IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「おもてなし」の意味と語源・サービスとの違い・流行語の経緯

言葉の意味

日本の尊い文化や性質を表す言葉として「おもてなし」という言葉があります。2013年にオリンピックのプレゼンで流行語になった経緯とともに、この言葉の意味や類語を説明いたします。使い方の注意点や、「サービス」との違いについても紹介しております。

更新日時:

「おもてなし」ってどういう意味?

流行語にもなった「おもてなし」という言葉をご存知でしょうか。 「寿司(Sushi)」や「津波(Tsunami)」など、世界的にも有名な日本語がたくさんある中、「おもてなし(Omotenashi)」も認知度が高まってきました。 この記事では「おもてなし」の意味や語源、類語や使い方について解説いたします。また、「おもてなし」が流行語になった経緯も合わせて紹介いたします。

「客への対応のしかた」という意味での「おもてなし」

「おもてなし」には、「心を込めて接待し、お客様を大切にする」という意味があります。接待の方法などはさまざまで、相手に喜びや幸福、満足感を与える行為が「おもてなし」に相当します。

「食事や茶菓のごちそう」という意味

「接待」の中には、「こちらの自慢の料理を食べてもらう」ことも含まれることがあります。「もてなす」という動詞にも「ご馳走する」という意味があります。 「おもてなし」は「客への対応の仕方」という、全体的で抽象的な意味もあれば、「ご馳走」という具体的な意味もあります。どちらの意味で使われているかはケース・バイ・ケースで、使われている場合に応じて判断する必要があります。

「おもてなし」の語源は?

そもそもの「おもてなし」の語源をご存知でしょうか。日本の主要都市を歩けばさまざまな言語が聞こえてきます。日本への海外旅行者が増えた今、外国人の多くは日本語に興味や関心を抱いております。 日本人だけではなく、海外旅行者にも使える雑学「おもてなしの語源」を紹介いたしましょう。

表裏がない

テレビで俳優をみて「この人カッコ良い」と思ったとき、その思った人の心の中には「カッコ良くない人」という少し残念なイメージがあります。 「今日も普通な日だった」と一日を終えて眠りにつく人は、「普通ではない」、極端な言い方をすれば「異常(大変)な日」というものを経験したことがあるのでしょう。 物事は、その多くが表裏一体です。表ではポジティブことがあっても、その裏ではネガティブなことが潜んでいます。誰かに何か良いことをするとき、もしくはされるときには、何かしらの「見返り」などの願望が隠れています。 「おもてなし」は、やましい気持ちや悪意のない「善意のみ」の素敵な行為です。裏もなければ「表もない」行為であることから「表なし」、さらに「おもてなし」となりました。

後づけの「深イイ話」だった

これが由来の一つと言われていますが、実はこのストーリーは後づけのものである可能性が高いです。 意味も合っていますし、内容も人情に満ち溢れた素晴らしいものなのですが、「正しい由来(語源)」とは言いにくいです。それでは、より正しい由来(語源)を説明いたします。

モノを持って成し遂げる

「おもてなし」という言葉を分解すると、「お」と「もてなし」に分かれます。「おもてなし」という言葉は「もてなし」に「お」をつけた丁寧語です。よって、意味はほとんど「もてなし」と同じ意味になります。 つまり「おもてなし」の由来は「もてなし」の由来と同じということになります。「もてなし」の動詞形は「もてなす(もて成す)」といい、「モノを持って成し遂げる」ことから語源がきています。

「モノ」って何?

語源の「モノ」というのは2種類あります。それは、目に見える物体と、目には見えないことです。 目に見えるものとは「食事」などのことです。目には見えないこととは「(言葉を代表とする)気遣い」などのことです。

「おもてなし」の類語は?

「おもてなし」という言葉にも類語があります。それでは、2つの類語を紹介いたしましょう。

待遇

一つ目の類語は「待遇(たいぐう)」です。この言葉には「人をもてなすこと」という意味があります。目の前にいらっしゃる方に対して精一杯満足感を与えようとする意志を感じることができる言葉です。 少し似た言葉で「優待」や「厚遇」、「優遇」といった言葉があります。どの言葉も「待遇」してくれるという意味に変わりはないのですが、これらの言葉には「他の人と比べてより良い待遇」というニュアンスが含まれています。 「知遇」という言葉になると「人格や能力が認められた上での待遇」という条件がつきますし、「礼遇」という言葉を使うとなると「国賓」だったり「貴族」だったりと身分も多少は考慮する必要があります。意味が少し追加されるということです。 「おもてなし」の精神としては、「待遇」という言葉がより適した類語といえます。

「遇」が多い理由は?

今紹介した熟語には「遇」という言葉が多く出てきました。 実は日本語で「遇する(ぐうする)」という言葉があり、それだけで「もてなす」という意味があります。「遇」そのものにも「もてなす」という意味があることから、「おもてなし」の類語となる熟語には「遇」が多く使われています。

饗応

二つ目の類語は「饗応」です。見慣れない漢字ですが「きょうおう」と読み、「供応」とも書くことができます。こちらの言葉は「酒や食事などを出してもてなす」という意味があります。

「饗す」という言葉、読めますか?

「饗」という漢字は、音読みでは「キョウ」と読みますが、訓読みでは「もてな(す)」と読みます。 「饗応」を簡単に言い換えると「おもてなしという方法をもって相手に応じる」という意味になります。

江戸時代での「おもてなし」

実は、江戸幕府が設けた役職に「饗応役」というものがあります。「饗応役」は天皇や上皇、女院から派遣されて江戸にやってきた使者を接待する役職です。まさに、江戸時代の「おもてなし」担当ということができます。 これだけで考えても、日本の「おもてなし」マインドは現代に至るまで、400年という長い歴史をもつということがわかります。時を超えて精錬されていく文化に、海外の方々が心惹かれるのも納得がいきます。

「おもてなし」と「サービス」の違いは?

「おもてなし」と「サービス」の違いは?

「おもてなし」と似た表現で「サービス」というものがあります。両者は意味が異なります。その違いを説明いたしましょう。

サービスは「対価」が発生する

サービス業ではお客さんと従業員の間に主従関係ができます。従業員はお客さんにさまざまな接客を行い、お客さんはその接客に対してお金を代表とする「対価」を支払います。 お客さんの方からすれば、対価を支払っているからには良い接客を受けるのが「当たり前」であり、不満であればクレームをいう場合も考えられます。

おもてなしは「相手を想う最上級の行為」を意味する

では、期待していた「サービス」以上の素晴らしい接待を受ければお客さんはどうなるでしょうか。対価を求めず、心身安らぐ気遣いを十分に考慮され、どこまでも満足感を追求されるとなると、そのお客さんは何度もお店に通いたくなるでしょう。 「おもてなし」というのはそういった行為です。大人気なお店では良質な「おもてなし」がみられることが多く、「マナー」はもちろんのこと、「サービス」以上の喜びが待っています。 簡単に言うと、「サービス」を究極に進化させた形が「おもてなし」となります。対価を明確に求める・求めないという意味でも分類ができます。

「おもてなし」の使い方と注意点

「おもてなし」の使い方と注意点

「おもてなし」の使い方について、注意点が一つあります。それは、この言葉は名詞なので、動詞のように扱ってはいけないという点です。 例えば、「遠くからいらした大好きなお客様をおもてなす」と使うのは誤りです。正しくは「遠くからいらした大好きなお客様をおもてなしする」となります。 「おもてなし」は動詞形で「おもてなしする」、願望であれば「おもてなししたい」、過去形であれば「おもてなしした」という風に使いましょう。

「おもてなし」が流行語になった経緯は?

「おもてなし」という言葉は、あるきっかけで流行語になりました。経緯を説明いたします。

オリンピック招致

2013年(平成25年)の9月7日、第125次IOC(国際オリンピック委員会)総会にて、2020年夏季オリンピックの開催地が決定されました。 立候補都市はトルコのイスタンブール、スペインのマドリード、そして日本の東京の三都市でした。 東京にオリンピックを招致すべく、総会が開催されたアルゼンチンのブエノスアイレスに、ある方がアンバサダーとして向かいました。

プレゼンターは滝川クリステル

それが滝川クリステルでした。その美貌と、アナウンサーで磨き上げられた話術に世界が虜となりました。 彼女は日本人とフランス人のハーフで、日本語だけでなくフランス語も流暢に話すことができます。フランス語はIOCの公用語ですので、いろんな意味で彼女は最適なプレゼンターでした。

あまりに美しいジェスチャー

今では伝説となっている「おもてなしプレゼン」では、印象深いジェスチャーが使われました。百聞は一見に如かず、ぜひ動画をご覧ください。

この日本文化は、世界トップクラス間違いなし

いかがだったでしょうか。「おもてなし」は日本が世界に誇ることができる物です。 「おもてなし」はむやみやたらと口には出さず、心に刻み、実行してください。そして、自然と行われる「おもてなし」によって、素晴らしい日本を世界に発信してください。

関連タグ

アクセスランキング