IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

香典の中袋なしのときの書き方のマナー|住所/金額・連名

更新日:2020年03月04日

社会人常識

今回は、香典の中袋なしのときの書き方とマナーについて紹介しました。香典は中袋なしのものが増えていますし、中袋なしでも問題ありません。書き方だけでなく、お札を入れる向きや便利なアイテムについても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

香典の中袋なしのときの書き方のマナーは?

香典袋にも種類があり、中袋なしのものも増えています。中袋なしの場合の表書きの書き方や、お札の入れ方にはどんなマナーがあるかご存知でしょうか。急な不幸が訪れたときに慌てないように、香典袋が中袋なしのときの書き方のマナーについて紹介します。

中袋なしの場合は裏に住所や金額を書いていい?

祝儀袋も香典袋も住所や金額は中袋に書くのがマナーです。しかし用意した香典袋が中袋なしの場合は、香典袋(外袋)に直接住所や金額を書きましょう。その際は香典袋の裏面の左下に書きます。基本的には郵便番号は書かなくても問題ありません。縦書きで書く場合は、番地の数字は漢数字で書くようにしましょう。 また中に入れる金額を書く際は、頭に「金」を付けてから金額を書きます。漢数字は旧字体で書くのがマナーです。例えば五千円を入れる場合は「金五仟円」、一万円を入れる場合は「金壱万円」というように書くようにしましょう。金額の書き方は中袋がある場合も、中袋なしの場合も同じです。

中袋なしなら横書きでもいいの?

用意した香典袋が中袋なしの場合、裏に書く住所や金額を横書きで書いても問題ありません。中袋なしの香典袋に横書きで書く場合は、封筒の右下に書くようにします。縦書きとは違い、アラビア数字で書いても問題ありません。 アラビア数字で書く場合も、金額の頭には「金」と記載しましょう。例えば五千円を入れる場合は「金5,000円」、一万円を入れる場合は「金10,000円」とコンマを記入することも忘れないようにしてください。

連名の場合の書き方は?

複数人で香典をお渡しする場合は連名で記入します。中袋がある場合も中袋なしの場合も書き方は同じです。香典袋の表面にある水引の下に名前を書きます。名前を書く順番は目上の人が一番右に来るように書きましょう。全員の名前を書くのは3~4名が基準です。 人数が多い場合は全員の名前を書かず、代表者の名前を真ん中に書きます。代表者の名前の左側に少し小さく「外一同」や「社員一同」などの書き方をします。全員の名前を伝えたい場合は、全員の名前を記載したメモを中に入れてお渡しします。その場合は、1人ずつ住所・名前・金額を書きます。目上の人が一番右に来るように書きましょう。

中袋なしでも薄墨で書くの?

中袋がある場合も中袋なしでも表書きは薄墨で書きます。中袋なしの場合に裏に書く住所や金額は、薄墨でなくても問題ありません。住所が長い場合など筆ペンで書くと文字が潰れてしまう場合は、ボールペンを使って書いても問題ありません。その場合はペンの色は黒を選びましょう。 中袋がある場合も中袋なしの場合でも、薄墨を使って書くのは通夜と告別式の場合のみです。その後の法事で使う香典は通常の黒い筆ペンで書きます。薄墨は用意していなかった突然の不幸に対して使うものに対して、法事は日程があらかじめ決まっているため、通常の黒いインクで問題ありません。

中袋なしの場合の糊付けや封の仕方は?

中袋なしの場合の香典袋の封の仕方は基本的にはシールが付属している場合が多いため、そのシールで封をします。中袋なしの場合でも封筒からお金を落とさないようにと糊付けする必要はなく、簡単な封で問題ありません。 もし、中袋なしの香典袋にシールが付属していない場合やシールをなくしてしまった場合は、セロハンテープなどの透明なシールを貼りましょう。その場合は短く切って貼ります。受付の方が香典を集計する際に簡単に開封できるようにしておきましょう。

香典の表書きの書き方は?

中袋がある場合も中袋なしの場合も、香典袋の水引きの上に記載する表書きにも種類がいくつかあります。亡くなった方の宗派によって種類が違いますので、自分で書くときや表書きが記載されている市販の香典袋を購入する際には注意が必要です。水引きは結び切りのものを使用します。

仏式の場合の香典は?

仏式の場合の香典で主に使われるのは、「御霊前」「御仏前」「御香典」「御供」の4種類です。一般的に使用されることが多いのは「御霊前」です。ほとんどの仏式の宗派で使用可能です。 しかし亡くなられた方が浄土真宗の場合は「御霊前」は使用せず、「御仏前」を使用します。浄土真宗以外の宗派の場合「御仏前」は49日以降の法要に使用することが多い香典の表書きです。 亡くなられた方の宗派が分からない場合に共通して使用可能な香典袋の表書きは、香を供えるという意味で使われる「御香典」です。葬儀などに出席せず後日香典をお渡しする場合は、「御供」を使用しても問題ありません。

神式の場合の香典は?

次のページ:お札の入れ方はどうすればいいの?
初回公開日:2018年02月22日

記載されている内容は2018年02月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング