IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ネクタイのバランスのいい長さと調整方法【簡単な結び方3選】

更新日:2019年05月17日

ビジネスファッション

ビジネスツールや男性のおしゃれアイテムとして長い間愛用され続けるネクタイ。でもちょっと待ってください。その結び方、本当にあなたに合った結び方ですか?この記事では基本的な結び方の種類、長いネクタイになってしまったときの対処法を教えます。

1970年にポール・スミスが始めたイギリスのブランド。日本でもバックや財布などが人気ですよね。 プレゼントとしても人気が高いネクタイもその一つ。ポール・スミスのデザインの特徴は「ひねりのきいたクラシック」。 伝統的なブリテッシュスタイルに、ハイクオリティ感がある要素をプラスしたデザインが魅力。個性が光るポール・スミスのネクタイは、品質の高さにも定評があります。

ネクタイのおすすめブランド②バーバリー

1856年にトーマス・バーバリーがイギリスで設立したブランドです。バーバリーと言えば、有名な「バーバリー・チェック」ですよね。 ネクタイは「バーバリー・チェック」だけでなく、さまざまな洗練されたデザインが豊富です。 時代が変わっても新鮮さを失わないデザイン性から、抜群の人気があります。伝統にモード感が加えられたブランドイメージは、若い方からも注目を集めています。

ネクタイのおすすめブランド③コムサメン / コムサイズムのおすすめネクタイ

1976年に創立した日本のファッションブランド。自分の好きなデザインや年齢に合わせたオシャレを楽しめることから長く楽しめるブランドの一つです。 日本の若者が好むデザインとカラーを組み合わせているネクタイは、流行にとらわれないオシャレを楽しめます。 どんなスーツや髪型にも合わせやすいネクタイは、身に着けていて心地よささえ感じさせてくれます。

ネクタイは小物も大事

ネクタイのお供はやっぱりネクタイピン。とても小さな装飾品ですが、ネクタイの柄と同じでピンの種類や色形で、その人のセンスが分かってしまいます。 また、ネクタイピンはシャツにネクタイを固定し形が崩れないようにする、作業をするときに邪魔にならないようにするなどの役割も担っています。 ネクタイの質や用途に応じて使い分けて、さりげないおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ネクタイの小物①タイクリップ

PiercingJ ステンレス製  ビジネス シンプル タイピン  ネクタイピン シルバー 4本セット  ギフトボックスを提供 (#8)
PiercingJ ステンレス製  ビジネス シンプル タイピン  ネクタイピン シルバー 4本セット  ギフトボックスを提供 (#8)

こちらは王道のクリップ型です。色んな柄や種類があります。こちらを持っていればひとまず安心ですが、クリップで挟むタイプの物なのでネクタイに多少の負荷がかかります。 またネクタイを定位置に固定するという役割だけでなく、デザイン性をアクセントにしたりネクタイに立体感を演出するなど、使い方によってはこなれ感を演出できる便利なアイテムです。

ネクタイの小物②タイバー

【ノーブランド 品】メンズ ネクタイクリップ ステンレス ネクタイバー クラスプ クランプピン 全2色 - ブラック, 155*70mm
【ノーブランド 品】メンズ ネクタイクリップ ステンレス ネクタイバー クラスプ クランプピン 全2色 - ブラック, 155*70mm

こちらはネクタイとシャツを一緒に挟むだけのタイプです。タイクリップとは違った、シンプルな見た目がスマートなネクタイピン。 バネを使わず、金属そのものの力で挟むように使用します。ニット・ウール生地など厚さのあるネクタイは控えることをおすすめします。 クリップみたいに余計な力がかからない分、生地にはとても優しいですが、クリップタイプよりも扱い方が難しくなっていきます。

ネクタイの小物③タイピン

Jovivi Mak【3本入り】男性ネクタイ シャツネクタイ 襟ピン/タイクリップ カラーピン カラーバー ピンホールピン 金属 ギフトバッグを提供 (シルバー)
Jovivi Mak【3本入り】男性ネクタイ シャツネクタイ 襟ピン/タイクリップ カラーピン カラーバー ピンホールピン 金属 ギフトバッグを提供 (シルバー)

本来はスカーフを留めるものとして使用されていたピンタイプですが、ネクタイを留める際にも使われることがあります。ただこちらを使用すると、ネクタイに穴が開いてしまいます。 ジャケットのボタンをしている場合としていない場合で位置を変えましょう。ボタンをしていて低い場所につけているとタイピンが見えません。 ジャケットのボタンをせず、シャツとネクタイが丸出しのときは、ネクタイの半分の長さよりも少し上あたりがバランスがよいです。

初回公開日:2018年02月03日

記載されている内容は2018年02月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング