IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

葬式でのネクタイのマナーと注意点|結び方/ピン/柄・色

暮らしの知恵

今回は、お通夜やお葬式に参列する際の服装やネクタイについてのマナーやタブーについて細かく説明しています。突然の訃報でも慌てないために、また、恥ずかしい思いや遺族の方に不快な思いをさせることのないように、ぜひ参考にしてください。

更新日時:

お通夜やお葬式の服装のマナーとは?

訃報というのは突然にやってきます。そこで突然のできごとではあるけれども最も大事なのは、そのお通夜やお葬式に適した服装で参列しなければならないということです。 お通夜やお葬式というのは故人を見送る大切な儀式です。遺族はもちろんのこと、参列者や弔問客にもきちんとした服装のマナーが求められます。 そこで今回は、ビジネスマンとして遺族の方に不快な思いをさせないように、また不謹慎と思われたり恥ずかしい思いをする事の無いように、お通夜やお葬式の時の服装・ネクタイのマナーやタブーについて説明していきます。

お通夜のマナー

お通夜に参列する際にもさまざまなマナーがあります。最低限のマナーですら守られていないのはとても恥ずかしいことです。若い方ならまだしも、年齢を重ねるにつれて自然とお通夜やお葬式に参列する機会は増えます。そこで慌てなくてもいいように最低限のマナーは覚えておきましょう。

服装は?

お通夜は「お葬式の前日に親しい人たちが取り急ぎ駆けつける」といった意味の儀式です。 洋装であれば遺族や近親者は、黒のスーツに黒のネクタイが決まりとなっています。靴下や靴も黒で統一します。 一方参列者の方は必ずしも黒でなければいけないということはありません。なぜかというと前にも述べたように、取り急ぎ駆けつけるという意味合いのお通夜、喪服で参列すると、まるで死を予期して喪服を準備していたと思われかねません。ですから昔からお通夜には着の身着のまま駆けつけるのが礼儀とされています。 お通夜に参列する男性は仕事で着ているスーツやネクタイのままで構いません。ですが、明るめの色のスーツは不向きです。黒でなければダークスーツでの参列がマナーです。また、仕事がスーツでない男性の場合は仕事着のままで構いません。必ずスーツにネクタイを着けなければならないということはありません。

ネクタイは?

遺族や近親者であれば黒のネクタイになります。 参列者であれば黒のネクタイでも良いし、地味な色味であれば黒でなくても大丈夫です。ただし派手な色や柄物は避けてください。 普段からピンクなどの淡い色や派手な色、また柄物のネクタイを好んで着けている人は、普段から地味な色(無地)か黒のネクタイをカバンに入れておくと、急な訃報があった場合でも慌てることはありません。 ネクタイピンを普段からつけている方は参列する前に必ず外しておくのがマナーです。また、時計やベルトなどきらびやかな装飾品も外して参列します。

お葬式のマナー

お通夜と大きな違いはあまりありませんが、次はお葬式の服やネクタイについてお話します。

服装は?

お葬式には喪服で出席をします。ワイシャツは白でスーツ(喪服)、ネクタイ、靴下、靴は全て黒を着用します。ちなみに、スーツはシングル・ダブルのどちらでもかまいません。 また、ポケットチーフで悩まれる方もいますが、日本でのマナーとしてはポケットチーフは差さないのが正しいです。これはあくまでも日本でのマナーであり、外国ではお葬式にポケットチーフを差すのはよくあることです。もしお葬式にポケットチーフを差すのであれば、黒のポケットチーフを差してください。 時計やアクセサリーなどの装飾品については金色の時計やアクセサリー、大きく目立つ金色のベルトのバックル、爬虫類のベルトなどは避けます。 冬には、皮ジャンなど皮革製品は殺生を連想するため着用は避けます。コートを着用して行った場合は会場に入る前に脱ぐのがマナーです。自宅で営まれるお葬式の場合は、玄関に入る前に脱ぎます。

お葬式のネクタイのマナーとは?

それでは、お葬式の時のネクタイに関しての細かなマナーについて説明していきます。

色や柄はどうする?

言わずもがな色は黒ですが、ネクタイの柄については無地であることが最も良いとされています。光沢のある素材のものやストライプ・織り込まれたデザイン・刺繍が入っているものは、お葬式にはふさわしくありません。 ごく一部の宗教や特に神道系の新宗教に多い考え方ですが、「人は亡くなってから神様になる」という考えがあります。その場合、亡くなることは悲しいことではなくお祝いにあたります。そのような場合は黒いネクタイではなく、白いネクタイを着用します。 キリスト教も似たような考え方をしますが、キリスト教のお葬式で着用するネクタイは黒になります。

結び方は?

ネクタイの結び方はいろいろな種類があります。シンプルな結び方で「プレーンノット」があります。これは結び目が小さく全体がスッキリとしたラインになる結び方です。最近の若い人に多いのが「ウィンザーノット」という結び目が大きい逆三角形になる結び方です。代表的な結び方はこの2つになります。 お葬式のネクタイの結び方にルールのようなものはありません。ですが、いろいろな結び方がある中であえてどれが1番ふさわしいかといえばプレーンノットになります。理由は一番シンプルな結び方だからです。 ネクタイを結ぶ時に作る「結び目の下のくぼみ」をディンプルといいますが、これがあると引き締まって見栄えがよくなります。しかし、葬儀で着用するネクタイではこのディンプルを作ってはいけません。ディンプルはネクタイを立体的に美しく見せるためのものであり、ディンプルは葬儀のファッションには必要ありません。

ネクタイピンはつけてもいい?

原則としてネクタイピンは着けてはいけません。なぜかというと、ネクタイピンは光を反射しやすいからです。お葬式の場で光を反射するものはタブーです。ですからネクタイピンを付けてお葬式に参列するとマナー違反になってしまいます。 ただ例外があり、黒色などの地味な色合いで光沢のないものであれば身につけても良いとされています。 女性はお葬式に参列する場合、身に着けてもよいアクセサリーとして真珠のネックレスがあります。なぜ真珠は身につけても良いのかというと、真珠は悲しみの涙をあらわすジュエリーと言われているので身につけても良いとされています。 もちろん男性も真珠がついたネクタイピンであれば、葬儀にふさわしいアイテムとして身に着けて良いと言われています。 黒などの地味なネクタイピンも真珠のネクタイピンもあくまでも例外であり、ネクタイピンはつけないのが最高のマナーという事を覚えておいてください。

礼装用ネクタイについて

礼装用のネクタイとして、すでに結んであり輪っかを首にかけて引くだけで簡単に装着できるネクタイが販売されています。このようなワンタッチ式のネクタイは、白と黒とセットになっているものも多くあります。無地の黒ネクタイや白のネクタイはそう頻繁に使用するのもでもないので、このようなお手軽なもので準備しておくのも良いでしょう。 ここでも注意すべき点はやはり無地であることです。織り模様や刺繍など目立たない程度の柄物は、仏事には着用しても失礼に当たることはありませんがお葬式には不向きなので、購入するのであればお葬式にも仏事にも着用できる無地を選んでおくのが無難です。

葬式での黒以外や柄ネクタイはNG?

「お葬式には当然真っ黒のネクタイをしめる」という考え方が一般的です。この考えに間違いはありませんが、最近では黒でも柄が入っているものも多くありますので、ここでは黒以外の色や柄についてはどうなのかを説明いたします。 黒は黒でも近くでないと分からないくらいの薄くストライプが入っているものや光沢のあるものなど、黒の無地かといわれるとそうではないものもあります。また、葬儀用のネクタイとして販売はされているけれど無地ではないものもあるので要注意です。 そういったネクタイを締めてもその場で怒られたりすることはないですが、不謹慎だと思われたりあまり印象はよくありません。常識的に「お葬式には黒の無地のネクタイ」がベストです。

お葬式でのネクタイのNG例

お葬式に参列する際のネクタイは黒と決まっていますが、黒は黒でも素材や柄などさまざまです。そこでお葬式ではマナー違反となりうるネクタイの種類を説明いたします。

光沢のあるネクタイはNG?

光沢のあるものはタブーとされていますので光沢のあるネクタイはNGになります。ですので、素材はシルク、綿、合成繊維に関わらず光沢の無い無地のネクタイを締めます。

ストライプや柄物はNG?

お葬式には無地のネクタイというのが基本になります。近づかないと分からないくらいのストライプや柄物、また織り模様の入ったものもありますが、お葬式では対面して挨拶をすることも少なくはありません。遺族の方に不快な印象を与えないためにも、このようなネクタイの着用は避けます。 また最近はデパートなどで、柄物や織り模様・刺繍が入った黒いネクタイが仏事用として販売されています。このようなネクタイは法事であれば着用しても良いとされています。なぜかと言えば儀式としては葬儀の方が重要度が重く、法事の方が軽いとされているからです。

細身のネクタイはNG?

黒いネクタイと一言で言っても太いタイプや細いタイプのネクタイがあります。お葬式では細いネクタイが絶対にダメという決まりはありませんが、細い黒のネクタイというのはファッション性が強いネクタイの部類に入ると考えている方もいます。お葬式にファッション性は必要ありませんので、細いネクタイは避けます。 細身のネクタイにナロータイというものがあります。このナロータイと言うのは大剣の幅が4cm〜6cmのものをいいます。ナロータイはカジュアルシーンやパーティーなどでの着用に向いており、お葬式には相応しくないと判断されることが多いので避けます。

100均のネクタイはNG?

最近では100均でも黒のネクタイを販売しているところがあります。急な訃報で何も準備ができていない場合など、緊急時の応急処置として100均のネクタイでお通夜やお葬式に参列する事はNGではありません。ネクタイは黒の無地なのでパッと見て100均とバレる可能性は少ないですが、品質面でみると一目瞭然です。 ビジネスマンとしてきちんとした黒のネクタイを1本持っておくと、いざという時に慌てなくても良いので準備をしておきましょう。

ビジネスマンとしてマナーを身につけておこう

いかがでしたでしょうか。急な訃報は大変悲しいことです。社会人になって間もない方はまだしも、ある程度年齢を重ねた方がマナーを守れていないのはとても恥ずかしいことです。 ビジネスマンとしてお葬式の時の服装のマナーについては事前に頭に入れておくことが大切です。また最低限必要な物は用意しておくと安心です。 ネクタイの結び方にもTPOはありますので、正装に欠かせないネクタイは選び方や結び方を頭に入れておきましょう。一ビジネスマンとしての身だしなみやマナーはきちんと覚え、いざという時に慌てたり相手の方に不快な思いをさせないためにも、もう一度しっかりとマナーを覚えておきましょう。

関連タグ

アクセスランキング