締め

トピック1040600/要素3430417

さきほどは、志望動機の書きだしについて説明してきました。こんどは締めについて説明していきます。締めはどういうことを書けばいいのでしょうか。基本的には面接官や人事の人に言いたいことを伝えられるように書くことです。 大事なことは二度いうということばがあります。志望動機でもそれはかわりません。大事なことは二度書きます。大事なことは、つまり書き始めに書いた、一番伝えたいことです。つまり、最初に一番言いたいことを書いて、最後にももう一度一番伝えたいことを書くということです。 これは、就活の志望動機に限らず文章を書くときのセオリーです。二回書くことで、印象を少しでも残せるようにすることがpointです。

就活で好印象を与える志望動機の伝え方

トピック1040600/要素3430420

ここまでは、就活の志望動機を書く際の注意するところを説明してきました。ここからは書き方というよりは、伝え方、つまり話すときの注意ポイントを紹介しておきましょう。志望動機は内容勝負が基本です。 しかし、エントリーシートが通っても、面接で落とされる学生はたくさんいます。その理由のひとつが伝え方の良しあしです。どれほどエントリーシートで上手く自分を表現できたとしても伝え方がボロボロでは就活を突破することは困難でしょう。 就活においてコミュニケーション能力は最重要といっても過言ではありません。そのコミュニケーション能力のなかに伝え方があります。ひとつひとつみていきましょう。

志望動機の話し方

トピック1040600/要素3430424

志望動機の話方はどのようにすればよいでしょうか。まずはそこからみていきましょう。志望動機を面接などで話すときに注意することは一つです。それは、志望動機に書いたことと話すことに一貫性を持たせることです。当たり前のことですが、面接で緊張すると意外とできません。 そして、一貫性のないことを言ってしまえば、当然適当な人間だと思われてしまいます。それだけは避けなければなりません。ですので、じぶんが志望動機で何を書いたのか、志望動機を読んでもらい伝えたいことはなんなのかをしっかりと理解しておきましょう。

志望動機の書き方

就活の志望動機の書き方を少し紹介しましょう。就活の志望動機を書くときには、会社の理念と自分のやりたいこと、特異な分野との方向性が一致していることを示す必要があります。そして、それを踏まえたうえで自分は会社に貢献できて利益をうみだせる人間であることを示すのが就活における志望動機です。 あとは書いたあとで何度も見直すことです。自分の人生をきめる志望動機なので何回見返してもやりすぎはありません。気のすむまでやりましょう。

志望動機の長さ

志望動機の長さはどれくらいがいいのでしょうか。志望動機を書く欄に文字数が決められているのならばそれに従いましょう。指定が特にない時でも最低でも250文字から500文字くらいは書きましょう。万が一のために文字数に合わせて志望動機のパターンを用意しておくのもいいでしょう。

志望動機が作れない時の対処法

トピック1040600/要素3430435

自己分析から志望動機を作る

就活の志望動機がどうしても作れないときもあるでしょう。そもそも志望動機が簡単にかけたらだれも苦労はしていません。志望動機がなかなか書けないから就活性は苦労してしまうということです。ですので、かけなくても落胆することはありません。むしろ最初から完璧なものが作れるほうが異常です。 就活の志望動機が作れないときの対処法は自己分析な何度でも繰り返すことです。自己分析をしっかりとやりこなし、自分と言う人間はどういうものなのかをしっかり理解しましょう。そうすればおのずと志望動機は書くことができます。

就活は志望動機で差をつける

トピック1040600/要素3430438

ここまで就活での志望動機の作り方と例文などを見てきました。例えば説得力のある就活の志望動機の作り方とポイントや業種別志望動機の例文と求められる人材像、熱意が伝わる志望動機のフレームワークなどなどです。 就活においては人気のある企業ほどライバルが多くなります。そしてライバルが多いということは必然的にライバルと競争しなければなりません。そうなったときに大切なのは、ライバルといかにして差をつけるかということです。 就活をするにあたって、履歴書を提出することは多々あるでしょう。そして、履歴書の中には志望動機を書く欄が必ずあります。ライバルが多い企業を志望するときは志望動機ひとつとっても気を抜けません。少しでもいいものを書いてまわりのライバルと差をつける必要があります。 志望動機は書き方を学べばより良いものを作ることが可能です。しっかり準備して就活を成功させましょう。

アクセスランキング