IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

お見舞いメールや手紙の書き方|入院見舞い/陣中見舞い・文例

メール

お見舞いの言葉はできるだけ相手の状況や気持ちを考えて、真摯に伝えることができるように言葉を選ぶことが望ましいです。細心の注意をはらいマナーを心得てお見舞いの言葉を伝える必要があります。この記事ではお見舞いの言葉に相応しいマナーとフレーズや文例を紹介しています。

更新日時:

基本的なお見舞いの言葉

基本的なお見舞いの言葉

お見舞いの言葉を送る相手の状況はさまざまあります。病気で床にふせていることや、自然災害に被災したり、交通事故で入院していることもあります。 まずは自分の耳に入った相手の状況を参考に、現状をふまえて早急にお見舞いの言葉を伝えるのが相応しいのか、少し時間を空けてからお見舞いの言葉を伝えるべきなのかを見極める必要があります。 お見舞いの言葉を伝えるタイミングや伝え方が決まったら、お見舞いの言葉を伝えるためのツールとして手紙やメールを作成しましょう。

相手の具合や状況を伺う

相手の具合や状況を伺う

お見舞いの言葉を伝える際に相手の具合や状況をうかがうのが大切です。もうすでに耳に入っている情報をふまえて、怪我の経過や、病状の具合をたずねる文面を取り入れましょう。根掘り葉掘り具合を聞くのではなく、心配している気持ちを真摯に伝えることのできる文面が相応しいといえます。 例としては「お身体の具合はいかがでしょうか。退院されたと伺い、私共も胸をなでおろしております。」「お加減いかがですか。退院されたという連絡をうけひと安心というところです。思っていたよりも早い回復で一同喜んでいます。」「電話をもらいました。手術うまくいったそうで安心しました。」などの文面で具合や状況を伺うのが好ましいです。

休養することをすすめる

休養することをすすめる

お見舞いの言葉を伝える際に休養することをすすめることで、相手の心理状況を安定させる効果があります。仕事熱心であったり、なにかに必死で取り組んでいた人は特に床にふせている自分に責任を感じてしまいます。ゆっくりと休養するようにすすめ、落ち着いた心理状況を整えてあげることが重要です。 例としては「今まで忙しい思いをされましたから、ちょうどいい機会と思われ、十分にご休養なさってください」「お体の回復には静養が何よりの薬となります。ゆったりとした気持ちで過ごされ、これもひと時の休暇と考えてのんびりされるとよいのではないでしょうか。」などの文面で休養することをすすめるのが好ましいです。

回復を願っていることを伝える

回復を願っていることを伝える

お見舞いの言葉を伝える際に回復を願っていることを伝える優しい気遣いが必要です。早く良くなって欲しいという伝え方が、長く休養をとるなというキツい意味で解釈されないように、事前に休養をすすめることをすすめてから、回復を願っていることを伝える必要があります。 例としては「仕事のことは気にしないで大丈夫です。十分に休養をとって体力の回復につとめてもらいたいです。」「一日も早い全快を心よりお祈りしています。」「安心してご養生に努め、しっかりと病を治してお元気に出社される日を一同心からお持ちいたしております。」などの文面で回復を願っていることを伝えることが好ましいです。

お見舞いのメールや手紙を送る際の文例

お見舞いのメールや手紙を送る際の文例

上記のお見舞いの言葉に最低限取り入れたいフレーズを参考にして、実際に手紙やメールを作成していきましょう。お見舞いの言葉を送る側の立場の違いや、お見舞いの言葉を伝える受取手の状況の違うパターン別に、いくつかの文例でお見舞いの言葉を紹介します。

相手が入院している場合

相手が入院している場合

相手が入院している場合は、お見舞いの言葉を入院している相手の家族に手渡しするのが理想的な渡し方です。相手の性別や送り手の性別に応じた、あいてが入院している場合のお見舞いの言葉の文例を紹介します。

けがで入院している男性上司へのお見舞いの言葉

男性から、けがで入院している男性上司へのお見舞いの言葉の文例を紹介します。 知らせをうかがって驚きました。とんだ災難でございましたが、軽い骨折で済んだということは考えようによっては不幸中の幸いだったのではないでしょうか。〈部長〉も今まで忙しい思いをされましたから、ちょうどいい機会と思われ、十分にご休養なさってください。 仕事は私たちががんばりますので、お気になさらず療養につとめてください。近々仕事のご報告かたがた、病院におうかがいいたします。くれぐれも誤用所につとめてください。

病気で入院している友人男性へのお見舞いの言葉

女性から、病気で入院している友人男性へのお見舞いの言葉の文例を紹介します。 いつもの集まりの連絡を入れましたら、奥様から入院しているとお聞きし、びっくりしました。ふだん元気そのものの〈中条〉君が入院とは、やはり疲れがたまっていたのでしょう。〈腎臓結石〉とのことですが、手術をしないですんだのは、本当によかったです。 今の医学では一番新しい治療を受けているそうですが、経過はいかがでしょうか。十分に治療され、一日も早く全快の日をむかえてください。次の集まりには元気なお顔をみせてくださることを、心からお祈りしています。とりあえず書面にてお見舞い申しあげます。

相手が病気の場合

相手が病気の場合

相手が病気の場合のお見舞いの言葉は、病状を心配している旨伝えることと、全快を祈っていることが手紙の主な内容として相応しいです。親しい人であれば、共通の話題などを取り入れて、病気を克服できるような明るい話題を選ぶのが好ましいです。 相手の性別や送り手の性別に応じた、相手が病気の場合のお見舞いの言葉の文例を紹介します。

病気の男性上司へのお見舞いの言葉

男性から病気の男性上司へのお見舞いの言葉の文例を紹介します。 〈課長〉その後お体はいかがでしょうか。〈昨日〉退院されたと伺いまして一同安堵しております。仕事は〈係長〉以下みなで力を合わせがんばっておりますので、安心してごゆっくりと養生なさってください。一日も早く全快されることを課員一同心からお祈り申し上げております。

病気の友人女性へのお見舞いの言葉

女性から、病気の友人女性へのお見舞いの言葉の文例を紹介します。 厳しかった暑さも少しずつ和らいでゆく今日この頃です。〈ひとみ〉さん、その後、お身体の具合はいかがでしょうか。数日前に退院されたと伺い、私共も胸をなでおろしております。しばらくはご自宅でご静養に努められるとのことですが、ご家族のみな様もさぞほっとなさっていらっしゃることでしょう。 〈ひとみ〉さんの突然のご入院で一時てんやわんやだったお宅も何かとみんなで協力して乗り切られたとのこと、かえってご家族の絆が深まったときいております。お体の回復には静養が何よりの薬と思います。ゆったりとした気持ちで過ごされ、これもひと時の休暇としてのんびりしてください。一日も早く全快されることをお祈りしております。

相手がけがをしている場合

相手がけがをしている場合

相手が怪我をしている場合は、怪我の具合を伺い、ていねいな言葉で優しく思いやりを伝えるのが望ましいです。相手の性別や送り手の性別に応じた、相手がけがをしている場合のお見舞いの言葉の文例を紹介します。

事故にあった同僚男性へのお見舞いの言葉

女性から、事故にあった同僚男性へのお見舞いの言葉の文例を紹介します。 とんだ災難に遭われましたこととても驚いています。私たちがいつも通っているあの細い道に相手が居眠り運転で突っ込んできた由、常識では考えられない事故です。〈一週間〉で退院できる軽い骨折ですんだのですから不幸中の幸いとはまさにこのことです。 今まで少し忙しかったから、ちょうどよい休暇と思って休むのもいいでしょう。仕事はあまり気にせずにご療養専一にお努めください。

子供が事故にあった友人男性へのお見舞いの言葉

男性から、子供が事故にあった友人男性へのお見舞いの言葉の文例を紹介します。 先日の〈サッカー〉の試合中に〈よしかず君〉が怪我をしてしまったと聞きました。その後の怪我の経過はどうですか。男の子に怪我はつきものとはいうものの実際にわが子が松葉杖で歩く姿を見るのはつらいことです。本人の不自由さはもちろんですが、身体の大きくなった男の子の介護をするのもなかなかたいへんなことでしょう。 奥さんにもお疲れの出ないようにと案じています。しかし練習と試合であまり家にいなかった〈よしかず君〉が家にいるのですから、親子での話のできるいい機会です。〈よしかず君〉が一日も早く元気になってまたグラウンドで大活躍する日を待っています。

子供が事故にあった友人女性へのお見舞いの言葉

男性から、子供が事故にあった友人女性へのお見舞いの言葉の文例を紹介します。 この度は〈翔君〉が大けがをされたと聞きました。〈野球〉の試合中の事故だったそうですが、経過はいかがでしょうか?身体の大きくなった男の子を介護するのはなかなかたいへんな事でしょうが、久々に身の周りの面倒をみられて、お母さんとしては結構うれしいのではないですか。 介護疲れで寝込んでしまうようなことのないように、注意してください。若いからすぐによくなるとは思いますが、レギュラーをはずれることなど本人はあせりを覚えることもあります。気持ちはわかりますが、ここできちんんと治しておかないと後を引きます。くれぐれもしっかりと治すように言ってあげてください。とりあえずお見舞いまで。

陣中見舞い

陣中見舞い

陣中見舞いの本来の意味は、仕事などで忙殺されている人を訪ねることで、労を労い見舞うことを意味しています陣中見舞いの語源は、戦場にいる人を慰問することから、使われるようになりました。陣中見舞いの際には金品を送ることあります。 「陣中」とは陣地の中、つまり戦地のことを指しています。忙しい仕事にかかわっている人を 激戦の地で奮闘している兵士に例えて、陣中見舞いと現代では表現しています。 陣中見舞いの文例を紹介します。

男性部下への陣中見舞い

男性から男性部下への陣中見舞いの言葉の文例を紹介します。 〈部下の名前など〉君、その後の新プロジェクトの進捗具合はいかがですか?無事に企画がとおり〈部下の名前〉君ひきいる企画部の飛躍の1年がスタートしたところだと聞いており、一安心と胸をなでおろしているところです。 しばらくは残業も多く家族サービスも怠りがちになってしまうと思いますが、奥様もさぞかし応援されていることでしょう。〈部下の名前〉君の突然の移動で、我が〈営業部〉も一時は混乱しましたが、何とかみんなで努力し頑張っています。 ゆっくりとあせらずに新プロジェクトの成功に努めてください。一日も早く君の活躍を本社から聞けるのを楽しみにしています。

目上の方へのお見舞いの言葉

目上の方へのお見舞いの言葉

目上の方へのお見舞いの言葉では丁寧な言葉使いと、正しい尊敬語や謙譲語の活用が必要です。誤った言葉つかいにならないよう文例を参考にしてください。相手の性別や送り手の性別に応じた、目上の方へのお見舞いの言葉の文例を紹介します。

女性上司へのお見舞いの言葉

男性から女性上司へのお見舞いの言葉の文例を紹介します。 〈主任〉そのご御身体の具合はいかがでしょうか。もうそろそろ退院されたことかと思いまして、ご自宅にお便りいたしました。会社は、今のところ大過なく仕事をこなしています。 〈室長〉をはじめ、新人の〈丸山〉君もみんな力を合わせて頑張っていますので、どうか安心してご養生に努めてください。しっかりと病を治されて、お元気に出社される日を一同心からお持ちいたしております。

女性から男性上司へのお見舞いの言葉の文例を紹介します。 〈部長〉その後お加減はいかがでいらっしゃいますか。〈十日〉ごろに退院されたとお伺いし、一同安堵しているところです。しばらくはご自宅でご静養につとめられるとのことですが、奥様もさぞ胸をなでおろしていらっしゃることでしょう。 〈部長〉の突然のご入院で一時てんやわんやだった〈営業本部〉も、なにかとみんなで協力して頑張っておりますので、ゆっくりご養生にお励みくださいませ。一日も早く全快されることをお祈り申し上げます。

同僚へのお見舞いの言葉

同僚へのお見舞いの言葉

同僚へのお見舞いの言葉は固い敬語を使う必要はありませんが、親しき仲にも礼儀は必要なので、丁寧語を使いましょう。相手の性別や送り手の性別に応じた、同僚へのお見舞いの言葉の文例を紹介します。

同僚女性へのお見舞いの言葉

男性から同僚女性へのお見舞いの言葉の文例を紹介します。 お加減いかがですか。〈昨日〉退院されたという連絡をうけました。とりあえずひと安心というところだと思います。聞いていたよりも早い回復で、私たちも喜んでいます。もうしばらくは自宅で静養するとのことですが、この際、骨休めのつもりでゆっくりと養生し、体力を十分につけてください。 何事にも手抜きをしない君だから、仕事に復帰したら無理をするのではと今から心配です。〈一課〉のみんなはもちろんですが、得意先の会社の方からもお大事にという伝言を言い付かっています。一日も早い全快を心よりお祈りしています。

男性同僚へのお見舞いの言葉

男性から男性同僚へのお見舞いの言葉の文例を紹介します。 〈伊藤〉君、奥様から電話で〈今日〉手術をされたと伺いましたが、その後の経過いかがでsか。今まで多忙すぎたから、疲れがたまっていたことも病気の一因と推測いたします。この際、完治するまでゆっくりと静養することをすすめます。 仕事は君の発案の企画、順調に進展しているとのことなのでご安心ください。しかし鬼課長と呼ばれた強健な君が倒れるなんて、これこそ「鬼の霍乱」とでもいうところでしょう。それはさておき、一日も早い全快を部課員一同心から祈っています。

同僚男性へのお見舞いの言葉

男性から同僚男性へのお見舞いの言葉の文例を紹介します。 〈一昨日〉奥さんから電話をもらいました。手術うまくいったそうで安心しました。僕もだいぶ前〈胃かいよう〉で〈胃〉を半分ほど切り取っとことがあるけど、人間の身体なんていうもの、悪いところを取ってしまえば案外強健だと実感しました。奥さんから退院したあと〈一か月〉ほど自宅静養すると聞いています。 仕事のことは気にしないで大丈夫です。十分に休養をとって体力の回復につとめてもらいたいです。退院したら一度自宅にお見舞いに行きます。それではお大事にしてください。奥さんによろしくお伝えください。

家族へのお見舞いの言葉

家族へのお見舞いの言葉

家族へのお見舞いの言葉を災害に被災した状況を例に文例を紹介します。

台風被害にあった両親へのお見舞いの言葉

台風被害にあった両親へのお見舞いの言葉の文例を紹介します。 台風〈14号〉の直撃をうけての被害の様子を今朝テレビでみました。二人とも無事避難できたことと信じています。ただ田畑の被害なども数々あるのではと心配も募ります。とりあえずタオルや紙ティッシュなど食料品と一緒に送りました。当面の生活に使ってください。 隣人の皆も無事であることと、被害の少ないことを切に祈っています。避難生活が長引きそうでしたら、また必要物資を送ります。

水害にあった祖父母へのお見舞いの言葉

水害被害にあった祖父母へのお見舞いの言葉の文例を紹介します。 この度は水害に見舞われたとのこと、電話がつながりにくく、詳しい状況がわからないので、急ぎ手紙を書きました。おじいさんのお宅の被害はいかがですか?僕にできることがあれば手伝いたいと思っています。 遠慮なく連絡してください。また必要なものがあれば持参しますので、あわせて連絡ください。こんなときこその家族です。くれぐれも遠慮はご無用に。とり急ぎましてお見舞い申しあげます。

お見舞いのメールや手紙の作成で注意すること

お見舞いのメールや手紙の作成で注意すること

お見舞いのメールや手紙で一番注意したいことは、相手の安否を真摯に受け止めて、優しい気遣いの言葉と、温かい思いやりの気持ちをもって伝えることです。 文章を作成する際の注意点には忌み言葉を使わないことや、必要以上に病状や症状を伺うのは好ましくありません。相手の立場にたって復帰しやすい環境をつくることなど、温かく見守っている旨を伝えるのが望ましいお見舞いの言葉です。 お見舞いの言葉を伝えたい本人が読めない病状や具合である場合には、相手の家族あてにお見舞いの言葉を伝え、家族や周りの人の介護をしている状況を労うお見舞いの言葉を取り入れて伝えましょう。

心から気持ちをこめてお見舞いの言葉を伝えましょう!

心から気持ちをこめてお見舞いの言葉を伝えましょう!

病気で床にふせている本人や、事故にあって苦しい思いをしている本人にしかわかりえない心境もありますが、できるだけ相手の気持ちを考えてお見舞いの言葉を真摯に伝えることができるよう、細心の注意をはらってお見舞いの言葉を書きましょう。 お見舞いの言葉のフレーズや文例を参考に恥ずかしくないお見舞いの言葉が伝えられるように学んでください。

関連タグ

アクセスランキング