IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

英検の履歴書への正しい書き方と例・資格は何級から書くべきか

更新日:2020年08月14日

資格・検定

履歴書やエントリーシートの記入欄に資格について記入することも珍しくありません。英検は何級くらいから記載しても問題ないのかご存知でしょうか。英検を履歴書の記入する書き方・例文や、英検や各種資格の履歴書への上手に記入するポイントについて紹介します。

英検の履歴書への正しい書き方

履歴書やエントリーシートなどに資格を記載するポイントとして、「いつ」「どこ」で取得した資格であるかを明確にするべきでしょう。資格を認定した期間や団体においても正式名称で記載することが一般的です。略式の記載は重要な書類には不適切で、ではありません。英検を記載するときのポイントについて紹介します。

正式名称

履歴書やエントリーシートの記入ミスとして多いものが、英検という記載です。英検は略式な呼び方であり、正式名称は実用英語技能検定というものになります。書類などの資格欄にも、実用英語技能検定◯級という記載が適切です。他の資格でも正式な呼称であるか、確認しておくことをします。

認定機関

英検や漢検などの資格を履歴書に記載する時には、資格を有すると認定してくれた期間や組織の名称も正式名称で記載することが求められます。資格によっては国が発行するものや企業が発行するベンダー資格など複数あり、資格のクオリティを区別するためには必要です。

英検を認定する機関は、日本英語検定協会になります。日本英語検定協会 実用英語技能検定◯級取得などの記載が理想的です。

取得日

履歴書やエントリーシートなどに英検について書くのであれば、取得日に対する情報も重要です。技能が求められる用途での履歴書に書かれるべき情報は、現段階のスキルに関するものが望ましいです。書類に資格を書く場合には、だいぶ時間が経過しているものを避けた方が良い場合も珍しくありません。

英検の履歴書への書き方の例

英検など語学や特定の資格を履歴書に記入することで、能力をアピールすることができます。就職活動やアルバイトでも、能力を証明してくれる資格があることはポイントが高いと言えるでしょう。そのため状況に合わせた履歴書への正しい書き方を把握しておくことは、大切です。状況や目的に合わせて、英検の履歴書への書き方の例を紹介します。

就活

就職活動では語学に長けているということは、評価できる人材としてメリットになります。英語検定2級取得など、資格や備考記入欄に書いておくことがです。外資系の企業も日本に進出することが珍しくありません。積極的に書くべきでしょう。

アルバイト

塾のアルバイトなどでは、英検や漢検などの資格を書くことも採用に役立つことがあります。最近では資格に力を入れている保護者の方も多いです。英検を取得した経験者がいるということは、雇用の面でもメリットが期待できます。難易度が高く面接などを受ける3級や2級について履歴書で取得を強調すべきでしょう。

公務員

最近では公務員のお仕事でも、海外研修や姉妹都市などの仕事でコミュニケーションスキルに優れた人材を求めています。英検2級以上であれば、一定水準をこえるレベルとして判断されやすいです。公務員の採用試験でも英検2級取得などの記載は重要と言えるでしょう。

初回公開日:2018年02月05日

記載されている内容は2018年02月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング