IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「各位様」は二重敬語で失礼?「各位」の正しい使い方と例文

更新日:2020年08月07日

言葉の意味

ビジネスメールでよく見かける言葉に「各位」という言葉があります。各位の意味は、〇〇の皆様という意味があります。各位の正しい使い方を例文を交えて説明していきますので、学んでいきましょう。また「様」や「御中」と各位の使い分け方についてもご紹介していきます。

各位の意味とは

ビジネスにおいて文書やメールでよく見かける言葉のひとつに「各位」という言葉があります。 「各位」と同じように使われる言葉に「御中」「様」「殿」などがありますが、正しい意味と使い分け方を詳しく説明していきます。

各位は「〇〇の皆様」という意味

各位の意味は「○○の皆様」となります。ちなみに読み方は、「かくい」と読みます。 皆様という言葉からわかるように、各位の意味には敬称の意が込められています。そのため「各位様」「各位殿」は二重敬語になってしまうので誤りとなります。 一斉メールで「各位」を使う際は、二重敬語に注意しながら使う必要があるので、しっかりとした使い方や意味を理解した上で活用するようにしましょう。

敬意を払って用いられる敬称の一つ

「各位」とは、複数の人に対して、それぞれの人に敬意を払って使う敬語表現になります。 複数人にメールを送信するとき、書類を送付する際の文書の冒頭、宛名として使われます。例えば、〇〇様や〇〇殿といった表現もあるので、上手に使い分けることが大切です。 口頭で「○○の皆様」と伝えるところを、書面の宛名では「〇〇各位」としますので、意味は「○○の皆様」となります。

各位の3つの正しい使い方・例文

「各位」は具体的にどのように使われているか、正しい使い方を例文を交えてご紹介していきます。 一度覚えてしまえば、使い間違いをしてしまうことも減りますので、これを機会にぜひ「各位」の使い方について学んでいきましょう。 今回は主に「各位」を使う、手紙の場合、メールの場合、社内・社外へのメールの場合という3つに分けて、使い方と例文をご紹介していきます。 ビジネス用語として書き方を覚えておくといいでしょう。

手紙での「各位」の正しい使い方

「各位」は複数の個人を対象とする敬称ですが、複数の個人へのビジネス文書や案内状などのお知らせ文書の宛名として使われます。では、各位を使った例文を見ていきましょう。

「各位」を手紙で使った場合の例文1

  • 社員各位、従業員各位 新年会のご連絡です。
  • 会員各位のご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
  • ご担当者様各位、今回の会議ですが、変更の運びとなりました。
  • 今月の総会において参加者各位のご賛同により会長に就任いたしました。

一般的なメールでの「各位」の正しい使い方

ビジネスメールにおいても「各位」は手紙と同じように文書や案内状などの宛名として使われます。使い方が複雑で自信がない場合は「各位」とだけメールに記してもマナー違反ではなく問題ありません。では、各位を使った例文を見ていきましょう。

「各位」を一般的なメールで使った場合の例文2

  • お客様各位 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
  • お得意様各位 平素は格別のご愛顧を賜り、誠にありがとうございます。
  • 株主各位 拝啓 平素は格別のご厚情を賜り厚く御礼申し上げます。
  • 関係者各位、今回の会議につきましては中止にさせて頂きたいと思います。

社内・社外へのメールでの「各位」の正しい使い方

「各位」は敬称にあたりますので、ビジネスにおいては社外の方へのメールに使うのが一般的ですが、社内に向けてのメールに使うことも可能ではあります。 取引先の相手に「各位」のメールと送る場合や顧客に「各位」のメールを送る場合など、パターンがさまざまなので、実際に各位を使った例文を見て使い方を学んでいきましょう。

次のページ:各位を使う場合の注意点3つ
初回公開日:2018年02月27日

記載されている内容は2018年02月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング