IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

履歴書に書く英検の級・書き方の注意|取得年月日/正式名称

更新日:2020年08月14日

書類選考・ES

履歴書に記載する部分である意味最も苦戦するのが資格の部分です。しかし、グローバル社会が加速度的に進む日本では英検の取得率も向上しているため履歴書の資格部分には英検と記載する人も増えたでしょう。しかし、そのまま「英検」と記載するのはNGですよ。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

英検の正式名称

学生の時から高確率で取得されている資格はいくつかありますが、その中でもとくに有名な資格が「英検」です。これは学校によって取得義務のように言い渡されるところもあり、英検の取得はある程度当たり前となっている部分があります。 しかし、この「英検」という存在や呼ばれ方が当たり前になりすぎているがゆえに、どのように略されているのかも知らない人もいるので、今回はまず正式名称について詳しくご紹介いたします。

実用英語技能検定

英検は実用英語技能検定の略です。学生のうちでも履歴書を記載する年齢になった場合には、「英検」ではなくこちらの実用英語技能検定という記載をするのが一般的になりますので覚えておきましょう。履歴書は一枚だけ作成するだけでは終わりませんので、社会人に近づけば近づくほど、「英検」という言葉よりも「実用英語技能検定」という言葉のほうが使用頻度が上がってきます。

英検の英語レベル

それでは具体的に英検とは何なのかを解説していきます。履歴書に記載するにあたっても、どのレベルからなら記載できるのかを理解していないと恥をかいてしまう恐れがありますので、いったいそれぞれの英検の級が、どの程度の知識量を表しているのかはしっかりと把握してください。 この部分は理解しておけば、自然と履歴書を書く必要がある方々には何級から記載できるのかがわかってきます。

5~準2級のレベルについて詳しく解説

英検は実は5級から1級まで存在しておりますが、2級や1級には準2級や準1級というものが存在しておりますので、実質的には7段階に分けて存在していることになります。 このうち、5級というのは一番簡単な英検ではありますが、それでも中学校の初級程度の知識は必要なので、何も知らないでいきなり挑むことはほぼ不可能でしょう。ただし、基礎固めの意味合いも強いので、小学校のうちから英会話教室などに通わせている子供ならば自分のレベルを見定めるために都合の良い試験となります。 英検4級になると中学中級程度の知識量が必要になり、基礎力の向上と実践的な問題を出されるようになり、英検3級にまでくると中学校卒業程度の知識量が必要になってきます。これが英検準2級レベルになると大学センター試験レベルの問題が出されるようになり入試対策にもなってきます。

2級

英検の2級は高校卒業程度の英語の実力が試される試験であり、ここからが本格的に英検の資格を保持しているとアピールできるレベルとなっております。その代わりかなり難易度も上昇していて、英文読解能力も医療やテクノロジーの分野といった専門的な文書に対応できるレベルを求められます。 本格的な海外留学を考えている方々のスタートラインがこの2級からという声も多く、面接において求められるコミュニケーション能力の水準も一段と高くなり、ビジネスシーンでも使えるレベルだと判断されるようになってきます。

準1級

英検準1級になると、大学で本格的に英語を勉強している方々の知識量が求められるようになるので、実際に英語圏で生活するような状況でも使えるような英語能力が求められるようになります。 難易度的には大学中級程度という記載ではありますが、読む・聞く・話す・書くとすべての能力が高い次元で求められますので、かなりの修練が必要になってきます。

1級

英検1級はもはや発言力や対応能力も求められるようになり、世界でも活躍できる人材の証明となる資格になりますので、ここまでくると問題なく英語で会話ができる人となりますので、履歴書にも堂々と記載できるようになりますし、グローバル人材として重宝されるようになるでしょう。 読む・聞く・話す・書くが準1級よりもさらに上のレベルで求められるようになるので、取得できる人もかなり限られてきます。英語の知識以外の部分も必要になりますので、ここをクリアできる人は英語圏でも問題なく生活できるでしょう。

初回公開日:2018年02月16日

記載されている内容は2018年02月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング