IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

空気が読めない人の特徴・付き合い方・克服法|聞き役に徹する

更新日:2020年11月11日

コミュニケーション

空気が読めない人はいませんか。とはいえ、頭ごなしに悪い人とレッテルを張ってしまうのはちょっと違うのです。空気が読めない人にはそれなりの背景があります。その背景を知ることで空気が読めない人とも円滑に過ごせます。是非一読ください。

空気が読めない人って?

皆さんの周りに一人は空気が読めない人が存在するでしょう。時として雰囲気を盛り上げる役割を担うこともあるでしょうが、デリカシーやエチケットの面からも不足していて周囲に受け入れられることは難しくなります。子どもであれば許される部分があっても、大人であれば疑問符がついてしまいます。 とはいえ、学校や職場で空気が読めない人と交わる機会もあります。学校も職場も共に過ごす仲間は自分では選ぶことができません。今回は空気が読めない人の特徴を挙げながら克服方法や付き合い方をご紹介します。

空気が読めない人の行動の特徴って?

次に、空気が読めない人の特徴をタイプ別にご紹介します。

周囲がみえていない

このタイプは、例えば学校や職場の新入生や新入社員の心理とも言えますので頭ごなしに空気が読めない人と判断することは良くありません。自分のことで精一杯だったり慣れない周囲の環境にうまく溶け込んでいない場合にもこのタイプに属しています。 しかしながら、周囲環境に十分慣れている筈なのに周囲が見えていない人は、自分のことだけを常に考えている人です。特にチームワークで仕事を進める部門であれば、スムーズに仕事が進みません。

強弁をふるう

強弁をふるうとは、自分の主張を押し通して譲らないタイプの人です。例えば、初対面でビジネスの商談をしているイメージを想像してください。お互いにまだどのような性格の人なのか、会社を代表して話をしていますので各々の会社が希望するスタンスも分かりません。 一般的な商談は相手の希望をヒアリングすることから始まります。その段階で商談成立となるケースは皆無です。相手が求めているものを伺ってまずは次の段階に進めることがセオリーです。しかし、自社の製品やサービスを延々とPRしては契約を迫るような強弁をしてしまう人も中にはいます。当然相手の希望や心情を理解することはできませんから、空気が読めない人になってしまいます。

冗談が通じない

空気が読めない人のタイプに意外にも多いのが、冗談が通じないタイプの人です。 コミュニケーションを円滑にするために、張りつめた雰囲気を和やかにしようと冗談を切り出す場合があります。仕事や勉強などは大過なくこなしてミスやトラブルが少ない人や真面目で几帳面な人が挙げられます。 冗談は気遣いの一環なのですが、すべて真に受けてしまったり自分のことを傷つけられたと勘違いをしてしまったと思い込んでしまった経験があると人の輪に入るのが苦手になってしまう傾向があります。

気が利かない

気が利かないことと空気が読めない人は表裏一体の関係になります。周囲をみることも冗談を交わすことも気遣いです。気が利かないタイプの人は意外と多くありませんか。人間関係はギブアンドテイクの世界です。自分一人では何もできません。

空気が読めない人の考え方の特徴って?

空気が読めない人の考え方の特徴をご紹介します。

常識外れ

空気が読めない人の問題点となるのが次に挙げる的外れとともに常識外れなタイプの人です。 人間関係を構築する上で必要な最低限のマナーや常識があります。もちろん、社内や校内の人だけではなく外部との接点の多い社会人は常識を弁えていることが重要です。常識を持ち合わせていないで空気が読めない人になってしまうと、信頼関係が構築することが困難になってしまいます。

初回公開日:2018年02月12日

記載されている内容は2018年02月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング