IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

コンセプトシートの作り方・書き方の例

更新日:2018年02月05日

書き方・例文

コンセプトシートは自分の頭の中に浮かんでいる考えを纏める事ができる物で、かなり重要になってきます。特に仕事で大事な打ち合わせをする際にはコンセプトシートがあるかどうかで非常に違ってきて、どれだけ上手くできるかにも関わってきます。

コンセプトシートとは

最近では多くの企業の中でコンセプトシートと呼ばれる物が流行っていて、実際に活用されています。その理由としては大事な打ち合わせの時などにコンセプトシートがあれば自分が言いたい事を簡単に纏められて、相手に充分に伝える事ができるからです。よってコンセプトシートは社会人にとって重要な物になってきて、必要不可欠な存在に成り得ます。 しかしながら正しい使い方を知っていなければ、上手く使いこなせないため事前に理解しておきましょう。前もってどれだけ頭の中に正しい使い方を詰め込めているかで大事な打ち合わせの時などでの集中力も違ってくるので、積極的に行動していくと良いでしょう。よってコンセプトシートを使用したければ、まずは正しい使い方を知る所から始めれば良いです。

意味

コンセプトシートを使いこなしたい人は、まずコンセプトシート自体がどういう意味を持っているかを理解する方が良いです。それは意味も分からずに使っているとコンセプトシートを何のために活用しているかが不透明になってしまい、仕事での大事な打ち合わせにも支障をきたしてしまう可能性があるためです。 コンセプトシートの意味は、自分自身が頭で考えている物を書き出す事で、相手により伝えやすくする事です。なぜなら自分の中だけに留めている考えは相手に発信しようとしても上手く表現できない場合がありますが、コンセプトシートを使えば文字として見る事ができて、相手に対しての伝え方にも幅が出るからです。

コンセプトシートの役割

コンセプトシートの役割は、自分が頭の中で考えている事を文字として表現できる部分です。実際に文字で考えを表現する事で、また新たな考えや発想が生まれる可能性があり、非常に良い影響を与えてくれます。だから何かしらの考えが頭の中に浮かんだならば、コンセプトシートに書いてみると良いです。

コンセプトシートの作り方と書き方の例

コンセプトシートを使いたい際には、作り方と書き方の例を見ておくと適当です。何もわからない状態でコンセプトシートを使ったとしても上手くいく事はあまりなく、実際の打ち合わせの際にも自分の言いたい事を中々伝えられなくなってしまうためです。したがって、初めに作り方と書き方を把握する所に、重点を置くようにすると良いです。 実際に作り方と書き方をどれだけ知っているかでコンセプトシートの完成具合も違ってくるため、積極的に頭の中に入れておく事が大事になってきます。それがこれからの仕事で非常に役立ってくる事は確実で、もし大事な打ち合わせを任せられたとしても大丈夫になります。したがってコンセプトシートの作り方と書き方を特に重視しておきましょう。

作り方

コンセプトシートの作り方としては、どういう形式にするかを決める所から始めると良いです。なぜならそれぞれの仕事で実際に行う内容が違っているため、それに合わせてコンセプトシートの形状も変える方が良いためです。 そして次に記載事項の欄は7つにしておく事が大事になっています。7つの理由としては「いつ、どこで、なぜ、何を、誰に、いくらで、どのように」の情報があれば大丈夫だからです。自分だけが理解するのではなく、相手にも充分に伝わるため記載事項を7つにする事は非常に適当とされています。

書き方

コンセプトシートの書き方に関しては、自分自身の頭の中で考えている事をひとまず全て書き出すようにして、そこから要点を抽出していく方法を取ると良いです。その理由としては初めに頭の中を整理しなければ何が本当に言いたい事であるかを絞り込めず、中々考えが纏まらなくなるためです。 実際に相手に上手く自分が考えている事を伝えたければ頭の中の整理が大事になってくるため、コンセプトシートを活用する事がかなり重要視されてきます。コンセプトシートの活用は自分だけではなく、自分の考えを聞く相手にも良い影響をもたらすため双方にとって無ければいけない物になりつつあります。

用途別のコンセプトシートの例

初回公開日:2018年02月05日

記載されている内容は2018年02月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング