IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接や就活でのカジュアルな服装とは・オフィスカジュアル

ビジネスファッション

最近では就活する際に、カジュアルな服装を指定されることも多く、どのような服を着たらいいか迷う人は多いでしょう。また、社会人になると結婚式や二次会ににお呼ばれすることも増えてきます。そこで就活や二次会などにふさわしいカジュアルな服装について解説していきます。

更新日時:

服装自由と私服ってどう違うの?

服装自由と私服ってどう違うの?

新調したスーツで気合を入れていたのに、企業側から「服装は自由でいいです」、「私服で構いません」と言われてしまい、どうしていいか迷ってしまう人は少なくありません。 では、「服装自由」と「私服」はどう違うのでしょう。違いを知って、迷うことなく就活に臨みましょう。

服装自由の場合

企業の説明会や面接に行く際に、「服装自由でお越しください」、「服装自由で構いません」と指定されることはよくあります。これはどんな服装で行くべきか迷ってしまう人は多いでしょう。 このように「服装自由」と指定された場合は、「カジュアルな服装」でも「スーツ」でもどちらでもよいと考えましょう。なぜなら、企業側がスーツを着てきて欲しいのであれば、わざわざ服装を指定する必要はないからです。 「服装自由」といわれた時に、TPOに合わせた服装ができるのかなどを見たいといった意図から、服装を指定していると考えれば、スーツではなくカジュアルな服装で行くのがよいでしょう。 特にスーツであってもカジュアルな服装であっても、企業側の評価が変わるということはないので、着て行く服装に対して神経質にならなくても大丈夫です。

私服の場合

企業の説明会や面接の服装として、「私服でも可」、「私服でも構いません」と指定されることがありますが、この場合の服装はどうすればよいのでしょうか。 この場合は、企業側から「私服」と指定してしているので、カジュアルな服装をします。ただし、「私服」だからと普段着用するようなTシャツやジーパンといった服装をしはいけません。カジュアルな服装とは、ジャケットにチノパンやスカートを合わせたオフィスカジュアルのことを指します。 「服装自由」と指定された場合と同じく、スーツを着用しても企業側の評価が変わるわけではないので、あまり悩まないようにしましょう。

ビジネスカジュアルとスーツの使い分け方

一般的に企業説明会や面接といえば、「スーツ」というイメージがありますが、あえて「服装は自由で構いません」、「私服でお越しください」と指定する企業も多いです。 このように服装を指定する企業側の意図としては、「普段の服装を見たい」、「TPOに合った服装ができるか見たい」ということがありますので、「服装自由」や「私服」と指定されていればカジュアルな服装をするべきでしょう。 特にアパレル業界などは、「服のセレクトやセンス」や「コーディネートのテーマ」を重視することから、自分らしいカジュアルな服装で参加して欲しいという想いがありますので、スーツで行くことは避けた方がよいでしょう。

男性向けのカジュアルな服装とは?

就活といえば「スーツ」が常識というイメージですが、最近ではカジュアルな服装で説明会や面接を受けて欲しいという企業が多くなっています。ここでは、男性向けの就活用カジュアルな服装を見ていきましょう。

就活でのカジュアルな服装は?

男性が就活の説明会や面接で、「服装自由」や「私服」と指定された場合のカジュアルな服装としては、ジャケット(黒色・グレー・茶色)に白シャツ(薄い青色・ピンク・灰色なども可)とスラックスやチノパンを合わせるのがおすすめのカジュアルな服装です。靴は茶色か黒色の革靴を履きましょう。 この4つのアイテムを組み合わせた服装は「ビジネスカジュアル」スタイルです。ビジネスカジュアルであれば、硬すぎずダラけすぎない印象になりますので、就活の説明会や面接での印象も良くなるでしょう。 いくら私服や自由な服装でと言われていても、普段着用するTシャツやジーパンはカジュアルすぎる服装なので避けるようにします。あくまでも「ビジネス」ということを忘れないようにしなければいけません。

説明会でのカジュアルな服装は?

就活の入口である企業説明会は、企業側のことをより深く知ることができる機会であるとともに、自分のことを企業側に知ってもらうよい機会でもあります。 カジュアルな服装でいいと言われたからといって、Tシャツやジーパンで行くことは絶対にしてはいけません。説明会とはいえ、ビジネスだということを忘れてはいけません。 そのため、ジャケットは必ず着用するようにします。ジャケットの色は、黒色・グレー・紺色などがよいでしょう。シャツは白色が一番無難ですが、薄い青色やピンクなど清潔感が感じられる色であれば問題ありません。パンツは黒色やグレーなどのスラックスを着用しましょう。 説明会に参加する際のカジュアルな服装は、派手になり過ぎないものを選ぶことがポイントになります。

面接でのカジュアルな服装は?

面接でも、カジュアルな服装できて欲しいと希望する企業は少なくありません。企業側からカジュアルな服装でとしていされているのであれば、スーツは避けた方がよいです。では、面接のときのカジュアルな服装とはどんな服装なのでしょう。 まず、黒色・紺色・グレーといった比較的地味な色のジャケットとパンツを選びます。パンツは、チノパンかスラックスがよいでしょう。ジャケットの中に着用するシャツは、白色や薄いブルーなどが無難です。派手な色や柄物は避けましょう。 また、暑さが厳しい時はジャケットを着る必要はありません。

オフィスカジュアルとは?

「オフィスカジュアル」とは、毎日の仕事をする際の服装のことで、ビジネススーツではなくカジュアルな服装を着用することをいいます。原則としてテーラードジャケットとシャツを着用します。さらに、チノパンやスラックスを組み合わせて、「キレイめな格好」を意識してコーディネートするとよいでしょう。 夏のビジネスカジュアルは、ポロシャツとパンツといったスタイルで問題ありません。ジャケットを着用する必要はありませんが、カーディガンを組み合わせても大丈夫です。 カーディガンはカラーバリエーションが豊富なので、自分だけのコーディネートも作ることができますし、清潔感のあるカジュアルな服装なのでおすすめです。おすすめの色は、黒色・グレー・紺色・濃い緑色などです。

女性向けのカジュアルな服装とは?

次に、女性向けの就活用カジュアルな服装を見ていきましょう。

就活でのカジュアルな服装は?

就活の説明会や面接で、「服装自由」や「私服」と指定された場合の女性のカジュアルな服装としては、ジャケット(黒色・グレー・紺色など)にブラウスやシャツとスカートやパンツ(黒色・グレー・紺色など)を合わせます。パンプスは茶色や黒色を履きましょう。 女性の場合は男性に比べると、カジュアルな服装としてのコーディネートの幅が広いので、上記のポイントを意識することで、就活にあったカジュアルな服装になります。 さらに、自分らしく個性を出したいという人は、企業のホームページで私服を調べることで、その企業の雰囲気にあわせたカジュアルな服装をすることができます。ただ、ミニスカートやキャミソールといった派手すぎる服装にならないように気をつけましょう。

説明会でのカジュアルな服装は?

企業側からカジュアルな服装できて欲しいと希望する場合は、「普段の様子を知りたい」といったことがありますので、女性ならではの落ち着いた感じや清潔感を感じさせるような、カジュアルな服装を心がけましょう。 おすすめのカジュアルな服装は、ジャケットやカーディガン(黒色・茶色・グレーなど)にブラウスやカットソー(白色や薄いブルーなど)などを合わせたコーディネートです。さらに、パンツやスカートは黒色・茶色・紺色・グレーといった落ち着いた色の物を合わせます。また、ストッキングを履くことを忘れないようにしましょう。 女性のカジュアルな服装はコーディネートの幅が広いので、ビジネスということを忘れずに派手すぎないように注意しましょう。

面接でのカジュアルな服装は?

面接は最初の数秒で第一印象が決まると言われているだけに、服装には気をつけなければいけません。特に女性はコーディネートをするためのアイテムが豊富なので、アイテムの組み合わせによって印象が変わってきてしまいます。 カジュアルな服装で面接に臨む際には、落ち着いた色のジャケットやカーディガンを着ることで、インナーに薄いピンクやブルーなどを合わせたとしても、引き締まった雰囲気になります。 また、女性もののジャケットなどには、ビジューや飾りがあしらわれているものが多く、一見おしゃれな感じがしますが、面接はあくまでもビジネスシーンになりますので、きちんとした感じの服装にするために飾りなどはなるべく避けた方がよいでしょう。

オフィスカジュアルとは?

女性の「オフィスカジュアル」のポイントとしては、ジャケットやカーディガン、ブラウスやカットソーを組み合わせることと、「色味」です。女性のファッションは、男性と比べると色もデザインも豊富にそろっているだけに、いざカジュアルな服装をしようと思うと、どうしても迷ってしまいがちです。 そんなときは、「明るい色は顔色をよく見せる」ということを念頭においてコーディネートをしましょう。顔色がよく見えるということは印象もよくなるということですので、よほど派手な色やデザインでなければ、オフィスカジュアルとしては問題ありません。

私服を指定された時の注意点

ここでは、私服を指定された場合に必要なマナーや好印象を与えるためのポイントを見ていきましょう。

マナーを守った服装

就活での「私服」は、「スーツ以外」のカジュアルな服装を指します。企業側から「私服」を指定されている場合は、面接やグループディスカッションなど選考に関係する場面で評価されることもありますので、スーツで行くのはよくありません。 企業側から「私服」と指定をされていたとしても、ビジネスであることを忘れずに、清潔感のあるカジュアルな服装を心がけ、面接相手などに不快感を与えないようにしましょう。普段着である、Tシャツや短パン、ジャージは着用してはいけません。

清潔感

「私服」を指定された場合のカジュアルな服装におすすめのアイテムは、「テーラードジャケット」です。スーツほどかしこまらず、就職後に企業で勤務する際にも使い続けられますし、ジャケットを着ることでカジュアルな服装でも、きちんとした雰囲気に変えることができます。 テーラードジャケットを購入する際は、黒色や紺色、グレーなどの落ち着いた色を選びましょう。さらに大きすぎず、自分の体型にあったサイズを選ぶようにしましょう。説明会や面接の前日には、しっかりとアイロンをかけたり、クリーニングに出すなどしてシワがないようにします。 もしネクタイをする時は、ドット柄やストライプ柄・チェック柄などがおすすめです。

きちんと感

男性も女性も普段使いのくたびれた洋服を着て、説明会や面接に行くのは好ましくありません。企業側から「私服」を指定された理由はなにかを考えた上で、自分らしく、清潔感のある服装を心がけましょう。 女性であれば、ミニスカートやキャミソールといった露出の高い服装はよくありません。落ち着いた色のジャケットにブラウスやスカート・パンツを合わせるとよいでしょう。パンプスのヒールが高すぎたり、ミュールもよくありません。 男性であれば、ダーク系のジャケットとスラックスに白のシャツを合わせるとよいでしょう。シャツはカラーのものでも構いませんが、派手な色は避けるようにします。革靴もダーク系のものがおすすめです。

カラー選び

男性も女性も、基本的には 黒色・紺色・グレーといった落ち着いた色で、ジャケットやパンツを揃えるときれいにまとまります。 シャツやブラウスなどのインナーは白色が好ましいですが、 顔の印象を明るくしたい場合には、薄いピンクやブルーといったパステルカラーのものを選ぶとよいでしょう。

印象のよい服装の選び方

就活での説明会や面接は、実際のビジネスシーンと同じということを忘れてはいけません。そのため、男性も女性もジーンズやTシャツといった、普段着のような服装はよくありません。さらに、一目で派手と思わせる色やデザインの服装もやめましょう。 たとえ就活に見合ったカジュアルな格好であっても、型崩れやシワがひどく、汚れたりしている服を着ていては見た目も印象も悪くなりますので、着用する前に服の状態を確認することも大切になります。

カジュアルな服装の時はどんな靴がいい?

就活での靴はスーツスタイルのときと同じ、革靴とパンプスが基本になります。 女性は、ヒールが5cm程度の爪先が出ないシンプルなパンプスがおすすめです。歩く際のコツコツという音を不快に感じる人もいますので、できればあまり音が出ないパンプスを選ぶと良いです。 男性は、靴の色は黒色か茶色の落ち着きのある色で、傷や汚れがない清潔感のある革靴を選びましょう。 説明会や面接では、靴の「履きつぶし」や「汚れ」がないかどうかをよく見られていますので、お手入れをきちんとしているかも確認しましょう。

カジュアルな服装に合うバッグは?

せっかく就活に合ったカジュアルな服装できれいにまとめていても、普段使いのトートバッグやリュックを合わせてしまっては、全体の雰囲気がカジュアルになりすぎてしまいます。そのため、「私服」と指定があった場合でも、できるだけカジュアルなバッグは避けるようにしましょう。 就活でおすすめのバッグは、黒色や茶色のビジネスバッグです。説明会や面接のときに、重要な書類をいただくこともあるので、A4サイズがすっぽり収納できる大きさのバッグがいいです。さらに床に置いても自立するタイプのバッグを選ぶとなおよいでしょう。

髪型・髪色にも注意!

オフィスカジュアルをしているのに、髪の毛が茶髪や金髪ではいけません。たとえ「服装自由」など指定されていても、清潔感のある髪の長さで黒髪が基本になります。 男性は、清潔感・誠実さといった好印象がもてる黒髪ショートがおすすめです。前髪や横の髪は短くし、襟足が肩にかからないようにスッキリさせましょう。 女性は、ハーフアップやポニーテールなどの清潔感があり女性らしい髪型にすることで、好印象を与えることができるでしょう。

結婚式二次会でのカジュアルな服装とは?

社会人になると、友人や会社の同僚などの結婚式にお呼ばれする機会が増えます。挙式・披露宴後は二次会を催すことも多く、二次会を開催する会場に合わせて服装もカジュアルな服装に変えることもでてきます。 では結婚式二次会向けのカジュアルな服装について見ていきましょう。

結婚式二次会での男性の服装は?

結婚式ではスーツにネクタイが基本ですが、二次会やパーティではカジュアルな服装になっていても問題ありません。 しかし男性は、たとえ二次会やパーティであってもスーツスタイルが基本になります。ジャケットは黒色・紺色・グレーの無地の他に、ストライプ柄でも大丈夫です。シャツは白色のほかにカラーでも問題ありません。ネクタイもシルバーや白色が基本ですが、カラーや柄物、光沢のあるものでも大丈夫です。 いくら挙式や披露宴に比べてカジュアルな服装でもよいといっても、奇抜な色やデザインのものは避けるようにしましょう。

結婚式二次会での女性の服装は?

挙式や披露宴を行ったホテルで、そのまま二次会をするのであれば、シルクなどの光沢があって上品に見える素材のドレスやワンピースがおすすめです。披露宴と二次会の両方に参加する予定の人は、披露宴に合った服装のまま二次会に参加すれば問題ありません。 また、レストランのようなな場所で二次会が行われるのであれば、お出かけ用のワンピースや、パンツスタイルのきれいめな服装を心がけましょう。何か羽織るのであれば、光沢の少ないボレロや短い丈のジャケットがおすすめです。 もし、バーや居酒屋などのカジュアルな場所であれば、ワンピースや、スカートにブラウスを合わせたカジュアルな服装をするといいです。 会場によって服装も多少変わってきますが、派手過ぎる色柄であったり、肌の露出が高い服装、Tシャツにデニムといったカジュアルすぎる服装はやめましょう。

就活のカジュアルな服装はルールを守って!

就活での「私服」や「服装自由」は、決して普段着でいいというわけではありません。あくまでも「就活=ビジネスシーン」ということですので、TPOに合った服装をしなければいけません。 「カジュアルな服装」と一言でいっても、さまざまな捉え方がありますが、就活でのカジュアルな服装とは、ビジネスでの服装ということを忘れず、ジャケットを着用することと色やデザインも派手になり過ぎないものを選ぶことが重要になります。 相手の人に不快な思いさせない、清潔感があってカジュアルになり過ぎないコーディネートを心がけましょう。さらに靴やバッグも就活には大事なアイテムですので、こちらも汚れなどがないことを確認することを忘れないようにしましょう。

関連タグ

アクセスランキング