IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

印刷オペレーターの概要|仕事内容/平均年収/休み・志望動機の例文

職種研究

印刷オペレーターは、指示書に記載された内容をもとに、紙の種類や刷色、数量などを確認して、納期に間に合うように印刷をするお仕事です。今回は印刷オペレーターの概要、志望動機の例文、必要なスキルや資格について紹介していきます。

更新日時:

”印刷オペレーター”ってどんな仕事?

印刷オペレーターの概要|仕事内容/平均年収/休み・志望動機の例文

”印刷オペレーター”の仕事ってどんな仕事? ”印刷業界”ってどんな業界? あまり身近では耳にしない印刷オペレーターのお仕事についてご紹介します

印刷業界ってどんなとこ?

印刷技術の始まりは7世紀初めの中国。とっても長い歴史をもつ業界です。 なんて聞くと、印刷業界はあまり身近ではないと考えていませんか? 印刷業は、普段手にする商品のパッケージや書籍、パンフレットなどを手掛ける、現代においてなくてはならない業界です。教育・学校業界やイベント、マーケティングの分野などにも大きくかかわります。街なかで見かけるようなポスターや食べ物のパッケージ、パンフレットなどはちょっとした色の変化が人々を魅了できるデザインかどうかを決めるといっても過言ではないのではないでしょうか。印刷業はそういったデザインをいかに「魅せる」のかということに非常にかかわる業界です。

印刷業界を支える技術者

商品のパッケージなどには、複数人で作業するような巨大な印刷機が用いられます。そんな巨大な印刷機を使い思い描いたとおりのデザインを印刷するには、適切なインクの量・割合、印刷材質など専門的な知識や経験が必要です。品質の管理をはじめ、工場の生産性にも関わります。印刷機器の点検、コスト管理を任される場合もあります。 印刷オペレーターは別名「印刷技術師」とも呼ばれています。カタログなどの商業印刷物は、印刷の仕上がりが買い手に与える印象、ひいてはその商品の売り上げにつながります。

印刷オペレーターの需要って?

最近の印刷機器、印刷技術の発展の度合は目覚ましいものです。それにともなって、求められる専門的な知識量や、印刷オペレーターとしての需要も増えていくでしょう。 印刷オペレーターの仕事を始めるにあたって特別な資格は必要ではありませんが、国家資格の「印刷技能士」の資格や公益社団法人日本印刷技術協会によるDTPエキスパートの認定資格などもありキャリアアップも望めます。 IT化にともなって、パソコンのデータから出力して印刷するのが主な方法です。パソコンのソフトを扱える能力があるのなら印刷オペレーターとしてさらに活躍することができます。

どんな人が向いてるの?

インクの量の調節や材質の感じなど繊細な作業が求められます。細かい作業が好きな人や綿密な作業をしたい人が向いているといえるでしょう。縁の下の力持ち的な役割なので、堅実な性格が向いています。 また、生産性の向上が求められる場合もあるので、集中力があることも大切です。

印刷オペレーターの年収・休みって?

月給はで17,8万~30万程度。平均年収は約450万円で、大規模な会社ほど年収は高い傾向にあります。未経験の場合、印刷機に用紙をセットしたり、印刷物を運んだり補助的な仕事から始めていきます。経験を積んでいくことによって、年収がアップが期待できるお仕事と言えるでしょう。 印刷オペレーターの休みは、工場の営業時間によって土日休みのところも多いです。

離職率

総務省によると、平成26年のパルプ、紙・紙加工品製造、印刷・同関連業の離職率は新規大卒就職者が28.5%、新規高校卒業者は25.8%、新規短大等卒業者は29.5%です。

印刷オペレーターの志望動機

印刷オペレーターは未経験から始められる仕事です。経験を積んで、キャリアアップを目指しましょう。 志望動機の具体的な例としては以下のようなものがあります。 印刷オペレーターの志望動機の例 ・多くの他分野になくてはならない印刷業に関わりたい ・素晴らしい印刷物をつくって、IT化の時代だからこそわかる「紙の良さ」を世の中に伝える仕事に関わりたい            また、「これからを資格とってキャリアアップを考えている」といった印刷オペレーターとしての将来設計を含めたことなども会社側に伝えることができればよい印象を与えられます。

未経験の場合の志望動機

最初の仕事は力仕事が多いです。印刷オペレーターに仕事に対するやる気や意欲をアピールするのに加えて、体力などもアピールポイントに加えましょう。 また、印刷会社ではいつも同じメンバーで仕事をするので、協調性なども大切です。コスト管理などにも興味があることを伝えれば経営陣に対するアピールポイントにもなるでしょう。

新卒の場合の志望動機

印刷オペレーターの仕事に活かせる分野としては、デザインの分野や機械系の分野があります。そういった分野を専攻していたなら、その経験を活かして印刷オペレーターの仕事をしたい旨を伝えましょう。 印刷業界はマスメディアや出版業界、販売や教育の分野など他の業界・分野にとってなくてはならない存在といえます。たとえ、それ以外の分野を専攻していた場合であっても、他分野から見た印刷業界や印刷オペレーターの仕事の需要や魅力、将来などを会社側に伝えることができれば新たな人材としての注目も集まるのではないでしょうか。

印刷オペレーターに必要なスキル

先ほど記したとおり、仕事を始めるにあたって特別なスキルや資格はありません。簡単な仕事から初めて、キャリアアップを目指しましょう。 専門学校・大学で、デザインや機械工学などを学んだ経験も印刷オペレーターの仕事に活かせます。 実力重視の業界ですが、資格を取得することで積み上げた確固たる印刷オペレーターの経験・技術を客観的に示すことができます。どの資格もそれまでの経験を活かすものばかりです。印刷オペレーターとしてのキャリアアップを目指してとれる資格は以下のようなものがあります。

国家資格の"印刷技能士"

未経験から印刷オペレーターの仕事をはじめて国家資格を取得することができます。印刷技能士の資格は1級と2級にわかれていて、学科試験と技能試験があります。受験できる資格は2級が実務経験2年以上、1級は7年以上の実務経験、または2級合格後2年以上の実務経験が必要です。厚生労働省が主催していて、指定の試験場で受験することができます。 職業能力開発促進法のより、印刷技能士を名乗るためには印刷技能資格を保有していることが必要だと定められています。

DTP検定

DTPとはDeskTop Publishingの頭文字から来ています。日本語では、「卓上出版」などと訳されます。何をする仕事かというと、パソコン上のデータから実際に印刷物を作り出す仕事です。 求人情報には「DTPデザイナー」と「DTPオペレーター」の2種類の表記が見られます。DTPデザイナーは文字通り、レイアウトを作成しパソコンのDTP用のソフトを用いてデザインするお仕事です。一方、DTPオペレーターは作成されたパソコン上のデータを修正・加工して印刷するためのデータを作成するお仕事です。 DTPオペレーターの方がデザインセンスを求められる割合は少ないですが、実際は二つの仕事を一括して1人で担うこともあります。デザインに興味がある・デザインの分野での経験を生かしたいのなら、ぜひともチェックしておきたい資格です。

DTPエキスパート

DTP検定とよく似た名前ですが、こちらはDTP検定よりも基礎的な知識が問われます。また、DTPの知識に加えて、製版印刷の基礎知識にも重点が置かれています。合格者は2万人を超え、その歴史も長いです。 公益社団法人 日本印刷技術協会(JAGAT)による認定が受けられます。全国各地で年に2回開催されています。

製版技能士

おもに、パソコンに入力されたデータから印刷機器の調節をする技術をはかる検定です。1級と2級にわかれていて、受験資格は印刷技能士の条件と同じです。印刷技術士と同様、厚生労働省が主催しており、製版技能士を名乗るためには試験に合格することが求められます。印刷オペレーターの経験を活かして取得することのできる資格です。

あなたも印刷オペレーターとして活躍してみませんか?

IT化が進む現在だからこそ、手に取れる紙の良さが再認識されつつあります。新しい印刷技術も年々増えてきて、印刷業界の需要も増えていくでしょう。それに加えて、印刷業界は他の分野・業界と密接な関係にあります。    印刷業界では常に新しい人材が求められています。魅力にあふれている印刷業界を支える立役者の「印刷オペレーター」として活躍してみませんか?

アクセスランキング