IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【株初心者向け】ネット証券6社!

初回公開日:2018年01月31日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年01月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

暮らしの知恵

少ない資金で投資を始められるコンテンツも揃っており、手軽で便利なネット証券。しかし、株初心者にとってはどのネット証券を選ぶべきか…と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、株初心者にネット証券6社をご紹介します。

少ない資金で投資を始められるコンテンツも揃っており、手軽で便利なネット証券。しかし、株初心者にとってはどのネット証券を選ぶべきか…と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 まずは株初心者のネット証券選びのポイント3つをご紹介します。

株初心者のネット証券選びのポイント

株初心者のネット証券選びのポイント
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

株初心者が証券会社を選ぶポイントは、 ①手数料の安さ ②取扱商品の多さ ③投資に関する情報コンテンツの充実  があります。 株初心者は、自分の知識や経験、投資スタイルから絞り込むのは難しいため、主にこれらのポイントの「バランスの良さ」を重視したネット証券選びをするのがベストでしょう。 まずはそのバランスの良いネット証券から口座を開き、慣れてきた段階で改めて自分にあった証券会社を絞って選んでいく、というのがやり方です。 では、これらのポイントのバランスの良さを重視した、株初心者にネット証券を6社をご紹介していきます。

株初心者にネット証券6社!

一言でネット証券とはいっても、ネット証券会社は数多くあり、それぞれメリットや特徴は様々あります。その中でも今回は、株初心者にバランスの良さを重視したネット証券6社をご紹介します。

松井証券

少額投資株主優待狙いでの投資にな松井証券1日の約定金額の合計が10万円以下であれば売買手数料が無料であり、少額投資や株主優待狙いの投資では大きなコスト削減ができるのが大きな魅力です。 また、投資をサポートしてくれるコンテンツが豊富であり、あまり株の知識がない株初心者でも安心して利用できるネット証券です。

SBI証券

ネット証券の中でも口座開設数であるSBI証券。SBI証券はなんといっても取扱商品が豊富なことが大きな魅力です。 また外国株や夜間取引等、利用できるサービスの幅も広く、株初心者でも口座開設してから長期間利用し続けられる証券会社です。

GMOクリック証券

各種取扱商品の取引手数料が業界最安水準GMOクリック証券。株式売買手数料のほぼ全ての価格帯で他大手ネット証券よりも安いのが大きな魅力です。 また、取引ツールも充実しており、取引をアクティブに使いたい人向けの高機能ツールと、お手軽に取引したい人向けの簡易ツールの両方が用意されており、株初心者でも使いやすいツールが利用できます。さらに投資情報コンテンツも充実しており、株初心者にとってもバランスの良いネット証券だと言えます。

SMBC日興証券

ネットだけでなく、窓口やコールセンターもある総合証券会社のSMBC日興証券。他のネット証券と違い、日本全国に124店舗ある総合証券なので、ネットだけでなく近くの店舗でもサポートを受けられるのが大きな魅力です。 IPOの取引数も多く、また主にインターネットを利用して取引を行う「ダイレクトコース」には、現物取引の売買手数料が最低135円・信用取引の売買手数料は完全無料であり、株初心者でも安心して始めやすいネット証券です。

楽天証券

続いては、投資情報のコンテンツの充実が大きな魅力の楽天証券。専属アナリストによるレポートやコラム、また株に関するニュースなどが多く用意されています。株初心者にとっては投資に関してわからないことも多く、またネット証券では担当者に相談もできない分、投資情報コンテンツが充実していると嬉しいですよね。 また口座数や取扱商品数に関してもネット証券でSBI証券に次ぐNo.2であり、非常にバランスの良い株初心者にネット証券会社です。

関連タグ

関連する記事

アクセスランキング