IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「ですので」の意味と正し使い方|敬語/文頭/履歴書

更新日:2020年11月19日

敬語

普段「ですので」という言葉を使いますか?「ですので」は日常生活ではあまり使わない言葉でしょうが、ビジネスシーンではよく使われる言葉で、使い方を間違えやすい言葉の一つではないでしょうか。今回、「ですので」の意味や使い方を例文を交えてご紹介いたします。

「ですので」とういう表現は、先に述べたように口語表現ですから、書き言葉として使うのはNGです。ですから、ビジネスシーンなどでのメールでは、「ですので」は使いません。とくに目上の方であったらなおさらです。友人同士のメールなら例外ですが、ビジネスメールでは「ですので」という表現は避けましょう。 ビジネスメールでは、表現は少しかしこまったくらいがいいでしょう。口語表現では、かしこまった雰囲気はでませんので、文語表現に直して、相手にいい印象を持ってもらいましょう。「ですので」でしたら、「ですから」「したがって」「そのため」などに言い換えるのがいいでしょう。 例文: 商品の発送は明日ですから、しばらくお待ちください。 本日は休業日ですから、次の営業日までお待ちください。

文頭に「ですので」は使える?

最初に述べたように、「ですので」は文頭に使うのは文法的に間違いです。なぜなら、「ですので」の「です」は助動詞です。助動詞は”動詞を助ける”と書くことからもわかりますが、ほかの言葉について意味を補足する言葉ですから、単独で使うことはありません。次の例文のように、文中に使いましょう。 例文: 明日は雨です。ですので、遠足にはいけません。→× 明日は雨ですので、遠足にはいけません。→〇

「ですので」は話し言葉か書き言葉か?

「ですので」は話し言葉です

「ですので」は話し言葉です。生活の中にも「ですので」と耳にする場面は多くあるでしょう。では、なぜ「ですので」は話し言葉なのでしょうか? それは、「ですので」が「なので」の丁寧語だからです。つまり「ですので」は「なので」と同じように使われます。

「なので」も話し言葉です

それでは、「なので」という言葉は話し言葉なのでしょうか?書き言葉なのでしょう?「なので」は話し言葉です。「なので」を使った文章を聞くと、どこかカジュアルで軽い印象を持つのではないでしょうか。 例えば、「娘が生まれたばかりなので、まだ仕事復帰はできません。」という文章だったら、どうでしょう。一見、丁寧な文章にみえますが、口にだしてみると、やはりフランクな表現だということがわかるでしょう。日常会話でしたら、まったく問題ありませんが、ビジネスシーンやフォーマルな場所では使えません。

文書には「ですので」は使いません

ビジネスシーンでは会話であっても、「なので」という言葉を使うと、常識がないと思われたり、さらには幼稚なイメージを持たれてしまう危険性があるので、「なので」は使いません。「なので」を使う場合は「ですので」を使いましょう。 さらに、文書となると「なので」は絶対に使いません。「ですので」も文書には使われません。「したがって」などの言葉に書き換えることが必要です。

「ですので」と「ですから」の使い方の違い

「ですので」と「ですから」の違いをわかりやすく表にしてみました。

基本となる形丁寧語
なのでですので
だからですから

「なので」と「だから」の違いは?

それでは、まず基本となる形の「なので」と「だから」について説明します。

「なので」は連語

次のページ:「ですので」は話し言葉です!
初回公開日:2018年02月23日

記載されている内容は2018年02月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング