IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

英検の履歴書への正しい書き方と例・資格は何級から書くべきか

更新日:2020年08月14日

資格・検定

履歴書やエントリーシートの記入欄に資格について記入することも珍しくありません。英検は何級くらいから記載しても問題ないのかご存知でしょうか。英検を履歴書の記入する書き方・例文や、英検や各種資格の履歴書への上手に記入するポイントについて紹介します。

英検とTOEICの違い

英語技能試験の一つとして、英検があります。英語スキルを評価する試験は、英検以外にも海外で認定されているもの、国内で認定されてるものなど種類がたくさんあります。英検と同じく学生や社会人に注目されるTOEICについてご紹介しましょう。

履歴書を提出する先によっては評価がかわる

TOEICはアメリカの教育団体が行う試験の一つになります。英語を母国語としない人を対象に英語スキルを測定する手段として知られている試験になります。 英検とは違い、何級を取得したかということではなく、全員が同じ試験を受けた上で何点取れたかが評価のポイントになります。海外での仕事が多い企業や外資系などでは、TOEICを人材評価のポイントにしていることもあります。

その他の資格の正式名称と資格欄への書き方

履歴書で記入されることが多いものは語学だけではありません。他にも進学や就職などの履歴書で記入されることが多い資格について紹介します。漢字や数字に強いことを示す資格は立派なアピールポイントになります。

漢検

漢検は英検と比較すると、履歴書に書いてもメリットにならないという意見も多いです。しかし一般の検定資格と同じく2級以上の取得者であれば、就職活動でも記載すべきでしょう。漢字に強いという立派なアピールポイントになります。高校や大学受験でも評価対象になりますので、正式名称で実用漢字検定〇級と書くことをします。

数検

実用数学検定は最近注目されている資格の一つです。2級以上になると履歴書に書くこともですが、就職試験に行われる適正検査対策にも有用です。数的処理や柔軟な思考力を測定するSPI試験と類似する部分が、数検には少なくありません。中学・高校の学業だけではなく、社会人にも推奨の立派な資格と言えるでしょう。

身につけた資格を履歴書で正しくアピールしよう

今回は履歴書などに記入することが多い資格について紹介しました。英検や漢検などの資格は努力をして取得した証とも言えます。正しい書き方で履歴書に記載してアピールしてはいかがでしょうか。

初回公開日:2018年02月05日

記載されている内容は2018年02月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング