IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

御徒町が「宝石の街」と言われる理由・おすすめ宝石店

更新日:2020年05月17日

社会人常識

宝石は、気持ちを豊かにさせますが、宝石を買うなら御徒町が安いということを耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。なぜ、御徒町は宝石が安いのでしょうか。この記事では、御徒町が「宝石の街」と言われる理由・おすすめ宝石店について紹介します。

エメラルド通りは?

エメラルドは、ひすいなどと共に5月の誕生石のひとつで、和名は翠玉(すいぎょく)または、緑玉(りょくぎょく)ともいいます。色は、きれいな緑色で、鮮やかな緑色をエメラルドグリーンと呼ばれるほどです。宝石言葉は、幸運・幸福・希望・安定です。 エメラルド通りは、そのようなあざやかな緑のエメラルドを連想させる通りです。

ルビー通りは?

ルビーは、7月の誕生石で、和名では紅玉といいコランダムの変種です。ルビーは、ダイヤモンドに次ぐ硬度で、赤い色が印象的な宝石で主にアジアで産出されます。宝石言葉は、熱情・情熱・純愛・仁愛・勇気などです。 ルビー通りは、ルビーを連想させる情熱的な通りです。

サファイア通りは?

サファイアは、9月の誕生石で、和名では蒼玉または青玉ともいい、コランダムの宝石でルビー以外の物をいいます。サファイアもダイヤモンドに次ぐ硬度で、ルビーと対照的に蒼い色が印象的な宝石であり、タイやミャンマーなどで産出されます。宝石言葉は、慈愛・誠実・貞操・高潔などです。 サファイア通りは、サファイアを連想させる落ち着いたイメージの通りです。

御徒町とブランド店の宝石の違いは?

御徒町は「宝石の街」といわれ、大勢の人がお目当ての宝石を求めて足を運びます。しかし、宝石を求めるお客さんが購入するのは、御徒町の宝石店だけではありません。ティファニーやカルティエなどの有名ブランド店です。 御徒町の宝石と有名ブランド店は、どう違うのかについて見ていきます。

宝石の価格は?

ブランドは、価格にブランド料が含まれているので、どうしても価格は高くなりますが、ブランドに対する満足感があります。特にバッグなどは、ブランドとノーブランドでは、見た目も 品質も使用感も全く違います。 しかし、宝石、特に指輪では、ブランドかどうかは一見しただけではわかりません。ルースは、枠などがついていないので、余計に区別がつきにくいといえます。

宝石の安心は?

ブランドの宝石は、鑑定書つきなので安心感は抜群です。素人が宝石の鑑定をすることは到底無理なので、鑑定書は大きなの拠り所です。 御徒町の宝石店で購入した場合は、中央宝石研究所のダイヤモンドグレーディングレポート(鑑定書)付GIA発行のレポート付き鑑定書が入ってるものを購入するようにします。それ以外の鑑定書は、グレーティングが甘目といえます。

結局買うのは?

宝石を御徒町の宝石店で購入するか、ブランドの高級店で購入するか、を決めるのは購入者自身の意思が優先されます。 宝石は生活必需品ではなくステータス感を味わうものなので、有名ブランドの宝石でブランドに対する満足を得るのか、それとも御徒町の宝石店でいいものを割安で購入したことで満足を得るのかは、購入する人の価値観によって変わってくるでしょう。 ブランドの宝石店で購入するか、御徒町の宝石店で購入するか、の最終判断は、購入者自身で判断することになります。

御徒町で口コミの評判が高い宝石商は?

御徒町の多くの宝石商の中でも、評判の高い店と残念ながらそうではないお店もあります。また、宝石商それぞれの取り扱っている分野や得意とする分野は異なります。それぞれの目的とする分野の口コミの評判を見てお店を選ぶことにより、お得な取引ができる可能性が広がります。 ここでは、御徒町で口コミの評判が高い宝石商を「宝石店」「宝石問屋」「小売」「ルース」「安い」「オーダー」「買取」「鑑定」に分けて紹介します。

初回公開日:2018年05月22日

記載されている内容は2018年05月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング