IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

英検の履歴書への正しい書き方と例・資格は何級から書くべきか

更新日:2020年08月14日

資格・検定

履歴書やエントリーシートの記入欄に資格について記入することも珍しくありません。英検は何級くらいから記載しても問題ないのかご存知でしょうか。英検を履歴書の記入する書き方・例文や、英検や各種資格の履歴書への上手に記入するポイントについて紹介します。

高校生

高校入試や大学受験などでは、英検は合格に影響することが少なくありません。推薦入試などの条件欄にも英検を取得していることで申し込み資格が与えられたり、点数が加点されたりすることがあります。受験などの特約には目を通しておくことをします。

英検の資格は何級から書くべきか

ご存知の方も多いですが、英検には5級から1級までグレードがあります。それでは全てのグレードを履歴書に記入しても問題ないのでしょうか。履歴書に英検の級を書く時のポイントについて紹介します。

2級

多くの検定資格に多いですが、社会人の履歴書では2級以上であることが望ましいです。英検も、その部類にある資格だと言えるでしょう。大学や高校などの受験でも大きなメリットになり、取得して損のない階級としてチャレンジする価値があります。

準2級

準2級は高校に通っている時に習う英語レベルを理解していることを、証明してくれます。一般的な就職活動で準二級を履歴書に書くことは珍しいですが、ある程度外国人のお客様がくるお店などのアルバイトやパートなどで効果が期待できます。英語が苦手な方が多い職場などでは注目される可能性もあり、ケースバイケースで書いてみることも選択肢の一つです。

3級

英検の3級は初めて面接が適用されるグレードになります。高校受験などの履歴書では、英語スキルを評価する大きなポイントになります。試験方式も改正されて、少し難易度もありましたが中学生などの注目が高いグレードと言えるでしょう。

4級

4級は中学2年生レベルの英語スキルを証明する資格になります。高校受験などで4級を履歴書に記入することも珍しくありません。中学生になると3級を取得する子も多いため、4級は3級を目指すための通過ポイントという認識が一般的です。

5級

英検5級は履歴書では目にすることが少ないグレードの一つです。簡単なあいさつやアルファベットなどを理解していると、比較的に問題なく取得できるレベルだという認識が強いです。5級をスタート地点として、級を上げるモチベーションの刺激こそ重要と言えるでしょう。

英検の資格はいつまで有効か

社会人で履歴書に英検のことを記入する方も少なくありません。英検はいつ取得されたかということにも注意が必要です。学生時代に取得された英検を、社会人になっても記入し続けて問題はないのでしょうか。英検資格の有効期限について紹介します。

学業における履歴書は2年以内を目安に

学生時代に取得した古い資格などを社会人になっても、履歴書に書くことは珍しくありません。むしろ、受験などの特定の条件を得て推薦入学などを受ける場合には注意が必要です。学業における検定などの資格記載を2年以内と定めている学校など関連施設は多いです。受験利用で資格記載をするのであれば、注意事項の確認が求められます。

初回公開日:2018年02月05日

記載されている内容は2018年02月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング