IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

面接や就活でのカジュアルな服装とは・オフィスカジュアル

更新日:2020年02月26日

ビジネスファッション

最近では就活する際に、カジュアルな服装を指定されることも多く、どのような服を着たらいいか迷う人は多いでしょう。また、社会人になると結婚式や二次会ににお呼ばれすることも増えてきます。そこで就活や二次会などにふさわしいカジュアルな服装について解説していきます。

服装自由と私服ってどう違うの?

新調したスーツで気合を入れていたのに、企業側から「服装は自由でいいです」、「私服で構いません」と言われてしまい、どうしていいか迷ってしまう人は少なくありません。 では、「服装自由」と「私服」はどう違うのでしょう。違いを知って、迷うことなく就活に臨みましょう。

服装自由の場合

企業の説明会や面接に行く際に、「服装自由でお越しください」、「服装自由で構いません」と指定されることはよくあります。これはどんな服装で行くべきか迷ってしまう人は多いでしょう。 このように「服装自由」と指定された場合は、「カジュアルな服装」でも「スーツ」でもどちらでもよいと考えましょう。なぜなら、企業側がスーツを着てきて欲しいのであれば、わざわざ服装を指定する必要はないからです。 「服装自由」といわれた時に、TPOに合わせた服装ができるのかなどを見たいといった意図から、服装を指定していると考えれば、スーツではなくカジュアルな服装で行くのがよいでしょう。 特にスーツであってもカジュアルな服装であっても、企業側の評価が変わるということはないので、着て行く服装に対して神経質にならなくても大丈夫です。

私服の場合

企業の説明会や面接の服装として、「私服でも可」、「私服でも構いません」と指定されることがありますが、この場合の服装はどうすればよいのでしょうか。 この場合は、企業側から「私服」と指定してしているので、カジュアルな服装をします。ただし、「私服」だからと普段着用するようなTシャツやジーパンといった服装をしはいけません。カジュアルな服装とは、ジャケットにチノパンやスカートを合わせたオフィスカジュアルのことを指します。 「服装自由」と指定された場合と同じく、スーツを着用しても企業側の評価が変わるわけではないので、あまり悩まないようにしましょう。

ビジネスカジュアルとスーツの使い分け方

一般的に企業説明会や面接といえば、「スーツ」というイメージがありますが、あえて「服装は自由で構いません」、「私服でお越しください」と指定する企業も多いです。 このように服装を指定する企業側の意図としては、「普段の服装を見たい」、「TPOに合った服装ができるか見たい」ということがありますので、「服装自由」や「私服」と指定されていればカジュアルな服装をするべきでしょう。 特にアパレル業界などは、「服のセレクトやセンス」や「コーディネートのテーマ」を重視することから、自分らしいカジュアルな服装で参加して欲しいという想いがありますので、スーツで行くことは避けた方がよいでしょう。

男性向けのカジュアルな服装とは?

就活といえば「スーツ」が常識というイメージですが、最近ではカジュアルな服装で説明会や面接を受けて欲しいという企業が多くなっています。ここでは、男性向けの就活用カジュアルな服装を見ていきましょう。

就活でのカジュアルな服装は?

男性が就活の説明会や面接で、「服装自由」や「私服」と指定された場合のカジュアルな服装としては、ジャケット(黒色・グレー・茶色)に白シャツ(薄い青色・ピンク・灰色なども可)とスラックスやチノパンを合わせるのがおすすめのカジュアルな服装です。靴は茶色か黒色の革靴を履きましょう。 この4つのアイテムを組み合わせた服装は「ビジネスカジュアル」スタイルです。ビジネスカジュアルであれば、硬すぎずダラけすぎない印象になりますので、就活の説明会や面接での印象も良くなるでしょう。 いくら私服や自由な服装でと言われていても、普段着用するTシャツやジーパンはカジュアルすぎる服装なので避けるようにします。あくまでも「ビジネス」ということを忘れないようにしなければいけません。

説明会でのカジュアルな服装は?

就活の入口である企業説明会は、企業側のことをより深く知ることができる機会であるとともに、自分のことを企業側に知ってもらうよい機会でもあります。 カジュアルな服装でいいと言われたからといって、Tシャツやジーパンで行くことは絶対にしてはいけません。説明会とはいえ、ビジネスだということを忘れてはいけません。 そのため、ジャケットは必ず着用するようにします。ジャケットの色は、黒色・グレー・紺色などがよいでしょう。シャツは白色が一番無難ですが、薄い青色やピンクなど清潔感が感じられる色であれば問題ありません。パンツは黒色やグレーなどのスラックスを着用しましょう。 説明会に参加する際のカジュアルな服装は、派手になり過ぎないものを選ぶことがポイントになります。

面接でのカジュアルな服装は?

初回公開日:2018年04月12日

記載されている内容は2018年04月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング