IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ビジネスでのお礼状の例文|お歳暮/お中元・マナーや注意点

初回公開日:2018年02月19日

更新日:2020年02月07日

記載されている内容は2018年02月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ビジネスマナー

お歳暮にお中元、開店祝いなど、ビジネスではお礼状を書くことが多々あります。一見難しそうなビジネスのお礼状ですが、実はコツさえ掴めば難しいものではありません。この記事の例文や注意点などを確認して、ビジネスのお礼状への苦手意識をなくしましょう。

日付の次の行に、自分の署名を会社名から書きましょう。位置は下寄せで、署名の下には1文字分スペースを空けます。長くなってしまう場合は、会社名などキリが良いところで2行に分けても構いません。

8.相手の名前

相手の名前を書く場所は、お礼状の一番最後です。上寄せで、会社名から記載しましょう。あれば部署名や役職名も記載するのがベターです。長くなってしまう場合は、2行以上に分かれてしまっても構いません。無理に文字を凝縮せず、自然な間隔で書きましょう。

ビジネスでのお礼状の例文

ビジネスでのお礼状で悩みやすいのは、時候のあいさつ・本文・結びのあいさつの3項目です。しかし、実はこの3つの項目も、ある程度内容のパターンは決まっています。 これから、お礼状の種類にあわせて、項目ごとにいくつか例文をご紹介します。自分の気持ちに近い例文を組み合わせたり、伝えたいことがらに合わせて文章を書き変えたりしながら、お礼状の文章を考えてみてください。

お歳暮

時候のあいさつ

・師走の候、貴社ますますご清栄(ご清祥)のこととお慶び申し上げます。 ・師走の候、貴社におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

本文

・さて、このたびはお心のこもったお品を頂戴し、誠にありがとうございました。いつもながら細やかなお心遣いに恐縮するばかりでございます。 ・さて、このたびは結構なお歳暮の品を賜り、誠にありがとうございました。いつもながらのお心遣い心より感謝申し上げます。 ・さて、このたびは丁重なお歳暮の品をお贈りいただき、誠にありがとうございました。このようなご配慮をいただき恐縮に存じます。今後とも変わらぬご交誼のほど、よろしくお願い申し上げます。

結びのあいさつ

・歳末、ご多用の折から、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。略儀ながら書中をもちまして、年末のあいさつかたがたお礼申し上げます。 ・末筆ではございますが、貴社のご発展と皆様のご健勝をお祈り申し上げます。まずは略儀ながら書中にてお礼申し上げます。 ・今年も残りわずかとなりましたが、日ごとに寒さも増してまいりますので、皆様くれぐれもご自愛ください。まずは書中をもちましてお礼を申し上げます。

お中元

時候のあいさつ

・盛夏の候、貴社ますますご清栄(ご清祥)のこととお慶び申し上げます。 ・盛夏の候、貴社におかれましてはますますご清栄のことと心よりお慶び申し上げます。

本文

・さて、このたびはご丁重なお中元の品をご恵贈いただき、誠にありがとうございました。いつもながらのお心遣い心より感謝申し上げます。 ・さて、このたびは結構なお品をご恵贈いただきまして、誠にありがとうございます。ありがたく拝受しました。ご厚志に改めてお礼を申し上げます。 ・さて、この度はお心のこもったお品をお送り頂きまして、誠にありがとうございました。いつもながら細やかなお心遣いに恐縮するばかりでございます。

関連タグ

アクセスランキング