IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

電話が嫌いな理由・克服法・電話を切る時の上手なフレーズ

更新日:2020年11月11日

コミュニケーション

どうも電話が嫌い、苦手という方は多いのではないでしょうか?緊張して慌ててしまい、何を話していいのか分からなくなってしまう。克服したいけど、どうしたらいいの?そんな悩みを解決できるかもしれません。電話嫌いの理由から克服法をご紹介しています。

まずリラックス

電話嫌いの克服法は「リラックス」することです。嫌いなことに対してはつい苦手意識を持ってしまうのが人間です。まずは深呼吸してリラックスしましょう。 リラックスしたら、なるべくゆっくり話すことを意識しましょう。焦ったり、電話が嫌いなあまり早く切りたいと考えていると、自然と早口になりがちです。ゆっくり話すことを心掛けると、自然と心が落ち着いてリラックスできます。

会話をマニュアル化

あがってしまって電話が嫌いという方は、ある程度「会話をマニュアル化」することも克服法のひとつです。会社などで電話をかけたり受けたりする場合は、ある程度会話は決まってきます。 例えば「○○株式会社○○部の○○と申します。○○の件でお電話しました。担当の方はいらっしゃいますでしょうか」「わたくし○○株式会社の○○と申します。○○の件でお伺いしたいのですが、ご都合はいかがでしょうか」などです。 またわからないことを聞かれたら誰でも焦ってしまいます。そんなときは「確認して再度ご連絡いたします」「その件については、ただいま確認中ですのでこちらから折り返しご連絡いたします」などとマニュアルを作っておきましょう。備えがあることで精神的にも落ち着いて対応することができます。

話の情報を文字化

いざ電話をしようとすると緊張して、何をどう話していいのかわからなくなってしまい電話嫌いになってしまったという方にはこんな克服法はいかがでしょうか。それは「話しの情報を文字化」することです。 話したい内容・相手に確認しなければいけない内容・期日など、こういった内容を電話をする前に、箇条書きにして整理してから電話をすると「何を話せばいいんだっけ」といったこともなくなります。 また相手の話の内容もメモをとるようにしましょう。そうすることで、相手の話のどこがわからないのか的確に質問することができます。納期などの重要な内容もメモしておけば、最後にもう一度確認することができ、ミスを防ぐことにもつながります。

電話を切る上手なフレーズ

電話嫌いの理由や克服法を見てきましたが、すぐにどうこうできるものではありませんし、やはり早めに切り上げたいと考える人は多いでしょう。 電話嫌いでなくとも、用事あるとか忙しいとか、いろいろな理由で電話を切りたいときは誰にでもあります。「忙しいから切るね」と言える相手ばかりではありません。そんなとき、電話を切るための上手なフレーズをご紹介します。

また会った時話そうね

「じゃあまた会った時話そうね」こう言えば、電話での会話がひと段落したんだなと感じることができます。相手も電話を切るんだなという空気をわかってくれるでしょう。 「また会った時」という次の約束のような言葉も相手の気を悪くさせない上手な電話の切り方です。

また連絡するね

「また連絡するね」も上手な電話の切り方です。また連絡する、つまりこの会話は終わり、という意味に捉えることができるからです。 このフレーズも、「また」という次の約束をしているので相手も気を悪くすることなく電話をきることができます。

充電なくなりそう

どうしても早く電話を切りたいときに使えるフレーズが「あっ、充電なくなりそう」です。固定電話以外で電話をしている場合に限りますが、とりあえず電話を切ることができます。 「あっ、充電なくなりそうだから、ごめんね」と言えば気を悪くする人はいません。頻繁に使いすぎては怪しまれますが嘘も方便です。

準備をして電話嫌いを克服しよう

電話嫌いの理由はいろいろありますが、前もって準備をすることで安心感が出て、心にゆとりを持つことができます。備えあれば憂いなしです。 話す内容をマニュアル化したり、箇条書きにしてメモしたりすることで落ち着いて対処することができます。あとは慣れるだけです。数をこなすことで自信がつき、いつの間にか自然に話せるようになっています。わからないことは聞き直せばいい、そのくらいの気持ちでいきましょう。

初回公開日:2018年01月30日

記載されている内容は2018年01月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング