IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

襟の種類・体型別の襟・襟のサイズのポイント

更新日:2020年11月14日

社会人常識

洋服選びに大切な襟のかたちにはレギュラーカラー、ボタンダウンカラーなど、たくさんの種類があります。襟の種類で着ている人の雰囲気が一変しまうこともあります。今回は、いろいろな襟の種類と特徴と、体系別や顔の形別に似合う襟の種類も紹介します。

襟の種類を紹介!

襟の種類と言われてもあまり思い浮かばない人も多いのではではないでしょうか。通勤で着ているワイシャツの襟、家で着るルームウェアの襟、お出かけの時に羽織るシャツの襟は、それぞれ違う種類ではありませんか。 襟の種類は驚くほど多種多様です。その中でもビジネスに欠かせないレギュラーカラーやワイドカラー、カジュアル向けのボタンダウンなど代表的な襟の種類を紹介します。

襟の部位の名前を紹介!

いろいろな襟の種類を紹介する前に襟の部位の名称を紹介します。部位の名前がわかるとどんな襟なのかイメージしやすいでしょう。 ・襟の間:襟羽開き=スプレッド ・襟の高さ:台襟幅 ・襟先の長さ:台襟長さ=ポイント ・襟全体:襟羽 以上のように名前がついています。よく襟の種類で使われる言葉に「ポイント」「スプレッド」があります。ポイントは台襟長さ、スプレッドは襟の開き方と角度を表しています。

襟の種類1:レギュラーカラーは基本の襟

レギュラーカラーはシャツの定番で基本となる襟の種類です。皆さんが最も着ているシャツの襟ではないでしょうか。ポイント(襟の長さ)は70~75mm、スプレッド(襟の開き)は75度~90度、襟の高さは30~38mmです。時代や流行によって多少の変化はありますが、その時々の襟の基本になります。 レギュラーカラーはどんな場面にも合わせることが可能な万能な襟です。仕事やフォーマル、ちょっとしたお出かけにも似合います。シャツの色や柄を選んだり、ネクタイやジャケットなどの合わせ方でいろいろな表情が生まれます。

襟の種類2:セミワイドカラーは少し角度が広い

セミワイドカラーは少し襟の角度が広いです。スプレッド(襟の角度)が100度以上あります。ナロー<レギュラー<セミワイド<ワイドの順序で襟の角度が広くなります。襟の高さもレギュラーの30~38mmよりも高いことが多いです。 セミワイドカラーはセミワイドスプレッドやイングリッシュスプレッドともいいます。ブリティッシュスタイルの着こなしをするときは、ぜひセミワイドカラーのシャツを選んでください。古き良きイギリスの雰囲気をかもしだしてくれるでしょう。

襟の種類3:ショートポイントカラーは短い襟

ショートポイントカラーは短い襟のことです。スプレッド(角度)はレギュラーカラーの範囲内80度程度ですが、ポイントが60mm以下とレギュラーカラーよりも短いことが特徴です。ショートカラーはショートポイント、スモールカラーとも呼ばれます。 往年の大俳優であるクラーク・ゲーブルが愛用したことにちなんだゲーブルカラーも、ショートポイントカラーの一つです。ショートカラーのシャツはカジュアルな場面で着られることが多いですが、最近はビジネスの場でも上手く着こなす人が増えてきました。襟の大きさとバランスの良い細身のネクタイが似合うでしょう。

襟の種類4:ロングポイントカラーは襟先が長い

五大陸(gotairiku) 【FORMAL】ロングポイントカラー シャツ【ホワイト系/16】
五大陸(gotairiku) 【FORMAL】ロングポイントカラー シャツ【ホワイト系/16】

ロングポイントカラーはレギュラーカラーよりも襟先が長く90mm~100mmあります。1930年代に登場した襟のデザインです。スプレッドはレギュラーカラーと同じ75~90度ですが、襟の長い分角度が狭い印象になります。 ロングポイントカラーはクラシカルな雰囲気があるので、パーティーなどのフォーマルな場面にとてもよく似合います。ネクタイは細めのものでも太いものでも合わせられますが、襟とのバランスをとってゆったりと大きな結び目にすると良いでしょう。

襟の種類5:ボタンダウンカラーは襟をボタンで留める

ボタンダウンカラーは襟先をボタンで留める種類の襟です。カジュアルな装いで定番の襟の種類で愛用している方も多いのではないでしょうか。1990年にアメリカのブルックス・ブラザーズ社で考案されました。 イギリスでは、ポロ競技をする際に襟が風になびいたり、激しい動きの邪魔にならないようにシャツに襟をとめていました。ボタンダウンカラーはそれを元にブルックスブラザーズで作られた襟の種類で、別名をポロカラーシャツといいます。 ボタンダウンは襟芯を使っていないので襟が柔らかいです。柔らかな襟先を美しく身頃に沿わせる「フルロール」という形がボタンダウンカラーを着こなすポイントです。

襟の種類6:ナロースプレッドカラーは狭い襟

ナロースプレッドカラーは狭い角度の襟の種類です。レギュラーカラーのスプレッドは75~90度ですが、ナロースプレッドカラーのスプレッドは60度以下です。レギュラーカラーと襟の長さは一緒の70~75mmですが、開きが狭いので襟が長く見えます。 ナローカラーはカジュアルな場面で着られることが多かったのですが、最近はナロースタイルのビジネススーツが普及してきたので、仕事やパーティー、フォーマルといろいろな機会で着こなす人も多いです。シャープな印象のモード系のスーツや細いナロータイと相性が良いです。

襟の種類7:ボタンアップカラーは襟同士をスナップで留める

初回公開日:2018年02月27日

記載されている内容は2018年02月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング