IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「お願い申し上げます」の使い方|重ねて/賜りますよう・メール

初回公開日:2018年02月10日

更新日:2018年02月10日

記載されている内容は2018年02月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の使い方

「お願い申し上げます」は、一般的に広く使用される表現です。「お願いします」よりも丁寧な表現という印象がありますが、実際の意味や使い方など、気になる点も多いのではないでしょうか。この記事では、「お願い申し上げます」の意味や使い方、例文をご紹介します。

「お願い申し上げます」とは何か?

日常生活やビジネスシーンでは、「お願い申し上げます」という言葉が頻繁に見られます。幅広く使用される表現ですが、実際にはどのような意味があるのでしょうか。意味や使い方、類語や敬語表現について、詳しく見ていきましょう。

「お願い申し上げます」の意味は?

「お願い申し上げます」は、「お願いします」と「申し上げる」という表現に分けて考えることができます。このうち、まずは「申し上げる」について考えてみましょう。 「申し上げる」は謙譲語となります。謙譲語は動作をした人ではなく、動作の相手(対象)を敬う敬語です。「お願い申し上げます」のように使う場合、「お願いします」という動作に「申し上げる」という謙譲語が加わっているので、「お願いする」という動作の相手に対する敬意を示します。 次に、「お願いします」について考えてみましょう。これは、「ます」という丁寧語が含まれています。丁寧語は話の相手を敬う敬語で、「ます」を付けることで相手を敬うことができます。 このように、「お願い申し上げます」は、「申し上げる」と「ます」の部分によって、相手を敬います。「お願いします」という丁寧な表現に加え、謙譲語の「申し上げる」があり、より強い敬意を示しています。

「申し上げる」の考え方とは?

「申し上げる」の意味は?

「お願い申し上げます」に含まれる「申し上げる」という言葉について、さらに詳しく見ていきましょう。「申し上げる」は「言う」の謙譲語になります。謙譲語は動作の相手(対象)を敬いますが、このことについて、具体的に考えてみましょう。 動作の対象を敬うということは、動作をした人ではなく、動作の相手を敬うことを意味します。「申し上げる」であれば、「言う」という動作をした人ではなく、「言う」という動作の対象、つまり言われた人を敬うことになります。 謙譲語はもともと自分をへりくだった表現となります。自分の動作を下位にあるものとして表現することで、結果として動作の対象を敬うことになります。「申し上げる」も、「言う」という自分の動作を下位にあるものとして示し、相手、つまり言われた人を敬うことになります。

「お願い申し上げます」の考え方とは?

「お願い申し上げます」という表現は、「お願い」を「申し上げます」となり、もともとの意味としては「お願い」を「言う」と考えることができます。しかし、「言う」だけでは相手を敬うことはできません。ここで「言う」を「申し上げる」という表現に変え、さらに「ます」という丁寧語も加えることによって、「お願い申し上げます」として相手を敬うことができます。 このように、「申し上げる」は「言う」の謙譲語となることが基本です。一方で、「お願い申し上げます」のような使い方は、「言う」と考えるよりも、「お願いします」に謙譲語の「申し上げる」を加え、謙譲表現としていると考えることもできます。しかし、いずれにせよ、「お願い申し上げます」は強い謙譲表現となります。

「ます」の意味は?

「お願い申し上げます」に含まれる「ます」について、さらに詳しく見ていきましょう。「ます」は丁寧語となりますが、丁寧語は話の聞き手や読み手を敬う表現です。つまり、話の相手を敬うことになります。 「です」や「ます」、「ございます」などが代表例な丁寧語となりますが、会話の中でこれらの言葉を使うケースを考えてみましょう。文末に「です」や「ます」を付けた表現は、話の相手に対して丁寧な印象を与えます。これは、話の相手に対する敬意を示すことを意味します。 「お願い申し上げます」という表現も、文末に「ます」があります。つまり、「申し上げる」という謙譲語に加えて、丁寧語の「ます」の部分でも、話の相手を敬うことができます。

「お願い申し上げます」は強い敬語表現となる

「お願い申し上げます」は、これだけで強い敬語表現になります。上で挙げたように、謙譲語の「申し上げる」と丁寧語の「ます」が含まれているからです。「お願い申し上げます」は、「お願いする」の敬語表現としてはもっとも強いと言えるでしょう。 また、「お願い申し上げます」と同じ意味を持つ敬語表現としては、「お願いいたします」などがあります。

「お願い申し上げます」の類語は?

「お願い申し上げます」の類語としては、「お願いします」「お願いいたします」が挙げられます。「お願いします」が基本の意味となり、「お願いいたします」や「お願い申し上げます」は、「お願いします」の謙譲表現となります。

「お願い申し上げます」の使い方の例文は?

次に、「お願い申し上げます」を使った例文を見てみましょう。「お願い申し上げます」の代表的な使い方は「よろしくお願い申し上げます」になりますが、他にもさまざまな場面で使用できる表現があります。

「お願い申し上げます」の基本的な例文は?

「お願い申し上げます」を使用した基本的な例文には、次のようなものがあります。 「よろしくお願い申し上げます。」 「引き続き、よろしくお願い申し上げます。」 「今後ともよろしくお願い申し上げます。」 「今年もよろしくお願い申し上げます。」 「何卒よろしくお願い申し上げます。」 「ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。」 「ご遠慮くださいますよう、お願い申し上げます。」 「お問い合わせくださいますよう、お願い申し上げます。」 「ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。」 「ご容赦くださいますよう、お願い申し上げます。」 「ご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。」 「お願い申し上げます」は、「よろしくお願い申し上げます」という表現でしばしば使用されます。また、「ご了承いただきますよう」や「ご理解いただきますよう」といった言葉とともに使う例も多く見られます。

「重ねてお願い申し上げます」の例文は?

「お願い申し上げます」には、「重ねてお願い申し上げます」という使い方があります。これは、要望を重ねて伝える際に使用する表現で、念入りにお願いをするようなケースで使用します。例えば、 「ご了承くださいますよう、重ねてお願い申し上げます。」 「ご遠慮くださいますよう、重ねてお願い申し上げます。」 「ご理解いただきますよう、重ねてお願い申し上げます。」 「何卒ご了承くださいますよう、重ねてお願い申し上げます。」 のような使い方があります。「重ねてお願い申し上げます」とは、同じ要望を繰り返しお願いすることを表しています。「重ねて」というのは、同じことを繰り返し行うことを意味しているので、「重ねてお願い申し上げます」という表現は、同じ要望を念入りにお願いしている状態を示しています。 また、非常に丁寧な表現となるため、4番目の例文のように「何卒」をつけて表現する使い方も見られます。

「賜りますようお願い申し上げます」とは?

「賜る」とは?

「お願い申し上げます」の使い方には、「賜りますようお願い申し上げます」という表現もあります。「賜りますよう」には、「賜る」という言葉が含まれていますが、まずは「賜る」の意味を考えてみましょう。 「賜る」は「もらう」の意味で、目上の人から何かをもらう際に使用されます。目下の人が物や恩恵を受ける場合で使用され、「もらう」という動作の相手、つまり何かを与える側の人を敬います。 つまり、「賜る」は、「もらう」の謙譲語になります。この場合、何かを与える人は目上の人となるので、「賜る」という謙譲語によって目上の人に敬意を示すことができます。 「賜る」は、「いただく」に置き換えて考えると意味がわかりやすくなります。「もらう」が基本の意味となり、その「もらう」における強い謙譲表現となることをおさえておきましょう。

「賜りますよう」とは?

「賜りますよう」の「ますよう」の部分を考えてみましょう。これは、「~してくださいますよう、お願い申し上げます」といった使い方で、相手にお願いをする表現となります。「賜りますようお願い申し上げます」も、相手にお願いをしている表現です。 「賜りますよう」は、「いただきますよう」や「くださいますよう」という意味で考えるとわかりやすいでしょう。例えば「ご理解賜りますよう、お願い申し上げます」であれば、「ご理解いただきますよう、お願い申し上げます」や「ご理解くださいますよう、お願い申し上げます」という意味になります。 「賜る」の基本の意味は「もらう」となります。上で挙げた「ご理解賜りますよう、お願い申し上げます」という表現を例に挙げると、「ご理解」を目上の人から「もらう」ということになります。この「もらう」を謙譲表現として「賜りますよう」に変え、目上の人に対して敬意を示しています。

「賜りますようお願い申し上げます」の例文は?

「賜りますようお願い申し上げます」の例文には、次のようなものがあります。 「ご愛用賜りますよう、お願い申し上げます。」 「ご愛顧賜りますよう、お願い申し上げます。」 「ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。」 「ご声援を賜りますよう、お願い申し上げます。」 「ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。」 「ご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。」 「変わらぬご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。」 「何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。」 「何卒ご理解とご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。」 「賜りますようお願い申し上げます」は非常に丁寧な表現となります。また、「何卒」を加えてさらに丁寧な印象を出すこともできます。

「よろしくご査収のほどお願い申し上げます」とは?

「査収」とは?

「お願い申し上げます」の使い方で、「よろしくご査収のほどお願い申し上げます」という表現があります。まずは「査収」の意味を考えてみましょう。 「査収」は、よく調べたうえで受け取るという意味があります。基本の意味は「受け取る」になりますが、ただ受け取るという意味ではありません。「査収」は書類や金銭、物品など、重要なものを受け取る場合で使用されます。これは、きちんと調べたうえで書類や金銭などを受け取るということを意味します。 また、「査収」は敬語ではありません。「受け取る」という動作をする人に対して敬意を示したい場合は、「ご査収ください」のような使い方をします。このように表現すれば、受け取る側の人を敬う使い方が多く見られます。

「ご査収のほど」とは?

「査収」は敬語ではありません。「査収」という動作をする人に敬意を示す場合は、「ご査収ください」のような使い方をします。このように表現すれば、受け取る側の人を敬うことができます。また、「ご査収のほど、よろしくお願いいたします」といった表現も、受け取る側の人に敬意を示した表現になります。 「ご査収のほど」という表現について考えてみましょう。「ご査収のほど、よろしくお願いいたします」という表現は、「査収」という動作をする人、つまり何かを受け取る側の人に対し、「受け取ってください」ということを丁寧に表現した言葉です。また、「査収」という言葉を使っているので、「きちんと調べたうえで受け取ってください」という意味になります。 そして、「ご査収のほど、よろしくお願いいたします」と同じ意味で、「ご査収のほど、よろしくお願い申し上げます」や「よろしくご査収のほどお願い申し上げます」という表現があります。

「よろしくご査収のほどお願い申し上げます」の例文は?

「よろしくご査収のほどお願い申し上げます」は、「ご査収のほど、よろしくお願い申し上げます」と同じ意味です。「ご査収のほど」の前に「よろしく」を入れる表現となり、「お願い申し上げます」を加えて丁寧な表現としています。また、「よろしくご査収のほどお願いいたします」とも同じ意味ですが、「お願い申し上げます」の方が丁寧な印象があります。例えば、 「資料をお送りいたしましたので、よろしくご査収のほどお願い申し上げます。」 「添付ファイルにて資料をお送りいたしました。よろしくご査収のほどお願い申し上げます。」 といった使い方が考えられます。いずれも「お願い申し上げます」を使用し、より丁寧な印象を与える表現になります。

メールでの「お願い申し上げます」の正しい使い方と例文は?

ここまで、「お願い申し上げます」の意味や使い方についてご紹介しました。次に、メールにおける「お願い申し上げます」の使い方や例文について、詳しく見ていきましょう。

メールでの「お願い申し上げます」の使い方は?

メールで「お願い申し上げます」を使用する場合、一般的には「よろしくお願い申し上げます」が多く見られます。これは、メールの文末に記載する結び言葉としても活用できるため、ビジネスメールでは特に「よろしくお願いいたします」や「よろしくお願い申し上げます」が使用されます。 一方で、メールにおける「お願い申し上げます」は文末表現だけではありません。「ご理解いただきますよう、お願い申し上げます」などは、文末だけでなく本文中でも使用される表現です。「お願い申し上げます」の使い方は非常に多いため、会話や電話でなくても、メールで何かを伝える際に「お願い申し上げます」が幅広く使用されています。 先ほど例に挙げた「お願い申し上げます」の例文は、ほとんどがメールでも使用されます。例えば、「資料をお送りいたしましたので、よろしくご査収のほどお願い申し上げます」などの例文は、メールで資料を送る際にも使用できます。

メールでの「お願い申し上げます」の例文は?

文末表現として使用する場合

文末表現として「お願い申し上げます」を使用する場合、次のような例文があります。基本的には「よろしくお願い申し上げます」の形で使用されます。 「よろしくお願い申し上げます。」 「何卒よろしくお願い申し上げます。」 「引き続き、よろしくお願い申し上げます。」 「今後ともよろしくお願い申し上げます。」 「今後ともご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。」 「今後ともお引き立てくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。」 「今後とも変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。」 メールの文末表現は、メール全体の印象に深く関係する部分です。そのため、より丁寧な表現が求められる場合、メールの文末表現の一つに「よろしくお願い申し上げます」を使用すると良いでしょう。

その他の例文は?

文末表現以外に「お願い申し上げます」を使用するケースは、先ほども見たように非常に多いと言えます。例えば、次のような例文はメールの本文中でも使用されます。 「ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。」 「ご理解いただきますよう、お願い申し上げます。」 「ご容赦くださいますよう、お願い申し上げます。」 「ご了承くださいますよう、重ねてお願い申し上げます。」 「資料をお送りいたしましたので、よろしくご査収のほどお願い申し上げます。」 「添付ファイルにて資料をお送りいたしました。よろしくご査収のほどお願い申し上げます。」 一方で、「よろしくご査収のほどお願い申し上げます」の場合、文末表現として使用される例もあります。これは「よろしく」の部分で、「よろしくお願い申し上げます」という意味も含まれ、文末表現としても使用できます。

年賀状での「お願い申し上げます」の正しい使い方と例文は?

年賀状での「お願い申し上げます」の使い方は?

年賀状で「お願い申し上げます」を使用する場合、基本的には「よろしくお願い申し上げます」という表現になります。また、「今年も」や「本年も」を合わせた表現で使用されます。例えば、「今年もよろしくお願い申し上げます」といった表現で使用されます。 年賀状の場合は、「今年もよろしくお願いいたします」などのように「お願いいたします」を使用する場合もあります。どちらの例も見られますが、「お願い申し上げます」にすると、さらに丁寧な印象や、改まった印象が強くなります。

年賀状での「お願い申し上げます」の例文は?

年賀状での「お願い申し上げます」の例文には、次のようなものがあります。 「今年もよろしくお願い申し上げます。」 「今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。」 「本年もよろしくお願い申し上げます。」 「本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。」 「どうぞよろしくお願い申し上げます」のように「どうぞ」を加えると、少しやわらかな印象を出すことができます。「お願い申し上げます」で丁寧な印象を出しつつ、親しみを込めて伝える場合に便利な表現と言えるでしょう。

「お願い申し上げます」と「お願いいたします」の違いと使い方は?

「お願い申し上げます」と「お願いいたします」の違いは?

「お願い申し上げます」と「お願いいたします」は、使い分けが難しい部分があります。「お願いいたします」の「いたします」は、「する」の謙譲語「いたす」に、丁寧語の「ます」が加わった表現です。つまり、「お願いいたします」も謙譲表現となり、「お願い申し上げます」と同様に、「お願いする」という動作の相手を敬います。 「お願い申し上げます」と「お願いいたします」は、お願いをする相手を敬うという点では同じです。「申し上げます」と「いたします」の部分が違いますが、これはお願いを「言う」か「する」かの違いとなるため、実際に使用する場面では大きな違いはありません。

「お願い申し上げます」と「お願いいたします」の使い分けは?

「お願い申し上げます」の方が、より丁寧な印象を与えることがあります。しかし、「お願いいたします」でも十分に丁寧な印象を与えることができるので、「お願い申し上げます」にしなければならないというわけではありません。 使い分けの一つとしては、「お願い申し上げます」を連続して使わずに、「お願いいたします」と合わせて使うという方法があります。例えば、「ご確認のほど、よろしくお願いいたします。それでは引き続き、よろしくお願い申し上げます」などの使い方をすると、「お願いいたします」と「お願い申し上げます」でバランスよく使うことができます。 これは、「お願い申し上げます」を続けて使うとくどい印象を与えるおそれがあり、その対処として「お願いいたします」を組み合わせるという方法です。「お願い申し上げます」を続けて表現できるかどうかについては、詳しくは後述します。

「お願い申し上げます」と「お願いします」の違いと使い方は?

「お願い申し上げます」も「お願いします」も、意味としては「お願いする」ということになりますが、敬語表現や使い方の場面において違いが見られます。 「お願いします」は、「お願いする」を丁寧にした表現です。「ます」の部分が丁寧語となり、話の相手を敬うことができます。しかし、「お願い申し上げます」のように謙譲表現が含まれているわけではありません。 丁寧語は話の相手に対する敬意を示すため、「お願いします」だけでも相手に丁寧な印象を与えます。しかし、相手に対してさらに丁寧な印象を与えたい場合、さらに敬意を示したい場合には、「お願い申し上げます」や「お願いいたします」を使用することになります。特にビジネスシーンでは、「お願い申し上げます」や「お願いいたします」の使用が一般的です。

「お願い申し上げます」を2回続けてよいか?

「お願い申し上げます」が続く例とは?

「お願い申し上げます」という表現は丁寧な印象を出すことができますが、続けて使用すると、若干くどい印象があります。 例えば、メールの本文で「ご了承くださいますよう、お願い申し上げます」としたうえで、その後に文末表現として「引き続き、よろしくお願い申し上げます」を使うなどの例があります。こうすると、「お願い申し上げます」が2回続くことになります。 「お願い申し上げます」が続く例は、メールでしばしば見られます。上で挙げた例のように、何かを「お願い申し上げます」としたうえで、文末表現として「よろしくお願い申し上げます」を続けるなど、文末表現が必要なメールならではの問題点と言えます。

「お願い申し上げます」を2回続けてよいのか?

「お願い申し上げます」を続けることが必ずしも間違いというわけではありません。ただ、何回も「お願い申し上げます」を使用するとくどい印象があるため、避けた方が好ましいです。また、同じような表現の繰り返しは、かえってまとまりのない印象を与えます。メール全体としても違和感があるので、何回も使用しないようにしましょう。 2回だけ続ける例も、場合によってはくどい印象になります。そのため、「ご了承くださいますよう、お願い申し上げます」としたうえで、その後に「引き続き、よろしくお願いいたします」で締めるなど、「お願い申し上げます」と「お願いいたします」に使い分ける方法が有効です。 メール全体で「お願い申し上げます」の使用が2回だけだとしても、それが続いて使用されているのであれば、片方を「お願いいたします」に変えるなどの対処が重要になります。メール全体の中で違和感がない表現を意識してみましょう。

代表的な使い方をもとにイメージをつかもう!

今回は、「お願い申し上げます」の意味や使い方、例文についてご紹介しました。「お願い申し上げます」は「よろしくお願い申し上げます」をはじめ、さまざまな使い方があります。特にビジネスシーンで重要になる表現です。 また、くどい印象をなくすために「お願いいたします」と使い分けるなど、使い方において多くのポイントがあります。まずは「お願い申し上げます」の代表的な使い方をおさえ、使用する場面のイメージをつかんでおきましょう。 ビジネスシーンでは、その場に適した敬語を使うことが必須です。「お願い申し上げます」の意味や使い方、例文をおさえ、適切な場面で「お願い申し上げます」を使うことができるように、ぜひ活かしてみてください。

関連タグ

アクセスランキング