IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就活の志望動機の作り方と例文・好印象を与える書き方/話し方

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

就活をしていると志望動機を書く場面が多々あります。就活においては志望動機のより足でほとんどが決まってしまうと言っても過言ではありません。それほどまでに大切なものです。そして志望動機には書き方があります。いい志望動機とはどのようなものでしょうか。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

説得力のある就活の志望動機の作り方とポイント

みなさんも社会に出る前には就活を経験します。そこでは、履歴書を書く必要があり、履歴書には志望動機を書く欄があります。 就活においてはのある企業ほどライバルが多くなります。そしてライバルが多いということは必然的にライバルと競争しなければなりません。そうなったときに大切なのは、ライバルといかにして差をつけるかということです。 就活をするにあたって、履歴書を提出することは多々あるでしょう。そして、履歴書の中には志望動機を書く欄が必ずあります。ライバルが多い企業を志望するときは志望動機ひとつとっても気を抜けません。少しでもいいものを書いてまわりのライバルと差をつける必要があります。 就活の志望動機は書き方を学べばより良いものを作ることが可能です。ここでは、説得力のある就活の志望動機の作り方を見ていきましょう。

新卒

まずは新卒の人のための就活の志望動機の例文を紹介していきましょう。新卒の人はどういうところに気を付けて就活の志望動機を、考えればよいのでしょうか。例文とともにみていきましょう。 下の例文を見てもわかる通り、新卒は仕事をしたことがない人がほとんどでしょう。つまり、スキルや経験では語れるものがありません。しかし、これはマイナスポイントではありません。スキルや経験がないということは、逆に言えば変な先入観を持たずに、はじめての職場でいろんなことを吸収できる能力があるということです。 なので、下の例文からもわかるように新卒の志望動機にはやる気と仕事にこめる熱意をアピールしましょう。職場にもよりますが、中途半端な知識や経験はもしかすると逆効果になりかねません。よほどの自信があれば別ですが、謙虚な姿勢でアピールするほうがいいでしょう。

広告業界を志望する人の例文

僕は学生のときから、常に新しいことにチャレンジすることが好きでした。多くの人は食わず嫌いであったり、新しいことに出会うことに臆病になってしまったりすることがあるでしょう。たしかに僕も恐怖はあります。新しい世界に足を踏み入れて大丈夫なのか不安になることもたくさん、あります。しかし、最後は結局たくさんの経験ができて、勇気を振り絞った自分に感謝ができてきました。 具体的にはボランティアや登山、ドイツ語でのスピーチ大会に出場などの経験があります。 広告業界では、常に新しいクライアントと関わりながら、たくさんのことを勉強しつつ仕事をしていくことになるでしょう。新しいことにチャレンジするのは自分の得意分野でもあるので、広告業界で自分は活躍できると思います。仕事に対するモチベーションは人一倍なのでよろしくお願いいたします。

転職

お次は転職する人の就活の志望動機の例文について紹介していきましょう。転職する人はどういうところをアピールポイントにすればよいのでしょうか。例文とともにみていきましょう。例文は二つにわけています。転職する業界に最初からいて、同じ業界の別の会社に転職する場合と、違う業界から転職してくる場合では話が違ってくるからです。 もともと同じ業界にいて、別の会社に転職するならば、スキルアップのためであることがほとんどです。そういう場合は自分の過去の経験が、転職する会社で十分に活かせて、即戦力になることをアピールしましょう。 また、まったく違う業界から転職するときは、新しい風をふかせられることをアピールしましょう。まったく違う業界に、いた人の意見が案外、課題解決のヒントになることは多々あります。どうしてもずっと同じ業界にいると固定観念のようなものができてしまいますが、それを取っ払えるからです。

例文1

まずは、同じ業界から転職してくる人に対しての志望動機の例文をみていきましょう。同じ業界からの転職はとにかくスキルをアピールして即戦力になれることを示しましょう。新卒と同様に広告業界を例文にあげます。 わたしは前職では、広告製作会社に勤務していました。そこで、広告を実際に製作することを仕事としてきました。 今回中途採用に応募したのは、より大手の広告代理店に勤務して、広告業界をもう少し上の視点から俯瞰して、スキルアップをしたいからです。前職も広告業界であったこともあり、即戦力として働くことが可能だと自負しております。 また、下請けの製作会社にいたからこその視点も取り入れつつ、広告代理店の課題などにも積極的に取り組みたいと思っています。よろしくお願いいたします。

例文2

次に違う業界から転職してくる人に対しての志望動機の例文を紹介していきましょう。違う業界から転職してくる場合は新しい視点をもって仕事に取り組めることをアピールするべきでしょう。以下例文にあります。 私は前職では、家電メーカーでマーケティング職についておりました。自社の製品がどうすれば、さらに消費者の理解を得られるかについて日々取り組んでまいりました。 今回、この会社を志望した理由としては、もともと広告代理店のクライアント側の会社に勤めていたこともあり、広告主の視点から広告をつくることに力を注げると感じたからです。 もちろん、わからないことも多々あるでしょうが、先入観がないことを武器にして広告代理店で活躍していきたいと考えています。よろしくお願いいたします。

インターンシップ

続いてはインターンシップの志望動機についてみていきましょう。インターンシップの志望動機には何を書けばよいのでしょうか。インターンシップはそもそもどういうものでしょうか。インターンシップは会社に入って、仕事内容を体験することです。会社によってはインターンシップが就活につながることもあります。 インターンシップについて志望動機を書く時のポイントは、経験を得たいことをアピールすることでしょう。あまり会社に入りたいことをアピールするべきではないでしょう。がっついていると捉えられる可能性もあります。 そしてもうひとつのポイントは、インターンシップに落ちてもそこの就活ができないわけではありません。なので、インターンシップに参加できればラッキーですが、落ちても落胆しすぎないようにしましょう。

面接

初回公開日:2018年02月13日

記載されている内容は2018年02月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング