IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

お見舞いメールや手紙の書き方|入院見舞い/陣中見舞い・文例

初回公開日:2018年02月19日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2018年02月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

メール

お見舞いの言葉はできるだけ相手の状況や気持ちを考えて、真摯に伝えることができるように言葉を選ぶことが望ましいです。細心の注意をはらいマナーを心得てお見舞いの言葉を伝える必要があります。この記事ではお見舞いの言葉に相応しいマナーとフレーズや文例を紹介しています。

基本的なお見舞いの言葉

お見舞いの言葉を送る相手の状況はさまざまあります。病気で床にふせていることや、自然災害に被災したり、交通事故で入院していることもあります。 まずは自分の耳に入った相手の状況を参考に、現状をふまえて早急にお見舞いの言葉を伝えるのが相応しいのか、少し時間を空けてからお見舞いの言葉を伝えるべきなのかを見極める必要があります。 お見舞いの言葉を伝えるタイミングや伝え方が決まったら、お見舞いの言葉を伝えるためのツールとして手紙やメールを作成しましょう。

相手の具合や状況を伺う

お見舞いの言葉を伝える際に相手の具合や状況をうかがうのが大切です。もうすでに耳に入っている情報をふまえて、怪我の経過や、病状の具合をたずねる文面を取り入れましょう。根掘り葉掘り具合を聞くのではなく、心配している気持ちを真摯に伝えることのできる文面が相応しいといえます。 例としては「お身体の具合はいかがでしょうか。退院されたと伺い、私共も胸をなでおろしております。」「お加減いかがですか。退院されたという連絡をうけひと安心というところです。思っていたよりも早い回復で一同喜んでいます。」「電話をもらいました。手術うまくいったそうで安心しました。」などの文面で具合や状況を伺うのが好ましいです。

休養することをすすめる

休養することをすすめる
※画像はイメージです
出典: Free stock photos of rest · Pexels

お見舞いの言葉を伝える際に休養することをすすめることで、相手の心理状況を安定させる効果があります。仕事熱心であったり、なにかに必死で取り組んでいた人は特に床にふせている自分に責任を感じてしまいます。ゆっくりと休養するようにすすめ、落ち着いた心理状況を整えてあげることが重要です。 例としては「今まで忙しい思いをされましたから、ちょうどいい機会と思われ、十分にご休養なさってください」「お体の回復には静養が何よりの薬となります。ゆったりとした気持ちで過ごされ、これもひと時の休暇と考えてのんびりされるとよいのではないでしょうか。」などの文面で休養することをすすめるのが好ましいです。

回復を願っていることを伝える

回復を願っていることを伝える
※画像はイメージです
出典: Recovery - Free pictures on Pixabay

お見舞いの言葉を伝える際に回復を願っていることを伝える優しい気遣いが必要です。早く良くなって欲しいという伝え方が、長く休養をとるなというキツい意味で解釈されないように、事前に休養をすすめることをすすめてから、回復を願っていることを伝える必要があります。 例としては「仕事のことは気にしないで大丈夫です。十分に休養をとって体力の回復につとめてもらいたいです。」「一日も早い全快を心よりお祈りしています。」「安心してご養生に努め、しっかりと病を治してお元気に出社される日を一同心からお持ちいたしております。」などの文面で回復を願っていることを伝えることが好ましいです。

お見舞いのメールや手紙を送る際の文例

上記のお見舞いの言葉に最低限取り入れたいフレーズを参考にして、実際に手紙やメールを作成していきましょう。お見舞いの言葉を送る側の立場の違いや、お見舞いの言葉を伝える受取手の状況の違うパターン別に、いくつかの文例でお見舞いの言葉を紹介します。

相手が入院している場合

相手が入院している場合は、お見舞いの言葉を入院している相手の家族に手渡しするのが理想的な渡し方です。相手の性別や送り手の性別に応じた、あいてが入院している場合のお見舞いの言葉の文例を紹介します。

けがで入院している男性上司へのお見舞いの言葉

関連タグ

アクセスランキング