IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

印刷オペレーターの概要|仕事内容/平均年収/休み・志望動機の例文

初回公開日:2018年02月21日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2018年02月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

職種研究

印刷オペレーターは、指示書に記載された内容をもとに、紙の種類や刷色、数量などを確認して、納期に間に合うように印刷をするお仕事です。今回は印刷オペレーターの概要、志望動機の例文、必要なスキルや資格について紹介していきます。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

”印刷オペレーター”ってどんな仕事?

”印刷オペレーター”の仕事ってどんな仕事? ”印刷業界”ってどんな業界? あまり身近では耳にしない印刷オペレーターのお仕事についてご紹介します

印刷業界ってどんなとこ?

印刷技術の始まりは7世紀初めの中国。とっても長い歴史をもつ業界です。 なんて聞くと、印刷業界はあまり身近ではないと考えていませんか? 印刷業は、普段手にする商品のパッケージや書籍、パンフレットなどを手掛ける、現代においてなくてはならない業界です。教育・学校業界やイベント、マーケティングの分野などにも大きくかかわります。街なかで見かけるようなポスターや食べ物のパッケージ、パンフレットなどはちょっとした色の変化が人々を魅了できるデザインかどうかを決めるといっても過言ではないのではないでしょうか。印刷業はそういったデザインをいかに「魅せる」のかということに非常にかかわる業界です。

印刷業界を支える技術者

商品のパッケージなどには、複数人で作業するような巨大な印刷機が用いられます。そんな巨大な印刷機を使い思い描いたとおりのデザインを印刷するには、適切なインクの量・割合、印刷材質など専門的な知識や経験が必要です。品質の管理をはじめ、工場の生産性にも関わります。印刷機器の点検、コスト管理を任される場合もあります。 印刷オペレーターは別名「印刷技術師」とも呼ばれています。カタログなどの商業印刷物は、印刷の仕上がりが買い手に与える印象、ひいてはその商品の売り上げにつながります。

印刷オペレーターの需要って?

最近の印刷機器、印刷技術の発展の度合は目覚ましいものです。それにともなって、求められる専門的な知識量や、印刷オペレーターとしての需要も増えていくでしょう。 印刷オペレーターの仕事を始めるにあたって特別な資格は必要ではありませんが、国家資格の「印刷技能士」の資格や公益社団法人日本印刷技術協会によるDTPエキスパートの認定資格などもありキャリアアップも望めます。 IT化にともなって、パソコンのデータから出力して印刷するのが主な方法です。パソコンのソフトを扱える能力があるのなら印刷オペレーターとしてさらに活躍することができます。

どんな人が向いてるの?

インクの量の調節や材質の感じなど繊細な作業が求められます。細かい作業が好きな人や綿密な作業をしたい人が向いているといえるでしょう。縁の下の力持ち的な役割なので、堅実な性格が向いています。 また、生産性の向上が求められる場合もあるので、集中力があることも大切です。

関連タグ

アクセスランキング