IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

英検の履歴書への正しい書き方と例・資格は何級から書くべきか

資格・検定

履歴書やエントリーシートの記入欄に資格について記入することも珍しくありません。英検は何級くらいから記載しても問題ないのかご存知でしょうか。英検を履歴書の記入する書き方・例文や、英検や各種資格の履歴書への上手に記入するポイントについて紹介します。

更新日時:

英検の履歴書への正しい書き方

履歴書やエントリーシートなどに資格を記載するポイントとして、「いつ」「どこ」で取得した資格であるかを明確にするべきでしょう。資格を認定した期間や団体においても正式名称で記載することが一般的です。略式の記載は重要な書類には不適切で、おすすめではありません。英検を記載するときのポイントについて紹介します。

正式名称

履歴書やエントリーシートの記入ミスとして多いものが、英検という記載です。英検は略式な呼び方であり、正式名称は実用英語技能検定というものになります。書類などの資格欄にも、実用英語技能検定◯級という記載が適切です。他の資格でも正式な呼称であるか、確認しておくことをおすすめします。

認定機関

英検や漢検などの資格を履歴書に記載する時には、資格を有すると認定してくれた期間や組織の名称も正式名称で記載することが求められます。資格によっては国が発行するものや企業が発行するベンダー資格など複数あり、資格のクオリティを区別するためには必要です。

英検を認定する機関は、日本英語検定協会になります。日本英語検定協会 実用英語技能検定◯級取得などの記載が理想的です。

取得日

履歴書やエントリーシートなどに英検について書くのであれば、取得日に対する情報も重要です。技能が求められる用途での履歴書に書かれるべき情報は、現段階のスキルに関するものが望ましいです。書類に資格を書く場合には、だいぶ時間が経過しているものを避けた方が良い場合も珍しくありません。

英検の履歴書への書き方の例

英検など語学や特定の資格を履歴書に記入することで、能力をアピールすることができます。就職活動やアルバイトでも、能力を証明してくれる資格があることはポイントが高いと言えるでしょう。そのため状況に合わせた履歴書への正しい書き方を把握しておくことは、大切です。状況や目的に合わせて、英検の履歴書への書き方の例を紹介します。

就活

就職活動では語学に長けているということは、評価できる人材としてメリットになります。英語検定2級取得など、資格や備考記入欄に書いておくことがおすすめです。外資系の企業も日本に進出することが珍しくありません。積極的に書くべきでしょう。

アルバイト

塾のアルバイトなどでは、英検や漢検などの資格を書くことも採用に役立つことがあります。最近では資格に力を入れている保護者の方も多いです。英検を取得した経験者がいるということは、雇用の面でもメリットが期待できます。難易度が高く面接などを受ける3級や2級について履歴書で取得を強調すべきでしょう。

公務員

最近では公務員のお仕事でも、海外研修や姉妹都市などの仕事でコミュニケーションスキルに優れた人材を求めています。英検2級以上であれば、一定水準をこえるレベルとして判断されやすいです。公務員の採用試験でも英検2級取得などの記載は重要と言えるでしょう。

高校生

高校入試や大学受験などでは、英検は合格に影響することが少なくありません。推薦入試などの条件欄にも英検を取得していることで申し込み資格が与えられたり、点数が加点されたりすることがあります。受験などの特約には目を通しておくことをおすすめします。

英検の資格は何級から書くべきか

ご存知の方も多いですが、英検には5級から1級までグレードがあります。それでは全てのグレードを履歴書に記入しても問題ないのでしょうか。履歴書に英検の級を書く時のポイントについて紹介します。

2級

多くの検定資格に多いですが、社会人の履歴書では2級以上であることが望ましいです。英検も、その部類にある資格だと言えるでしょう。大学や高校などの受験でも大きなメリットになり、取得して損のない階級としてチャレンジする価値があります。

準2級

準2級は高校に通っている時に習う英語レベルを理解していることを、証明してくれます。一般的な就職活動で準二級を履歴書に書くことは珍しいですが、ある程度外国人のお客様がくるお店などのアルバイトやパートなどで効果が期待できます。英語が苦手な方が多い職場などでは注目される可能性もあり、ケースバイケースで書いてみることも選択肢の一つです。

3級

英検の3級は初めて面接が適用されるグレードになります。高校受験などの履歴書では、英語スキルを評価する大きなポイントになります。試験方式も改正されて、少し難易度もありましたが中学生などの注目が高いグレードと言えるでしょう。

4級

4級は中学2年生レベルの英語スキルを証明する資格になります。高校受験などで4級を履歴書に記入することも珍しくありません。中学生になると3級を取得する子も多いため、4級は3級を目指すための通過ポイントという認識が一般的です。

5級

英検5級は履歴書では目にすることが少ないグレードの一つです。簡単なあいさつやアルファベットなどを理解していると、比較的に問題なく取得できるレベルだという認識が強いです。5級をスタート地点として、級を上げるモチベーションの刺激こそ重要と言えるでしょう。

英検の資格はいつまで有効か

社会人で履歴書に英検のことを記入する方も少なくありません。英検はいつ取得されたかということにも注意が必要です。学生時代に取得された英検を、社会人になっても記入し続けて問題はないのでしょうか。英検資格の有効期限について紹介します。

学業における履歴書は2年以内を目安に

学生時代に取得した古い資格などを社会人になっても、履歴書に書くことは珍しくありません。むしろ、受験などの特定の条件を得て推薦入学などを受ける場合には注意が必要です。学業における検定などの資格記載を2年以内と定めている学校など関連施設は多いです。受験利用で資格記載をするのであれば、注意事項の確認が求められます。

英検とTOEICの違い

英語技能試験の一つとして、英検があります。英語スキルを評価する試験は、英検以外にも海外で認定されているもの、国内で認定されてるものなど種類がたくさんあります。英検と同じく学生や社会人に注目されるTOEICについてご紹介しましょう。

履歴書を提出する先によっては評価がかわる

TOEICはアメリカの教育団体が行う試験の一つになります。英語を母国語としない人を対象に英語スキルを測定する手段として知られている試験になります。 英検とは違い、何級を取得したかということではなく、全員が同じ試験を受けた上で何点取れたかが評価のポイントになります。海外での仕事が多い企業や外資系などでは、TOEICを人材評価のポイントにしていることもあります。

その他の資格の正式名称と資格欄への書き方

履歴書で記入されることが多いものは語学だけではありません。他にも進学や就職などの履歴書で記入されることが多い資格について紹介します。漢字や数字に強いことを示す資格は立派なアピールポイントになります。

漢検

漢検は英検と比較すると、履歴書に書いてもメリットにならないという意見も多いです。しかし一般の検定資格と同じく2級以上の取得者であれば、就職活動でも記載すべきでしょう。漢字に強いという立派なアピールポイントになります。高校や大学受験でも評価対象になりますので、正式名称で実用漢字検定〇級と書くことをおすすめします。

数検

実用数学検定は最近注目されている資格の一つです。2級以上になると履歴書に書くこともおすすめですが、就職試験に行われる適正検査対策にも有用です。数的処理や柔軟な思考力を測定するSPI試験と類似する部分が、数検には少なくありません。中学・高校の学業だけではなく、社会人にも推奨の立派な資格と言えるでしょう。

身につけた資格を履歴書で正しくアピールしよう

身につけた資格を履歴書で正しくアピールしよう

今回は履歴書などに記入することが多い資格について紹介しました。英検や漢検などの資格は努力をして取得した証とも言えます。正しい書き方で履歴書に記載してアピールしてはいかがでしょうか。

関連タグ

アクセスランキング