IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

お疲れ様とご苦労様の使い分け・お疲れ様の注意点|年齢/シーン

更新日:2020年08月07日

言葉の使い方

普段何気なく口にしている「お疲れ様」や「ご苦労様」などの言葉。実はちょっと使い方に不安があるという人もいるのではないでしょうか。ここでは、「お疲れ様」と「ご苦労様」の使い方や、注意点について紹介しています。職場での挨拶に自信をもちたいという方、要チェックです。

労をねぎらう二つの言葉

仕事中、廊下で誰かとすれ違ったときや、ランチで顔を合わせたとき、何と声をかけたらよいかわからなくなるという方もいるのではないでしょうか。 定番なのは「お疲れ様です」や「ご苦労様です」などの挨拶ですが、そもそもこの二つはどのように使えばよいのでしょう。それぞれの言葉の意味から確認していきます。

お疲れ様

お疲れ様とは、疲れているであろう人を敬い、気遣って述べる挨拶言葉です。 目上、対等、目下の区別なく、基本的には誰にでも使えます。ごくたまに、企業によっては「お疲れ様」という言葉が奨励されていなかったり、昔気質な会社の中にはあまりいい挨拶言葉として見なしていなかったりするところもあるので、自分の職場の社風をよく見極める必要があります。

ご苦労様

ご苦労様は、他人の骨折りを感謝する言葉で、主に挨拶語として用いられます。 一般的には目上から目下に対して言う言葉ではありますが、企業によっては社内の挨拶を「ご苦労様」に統一しているところもあり、そういった会社では立場に関係なくこの挨拶が採用されています。

お疲れ様とご苦労様の使い分け方とは?

一般的な挨拶

「お疲れ様です」は、社内で用いられる一般的な挨拶です。同僚や後輩はもちろんのこと、目上の人に対しても使えます。廊下ですれ違ったときや会議に向かう最中にばったり顔を合わせたときなど、基本的には気軽に使って差し支えない表現です。 ただし、あくまでも社内に限って使用するのが適当です。顧客や取引先などに対しては「お疲れ様です」よりも「お世話になっております」などと声をかける方が望ましいでしょう。 また、社内であっても、上司がこれから外出するときは「行ってらっしゃいませ」と言ったり、残業する人に対して先に帰る旨の挨拶を述べる際には「お先に失礼します」など、より適切な挨拶がはっきりしている場面では、「お疲れ様です」よりもその挨拶を優先するべきです。

目上の人が使う挨拶

「ご苦労様です」は、上司が部下に対して、または先輩が後輩に対して使う表現です。 「ご苦労様」とは、基本的には相手の労をねぎらう感謝の言葉ですが、一方で、他人の無駄な骨折りを嘲る意味もあります。そのため、対等の立場の者や目下の者に対して使う分には問題ありませんが、目上の人に用いるのは非礼にあたります。 すれ違いざまに上司から「ご苦労様」と声をかけられたからといって、反射的に「ご苦労様です」と返さないよう注意しましょう。目上の人に対しては、「お疲れ様です」と言うのが適当です。

目上の人に「お疲れ様です」と言ってもいいの?

すでに述べましたが、目上の人に「お疲れ様です」という挨拶をしても、基本的には失礼にあたりません。「ご苦労様です」という挨拶は避けるべきですが、「お疲れ様です」は特段無礼という捉え方はされないはずです。 しかし、どうしても自分の中でモヤモヤして気にかかってしまうという人は、時間帯や相手の状況によっては「お疲れ様です」と言うことを回避することができます。 たとえば、出勤してすぐや、朝礼が終わってすぐの場合、エレベーター前などで顔を合わせたら「おはようございます」と言うのもよいでしょうし、相手がお昼休憩に抜けるときであれば「行ってらっしゃい」でも自然な挨拶となります。あるいは、同じ部署内の人であれば、にこやかに丁寧な会釈をするだけでも、充分な挨拶になるはずです。 また、会社によって挨拶のしかたが統一されている場合や、研修時に社内での挨拶について言及があった場合には、それに従うのが一番です。

二つの言葉の使用例

ここからは、「お疲れ様です」と「ご苦労様です」の使い方について、例文を挙げながら説明していきます。

お疲れ様です

初回公開日:2018年02月05日

記載されている内容は2018年02月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング