IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ネクタイのバランスのいい長さと調整方法【簡単な結び方3選】

更新日:2019年05月17日

ビジネスファッション

ビジネスツールや男性のおしゃれアイテムとして長い間愛用され続けるネクタイ。でもちょっと待ってください。その結び方、本当にあなたに合った結び方ですか?この記事では基本的な結び方の種類、長いネクタイになってしまったときの対処法を教えます。

ネクタイの結び方パターン③【ネクタイを主役に】ウインザーノット

こちらはプレーンノットやダブルノットに比べて結び目がだいぶ大きいタイプになります。存在感を出したい時におすすめです。 また、エルドリッジノットやトリニティノットなど、ドレスコードに合わせた結び方は難易度が上がるので、簡単にネクタイの存在感を出したい方は、ウインザーノットでシンプルに勝負をしてみたらいかがでしょうか。

ネクタイの長さの調整方法

いざネクタイを結んでみたものの、大剣(ブレード)部分や小剣(スモールチップ)が長い、結び目のバランスが悪い、なんてことありませんか? 長い長いと結び直しているとあっという間に時間が過ぎて結局しっかり結べないまま電車に乗ることに。ここではそんなときに役立つ調整方法をご紹介します。

ネクタイの長さの調整方法①長いネクタイは結び方で調節

シルクのように生地が柔らかく薄いものにはダブルノット、麻のように生地が固く厚いものにはプレーンノット、長いものにはウインザーノット、というようにネクタイの特徴に応じて結び目を変えると長かったブレードがきっちりと収まってくれます。 後はネクタイを首に掛けたとき、どこにつなぎ目がくるかも大切な目安になります。 色んなネクタイをシーンによって使いこなせるととてもお洒落でカッコいいので、この機会にぜひネクタイの結び方を覚えてみたらいかがでしょうか。

ネクタイの長さの調整方法②パンツに突っ込む!

もし、思っていた以上にブレード部分が長い、なんてことになってしまったら思いきってスラックスやパンツの中に入れてしまいましょう。 長いネクタイになってしまっても、入れてしまえば分かりません。 夏はクールビズでネクタイ着用の会社はあまり見かけませんし、春、秋、冬はスーツやジャケット、カーディガンのボタンを閉めてしまえば見えませんし、何より一番早く楽な方法で、時間のないときにピッタリです。

ネクタイの長さの調整方法③忙しい朝に!ネクタイ裏の魔法

皆さんのお手元にあるネクタイの裏を見てください。ネームの下と、小剣通し(ループ)とスリップステッチの間にそれぞれ「かんぬき止め」という小さな縫い目があります。 そのかんぬき止めをいつも着ているシャツの第三ボタンと第四ボタンの間に持ってくるだけで、いつもは長いネクタイがちょうどいい長さで結べてしまいます。(このとき使用するかんぬき止めは、ループとスリップステッチに間にあるかんぬき止めです。)

これで長いネクタイともおさらば。本当に時間がないときや、急いでいるときはワンタッチ式のものに頼ってしまうのも手。ただこの場合、柄や結び目の大きさをあまり選べないので、自分の好みのネクタイを探すのが大変です。

ネクタイのおすすめブランド

ネクタイのおすすめブランド①ポール・スミス

初回公開日:2018年02月03日

記載されている内容は2018年02月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング