IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

通勤ラッシュの時間帯|大阪/東京/名古屋・山手線/中央線

更新日:2020年11月14日

社会人常識

皆さんは、通勤ラッシュの時間帯をご存知ですか?さまざまな地域などで通勤ラッシュの時間帯は異なってきますが、現在では時差Bizと呼ばれる時間帯を少し変えての出勤もあります。この記事で通勤ラッシュの時間帯を把握して、より快適な通勤に役立てて下さい。

通勤ラッシュの時間帯

電車

電車での通勤ラッシュの時間帯は、地域などにもよって異なりますが朝のピーク時の時間は全国的に平均で「7時30分から8時50分頃」となっています。 地域によって多少ピーク時の時間帯の前後はありますが、基本的な会社の業務開始時間が9時頃でその影響により全国的に混雑のピーク時の時間帯が平均的に同じ形になっています。

車での通勤ラッシュの時間帯は、朝の平均で「7時から9時」となっています。電車での通勤ラッシュの時間帯と似ていますが、車だとそこまで道路は混雑をしていないから楽に通勤できるといった理由で、車通勤をしている人も多いです。 また車での通勤をしている人の通勤にかかる所要時間は、片道30分から1時間ほどが平均的な所要時間になっています。朝の混雑に捕まってしまったら、深呼吸したりリラックスできる車の芳香剤を置くなどして、ストレスを溜めないようにしましょう。

夕方

夕方の通勤ラッシュの時間帯は、平均で「15時から18時」となっていて、インターチェンジの合流地点などで渋滞が起きやすくなっています。 土曜日、日曜日の通勤ラッシュは基本的にはありませんが、レジャー帰りの人達の交通量が大半を占めます。帰りを急がないようであれば、時間をずらして帰ると渋滞を回避できます。速度を守って安全運転で帰宅することを心掛けましょう。

鉄道の混雑率

日本では、鉄道の混雑率というのを発表しています。地域ごとによっての、通勤ラッシュの時間帯の混雑率を把握するのにはとても重要になってきます。 混雑率100%は座席に座ることができて吊り革、ドア付近の手すりにもにつかまることができる程の混雑で、だいぶゆったりと乗車をすることができます。 混雑率150%は隣りの人と肩が触れ合う程度で新聞を広げて読める程度の混雑で、座席に座ることは少し難しいですがある程度はゆったりと乗車をすることができます。

通勤ラッシュの時間帯が多い混雑率

混雑率180%は体が触れ合いますが、折りたためば新聞は読めるほどの混雑で少し身動きを取るのが難しくなってきます。 混雑率200%は体が触れ合い、かなり圧迫感があリます。吊革につかまるのも難しくなってしまうほどの混雑で、山手線などが混雑率200%になっています。 混雑率250%は完全な満員電車で、電車が揺れるたびに他の人の体に押されて電車の揺れに身を任せたほうが良く、手も動かせないほどの混雑です。 東京や大阪などの首都圏での通勤ラッシュ時の混雑率は180%から250%が多くなっています。

都市別の通勤ラッシュの時間帯

東京

どの路線でも、通勤ラッシュの時間帯は変わってきますが、会社が始まる時間に合わせて電車に乗る人が多く、朝の通勤ラッシュのピークは8時前後が多いです。 平日は他県から東京へ、東京から他県へ通勤している人がいるので、東京の通勤ラッシュは凄まじいものがあります。東京の主要路線であるJR東日本・京浜東北線(上野から御徒町)、総武線・快速電車(新小岩から錦糸町)、総武線・各駅停車(錦糸町から両国)は乗車率200%を超えます。 日本で一番、通勤ラッシュ問題を抱えている東京は電車が遅延してしまい他の路線にも影響が出てしまうほどです。東京圏の主要区間における混雑の時間帯を、国が発表しているデータもあります。通勤ラッシュの時間帯を避けて、楽に通勤できるように参考にしてみて下さい。

大阪

大阪は始発電車から利用者が多く、梅田へ向かう阪急電車、淀屋橋へ向かう京急電鉄、難波へ向かう近鉄電車は通勤ラッシュが激しくなります。朝の通勤ラッシュの時間帯は7時から9時頃までで、大阪府の都心に近くなる程乗客が増えていきます。 阪急電鉄(宝塚本線・神戸本線7時30分頃から8時30分頃)、大阪市営地下鉄(御堂筋線・中央線7時50分頃から8時50分頃まで)、近鉄(大阪線7時30分頃から8時40分頃まで)、JR東日本(大阪環状線・片町線7時30頃から8時30頃まで)、南海電鉄(南海本線7時30分頃から8時30分頃まで)は大阪中心部に向かう主要路線となっています。 特急や急行に乗るために始発から混雑する場合もあります。また、同じ路線でも種別(各駅停車や快速など)や行き先で通勤ラッシュの時間帯に差があるので、利用する電車の時間に注意した方が良いでしょう。

初回公開日:2018年02月20日

記載されている内容は2018年02月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング