IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

御徒町が「宝石の街」と言われる理由・おすすめ宝石店

更新日:2020年05月17日

社会人常識

宝石は、気持ちを豊かにさせますが、宝石を買うなら御徒町が安いということを耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。なぜ、御徒町は宝石が安いのでしょうか。この記事では、御徒町が「宝石の街」と言われる理由・おすすめ宝石店について紹介します。

大事な宝石の指輪も年数がたつと指のサイズが変わったりリングが色あせたりします。宝石箱で眠らせておくという手もありますが、せっかくのお気に入りの宝石は、特別な日には、身につけたくなります。 御徒町には、宝石関連のリフォームショップも多くあります。御徒町のリフォームショップでおすすめは、「株式会社職人工房」です。「職人工房」は、宝石の修理やリフォームの専門店です。見積もりは無料なので気軽に相談できます。

加工は?

御徒町で宝石を加工してオーダーメイドにしたい場合、宝石店よりもリフォームショップに依頼することが多いです。御徒町での加工のおすすめのショップは「河原宝飾 御徒町店」です。 「河原宝飾 御徒町店」は、他店では、断られてしまうような利幅の薄い指輪のサイズ直しやペンダントの修理なども行っています。 「河原宝飾 御徒町店」の店舗は、工場直結で、ジュエリーコーディネーター資格者、または、それに相応する職人が直接応対していますので、即日対応もできます。加工したい宝石類があれば、気軽に問い合わせしてみるといいでしょう。

ケースは?

宝石は、高価なものだけに、身に着けないときはジュエリーケースに保管します。ジュエリーケースの選び方としては、まず、持っているアクセサリーの量と種類を把握して、すっきり収納できるようにしましょう。インテリア性も重視して部屋のインテリアともそろえるようにします。 御徒町のジュエリーケースでおすすめのショップは、「アロー・ショップ」です。「アロー・ショップ」では、ジュエリーケースのカタログを出しているので、事前にカタログをチェックして候補をあらかじめしぼっておくと、スムーズに決めることができます。

宝石の目的別の選び方は?

宝石は、さまざまな種類があり、金額もさまざまです。どんな宝石を選べばいいか迷う人も多いです。宝石の選び方として、宝石を購入する目的に合わせて選ぶ方法があります。ここでは、宝石の目的別に宝石の選び方を紹介します。

毎日身につけるための宝石は?

毎日、身に着けるための宝石を選ぶ場合は、耐久性がある宝石を選ぶようにします。硬度7以上の宝石なら充分耐久性があり日常的に使用しても摩耗しません。ただし、エメラルドは、割れやすいので家事をするときには外すなどの工夫が必要です。 品質は、大きさは小粒で構わないので、できるだけ良いもので飽きがこないものにします。リングのデザインは、シンプルなほうが宝石に注意が集中してよいでしょう。具体的にはルビーがおすすめですが、予算的に難しい場合は、ガーネットやレッド・トルマリンなどの宝石が比較的安価でおすすめです。

パーティ用の宝石は?

パーティ用の宝石は、ゴージャスで存在感をアピールできるものがいいでしょう。日常使う宝石同様に良質のものを選びます。できれば大粒のものを選びましょう。 良質で大粒のものとなると金額も高額になるので、良質を優先させるか大きさを優先させるかは、各自の好みで判断します。良質で大粒なもので比較的手に入りやすい宝石は、アクアマリン・トパーズ・トルマリンなどがあります。 パーティの場合は、昼間の開催か夜の開催かによっても宝石を選び分けることも大事です。昼間は、明るいので輝きを少し抑えた真珠やひすいなどがより魅力的になります。夜の場合は、特別な光を持つスタールビー・キャッツアイ・オパールなどで大粒な宝石にするとより魅力的になります。

冠婚葬祭では?

冠婚葬祭の中で、結婚式の場合は、花嫁の引き立て役に徹した服装になります。宝石も服装に併せて華やかな式典にふさわしいできるだけ良質な宝石を着けます。結婚式には、黒はふさわしくないので黒真珠などの黒っぽい宝石は避けます。 お葬式の場合は、派手な宝石は避けなければいけません。お葬式の場で宝石をつけるなら真珠がおすすめです。真珠には、真珠湾攻撃をイメージする人もいますが、本来は涙を表します。ネックレスは、重ならないように一連のものをつけます。また、結婚指輪や婚約指輪は外さなくてもかまいません。

婚約指輪は?

婚約指輪は、男性から女性に結婚を約束したときに贈られます。結婚を決意した男性の想いは形では見えませんが、見える形にしたのが婚約指輪です。男性が永遠の愛を誓って婚約指輪を送り、女性がその婚約指輪を指にはめることによって愛を受け止めることで、結婚に合意した証になります。 また、結婚後、夫婦間でもめ事などがあった時に、婚約指輪を目にすることで婚約当時のことを思い出し、仲直りやリフレッシュする効果もあります。 婚約指輪の種類は、女性の誕生石かダイヤモンドで、近年はほとんどがダイヤモンドです。金額は、よく給料の3か月などといわれますが、現実には10万円~20万円位が一番多く26.7%、次いで20万円~30万円で17.4%と、10万円~30万円で約半数を占めています。 実際に婚約指輪を送る際には価格よりも気持ちが大事です。婚約指輪を相手に贈る際には、世界中の誰よりも想っている気持ちを込めて贈りましょう。

結婚指輪は?

結婚指輪は、夫婦になった証としてペアで着ける指輪です。男性の方は、女性に指輪選びを任せてしまうケースが多くみられますが、指輪選びが結婚の大事な思い出の共同作業のひとつなので、夫婦で楽しみながらお互いに気にいったものを選びましょう。 また、購入前に金属アレルギーがないかチェックして、サイズもチェックします。夫婦どちらかがガテン系の職業の場合、傷や歪みに強いチタン・ジルコニウム・タンタルなどがいいでしょう。軽くて着け心地がいいチタン・ジルコニウムは、指輪をつけなれていない男性におすすめです。 女性の場合は、婚約指輪との重ねづけも意識して結婚指輪を選ぶと、時々婚約指輪をはめることもでき、婚約指輪をいかすことができます。

実際に御徒町で宝石を見てみよう

ここまで御徒町の宝石店について述べてきましたが、御徒町の宝石店について興味を持った方は、実際に御徒町へ行って宝石店を巡ってみましょう。 綺麗な宝石は、見るだけでも心が浄化されます。問屋専門のお店は入れませんが、ゆっくりと宝石店や、買取専門店、リフォーム店を廻ってみましょう。

初回公開日:2018年05月22日

記載されている内容は2018年05月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング