IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

話のネタに困った時の雑談ネタ・雑談ネタのアプリ

更新日:2020年11月11日

コミュニケーション

誰かとコミュニケーションをする際には雑談が欠かせません。雑談のネタが豊富なら会話が弾みます。ですが雑談をする相手によっては最適なネタは異なります。相手への配慮が必要となる場合もあるので、幅広い雑談をするために必要なコツやネタの集め方を知りましょう。

会話と雑談のコツ

普段の何気ない会話やビジネスにおける雑談に限らず、あらゆるコミュニケーションにはコツがあります。決して特別なスキルは必要なく、相手を満足させるという気持ちさえあれば雑談も自然に弾むようになります。それにはたくさんのネタを仕入れることも大事です。 そして雑談のネタを仕入れることも必要ですが、同時に相手への心配りも忘れてはいけません。例えネタが豊富であっても、人間として信用することができなければ話を聞いて貰えません。もちろん、雑談はおろか今後の関係だって続くことはなくなります。 どんな相手でも満足させるという心がけが大事です。必要以上に気を遣う必要まではありませんが、親しき中にも礼儀ありということわざもあります。礼儀を忘れないようにネタを考えれば、雑談も自然に続きます。まずは人に合わせた雑談のコツを学びましょう。

初対面の人

仕事やプライベートで初対面の人と会話をする機会が訪れるでしょう。初めての人が相手だと、緊張して雑談のネタに悩みます。その場合は、まずは相手の好きなことについて聞いてみましょう。それをきっかけに、自分の意見を話していけば雑談のネタも広がっていきます。 もしも相手の好きなことについて知識がほとんどなければ、まずは相手から聞き出してみましょう。自分の話を聞いてもらうことができれば、相手からの印象も良くなります。そして次のに会う機会があれば、そのネタで盛り上がれるように知識を付けていきましょう。 そして好きなことが共通していれば、そこから関係を深めることだってできます。好きなことも極めていけば、雑談にだって役立ちますし、信頼関係を積み重ねるきっかけにもなります。まずは相手の話を聞いていき、雑談に使えるネタを探すことにしましょう。

目上の人

目上の人と雑談をする時はより緊張します。特に会社の上司にもなると、失礼な振る舞いは許されません。雑談のネタを考えることも大事ですが、まずは敬語の使い方についても勉強しましょう。敬語をきちんと使った上で、雑談のネタを上手く扱えば信用されます。 アメリカでは本題に入る前にプライベートの話をする「チェック・イン」という手法があり、雑談から入ることで仕事の話をする空気の流れが良くなり、意見も出やすくなります。緊張しては仕事の話もしにくくなるので、まずはお互いの距離を縮めることから始めましょう。 もちろん、相手のプライバシーに関わるようなことを聞き出してはいけません。ここで大事なのは、適度な距離感を保ちながらネタを引き出すことです。雑談が上手く進めば、仕事で行うミーティングでも相手から信頼されます。実は雑談も成功のカギを握っています。

同僚や友人

同僚や友人のように自分と同じ立場である人と話す場合は、まずは相づちを打つことから考えましょう。相手の話を聞くことが大事ですが、ネタ以上に共感を得られればもっと喜ばれます。そのため、雑談の際に自分の意見はあまり言いすぎないようにすることも必要です。 例えば、相手が仕事が大変だと愚痴をこぼしてきた場合は、もっと努力をしなければいけないと改善案を言うのはあまりしません。善意で行っていたとしても、相手からすれば説教をしていると受け取られてしまう恐れがあり、関係が壊れるきっかけにもなります。 まずは相手の気持ちに意識を向けましょう。辛いのか、それともやりがいを感じているのか。それを察することができれば、雑談の空気も重くなりませんし、気分を変えるネタにも繋げられます。相手は共感して欲しいことが多いので、そのネタを用意すると良いでしょう。

相手や状況により雑談ネタを使い分ける

雑談のネタがあったとしても、それは使い分ける必要があります。どれだけ面白いネタであっても、興味がない人がいます。興味のない話を延々と聞かされては、相手は気分を害してしまいます。それに気付かないで一方的にネタを話しても、信用を失うだけです。 もしも自分のネタに対して興味を持って貰いたいなら、そのための工夫をしましょう。相手がそれを知るとどんな良いことがあるかを説明することです。例え雑談の中に素敵なネタがあったとしても、相手が聞いてくれなければ魅力は伝わらないです。 話したいネタがあったとしても、相手を選びましょう。それが雑談の中で通じそうなら問題はありませんが、そんな都合のいいことは何度も起こりません。相手がどんなことに興味を示すのかにも関心を向けることが、雑談を続けるにおいて必要とされます。

主婦との雑談のネタ

ママ友や女性の多い職場の中では雑談や井戸端会議が多いです。雑談では聞き役に回り、相手のネタに適度な相づちを打てば信用されます。しかし、雑談のネタを理解できない場合もあります。芸能界やバラエティ番組に興味がなければ、そのネタで盛り上がっている雑談に加われません。 もしも興味があれば、積極的に情報収集をしましょう。雑談に限らず、コミュニケーションを進めたいのであれば相手に関心を持つことです。上で例に出した芸能界やバラエティ番組も、今ではインターネットで調べることもできます。そうすれば自然と知識も増えます。 コミュニケーションは自分から積極的に動かなければ始まらないです。もちろん、相手に対する礼儀も必要ですが、まずは自分から進みましょう。わからないことがあっても、きちんと耳を傾ければ雑談に加われます。また自分のネタと同時に人間関係も広まります。

合コンでの雑談のネタ

合コンに参加するなら、異性との雑談を盛り上がりたいでしょう。特に気になる相手がいたら、気を惹くためのネタが欲しくなります。 しかし、相手に「面白くない」という印象を与えてしまっては、関係を深めることは難しくなります。当然、また会える機会も失います。 合コンでも相手のことを知ることが最優先です。相手に信用されるためには、仕事や趣味についてを聞き出しましょう。共通のネタがあれば仲良くなれますし、知らなかったとしても相手に聞けばいいだけです。ただし、一度に多くのことを聞き出すのはしません。 注意するべき点は、調子に乗って「連絡先を交換しましょう」と言わないことです。合コンで出会った相手とは初対面でしょうし、そんな相手に連絡先を聞かれたら警戒されてしまいます。例え下心がなかったとしても、相手の印象が悪くなります。少しずつ距離を縮めましょう。

会社での雑談のネタ

会社では多くの年代層の人が集まります。自分と同年代の人がいれば、大きく年が離れている人もいます。部下や上司に限らず、会社に集まる世代は多様です。スポーツに興味がある人がいれば、時事ネタが効果的な人もいます。あるいは食べ物やテレビに興味がある人もいるでしょう。 男性はスポーツや趣味の話題がで、女性の場合は食事や家族のネタを用意すれば雑談も弾みます。性別や年齢に合わせて、雑談のネタを選んでおきましょう。一つに特化してもいいですが、幅広い層と仲良くなりたいのであれば、ネタを集めることをします。 雑談のネタが豊富で、その上で仕事の成果を残していけば信頼されます。そうなると、会社からも重要な人物というイメージを与えて、出世のチャンスにも恵まれます。勤勉で努力家の人にはチャンスが舞い降りることが多いので、勉強する時間は自発的に作りましょう。

目上の人との雑談のネタ

初回公開日:2018年02月11日

記載されている内容は2018年02月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング