IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就職に有利な資格|一覧/ランキング・女性・理系/文系

資格・検定

現代社会において、就職活動には資格を持っている事で有利に就職が進むことが多くなっています。そのために経歴や職種に最適な資格をご紹介していきます。その中で就職活動をスムーズに行うために、就職に有利な資格を取得するための参考にしてみてください。

更新日時:

就職に有利な資格

就職に有利な資格

現代社会において、就職には資格を持っている事で有利な世の中になってきています。そんな就職に有利な資格をランキングにし、理系や文系や主婦などに合っている資格をご紹介していきます。 そして、自分の就職に合った資格を取るための参考にしてください。それでは、就職に有利な資格の一覧とランキングから見ていきましょう。

就職に有利な資格一覧

就職に有利な資格は以下のとおりです。 ・宅地建物取引士 ・社会保険労務士 ・行政書士 ・保育士 ・登録販売者 上記の就職に有利な資格の一覧をランキングTOP5にしてご紹介していきますので、就職するための参考にしてみてください。

就職に有利な資格ランキングTOP5

就職に有利な資格ランキングTOP5

ここでは、就職に有利な資格をランキングTOP5形式でご紹介していきます。ランキングを参考に就職に有利な資格を選び、しっかりとした対策を取って資格を取りましょう。それでは、まず初めに就職に有利な資格5位から見ていきましょう。

5位 「登録販売者」

「登録販売者」は、2009年から医薬品を販売するために施工された法律の元に認定された専門家のことで、今まで薬剤師だけしか許されなかった一般向けの医薬品の販売の一部分のみを販売することが許される資格の事を「登録販売者」といいます。 この「登録販売者」という資格は、医薬品の販売をするための就職に有利な資格と言えるでしょう。次は、就職に有利な資格4位の「保育士」を見ていきましょう。

4位 「保育士」

「保育士」は、「保母」さんと呼ばれて親しまれてきましたが、平成11年に児童福祉法の改正が行われ、「保育士」と呼ばれるようになり平成15年に国家資格になりました。現在の「保育士」は、資格取得後に都道府県の「保育士登録簿」に登録をすることが必要とされています。 そして、地域ごとの子育て支援の専門家としての役割に期待がされています。子供が好きな人には、就職に有利な資格といえるでしょう。次は、就職に有利な資格3位の「行政書士」について見ていきましょう。

3位 「行政書士」

「行政書士」は、法律の専門家として国と国民をつなぐための国家資格です。そして、資格の中でも「業務独占資格」と呼ばれていて、資格を取らなくてはできない業務を行うことがゆるされています。法律の専門家として「行政書士」は就職に有利な資格といえるでしょう。次は、就職に有利な資格2位を見ていきましょう。

2位 「社会保険労務士」

「社会保険労務士」は、社会保険に関する法律を元に、事業の発達と労働者の福祉を向上させることを目的とした業務を行う国家資格です。そして、「社会保険労務士」の資格は、年金の相談や社会保険に関する問題を解決してくれますので、国民を助けるために就職に有利な資格といえるでしょう。最後は、就職に有利な資格1位をご覧ください。

1位 「宅地建物取引士」

就職に有利な資格1位は、不動産を売り買いをしたり賃貸を仲介するのに必要な「宅地建物取引士」です。不動産を取り扱うのに必要な「宅地建物取引士」は、資格でも知名度が高く法律の知識を元に的確なアドバイスを与えてくれます。そんな「宅地建物取引士」は就職に有利な資格としてとても人気の高い資格になっています。

求職者の経歴別の就職に有利な資格の例

求職者の経歴別の就職に有利な資格の例

ここでは、就職に有利な資格をとるために求職者自身の経歴ごとに適切な資格を例にあげてご紹介していきます。そして、自分の経歴にあった就職に有利な資格を取得していきましょう。それでは理系に有利な資格から見ていきましょう。

理系が有利な資格「弁理士」

理系を専攻した人にとって就職に有利な資格を探してみると、「弁理士」が就職に有利なことが分かります。その理由あげてみると「弁理士」の資格試験の合格者は、理系が82.4%と格段に多い合格率を示しています。そして、理系資格の取得で試験科目の免除制度があるのも魅力の一つと言えるでしょう。 また、「弁理士」は特許権や商標権などの知的財産権取得するために当事者の代理で手続きを行うことが仕事で、知的財産権の相談を受けたりするコンサルティングも仕事の一つになっていますので、理系の就職に有利な資格を探している人におすすめの資格になっています。

文系に有利な資格「社会保険労務士」

文系の就職の場合、自分が学んできた内容の仕事が就職先と一致していなくてもよく入社してから教育をしてもらうため就職の幅は広がります。 そこでおすすめの資格が「社会保険労務士」専攻している学部の学習内容と、志望企業の仕事が一致していなくても良いという特徴があり、今すぐ仕事ができない人でも、入社後に教育してもらえるので文系の就職には最適な資格になっています。

大学生に有利な資格「TOEIC」

大学生に有利な資格「TOEIC」

現代社会の中で大学生は、就職に有利な資格として「TOEIC」を受験する人がとても多くなっています。その理由も、実際に求人を出している企業の約77%が「TOEIC」の点数を参考にしているからです。 しかも「TOEIC」を基準に採用する企業は約2100社もあるため、大学生は就職を有利にさせるために資格を取得するのが当たり前になっています。そして、点数は600点前後がきたいされています。

高卒に有利な資格「普通自動車免許」

高卒は大卒に比べると資格をとる時間がないため、高卒での就職に有利な資格は「普通自動車免許」でしょう。「普通自動車免許」は、近年の求人募集要項に必ずと言っていいほど記載されているため、高卒での就職希望者は取得しておいた方がいいでしょう。 また、「普通自動車免許」は営業を行う職業に就くことができるので、就職に有利な資格として考えておきましょう。

40代に有利な資格「管理業務主任者」

新卒者とは違い40代からの就職となるとなかなか仕事が見つかりづらいのが現状です。そのため、必要以上に就職に有利な資格が必要となりますが、そんな40代の就職に有利な資格として「管理業務主任者」がおすすめです。 「管理業務主任者」は、マンションの管理業務を行う仕事のため求人の年齢幅が広く40代からでも就職をする事ができます。資格の取得の条件は高卒以上のためほとんどの人が受けられる資格のため取得を考えてみましょう。

女性や主婦に有利な資格「調剤事務管理士」

女性や主婦の人は、就職を考えた時に悩んでしまう人がとても多いです。その中でも、特に就職に有利な資格として「調剤事務管理士」があります。この資格は、調剤薬局で処方箋を受け付けたりお会計を主な仕事としているため、就職も調剤薬局や総合病院などの医療機関で働くことができたりにドラッグストアなどで働くことができます。 「調剤事務管理士」を持っていると全国どこでも仕事の需要があるため、女性や主婦の就職に有利な資格として考えてみるといいでしょう。

業務別の就職に有利な資格の例

業務別の就職に有利な資格の例

ここでは、業務ごとにさらに有利になる資格をご紹介していきます。仕事のステップアップとして仕事の幅を広げる資格を取得するための参考にしてみましょう。それでは、看護師に有利な資格から見ていきましょう。

看護師に有利な資格「認定看護師」

認定看護師は、看護師が行う仕事でもある患者さん対してのより良い看護を提供するために、自分が手本となって専門知識や技術を看護師に指導していく役割を持つ資格です。 これからの看護ケアの分野の向上のために、看護師はステップアップの資格でもある「認定看護師」は必要になってくる資格になるでしょう。次は管理栄養士に有利な資格を見ていきましょう

管理栄養士に有利な資格「NSTコーディネーター」

「NSTコーディネーター」の資格は、病態栄養専門師の資格を持っている管理栄養士が対象となる資格で、ドクターをはじめとする管理栄養士や看護師や薬剤師がチームを作って、患者さんの栄養面のサポートをしていく資格です。 そして、栄養に関して専門家としての栄養指導を行える資格として管理栄養士に有利な資格として必要と言えるでしょう。次は、金融に有利な資格を見ていきましょう。

金融に有利な資格「貸金業務取引主任者」

金融に有利な資格「貸金業務取引主任者」

金融業は、従業員が50人に対して1人が「貸金業務取引主任者」の資格を持っていることが義務付けられています。役割として、個人情報を守り、事前に違法なものや犯罪を防ぐ仕事を行います。 そして、従業員は「貸金業務取引主任者」の指導に従う義務を担っているため、金融業にはとても有利な資格になっています。次は建築に有利な資格を見ていきましょう。

建築業に有利な資格「施工管理技士」

建築業に有利な資格といえば、建築に関するさまざまな分野の技術者の現場を統率する役割を仕事とする「施工管理技師」です。この資格は、全国的にも人材不足が深刻で業界自体が優秀な人を望んでいます。 そして、「施工管理技師」は建築作業をスムーズに進めるために必要で、建築業に携わる人は「施工管理技師」を取得しておくと就職に有利になります。次は経理に有利な資格を見ていきましょう。

経理に有利な資格「税理士」

経理に有利な資格「税理士」

経理を仕事とする人は、さまざまな企業にたくさんいます。そんな経理を仕事とする人が就職するために有利な資格があります。それが、税金の申告や税務書類の作成を仕事とする「税理士」です。 その仕事は、一般の経理の仕事のステップアップの資格としてとても有利で、個人や中小企業などを中心とした税金のコンサルタントの役割を持っているため重要なポジションの資格になりました。社労士や中小企業診断士と一緒に総合コンサルタントを仕事とした会社の起業もみられるようになりました。

公務員に有利な資格「司法書士」

「司法書士」は、専門的な法律の知識を使って家や土地、相続や裁判などさまざまな問題について相談に乗ってくれる法律家です。たくさんの人が安心して生活を送るために法律を使って支えてくれるため、公務員の人が就職を有利にするための資格として「司法書士」はおすすめの資格でしょう。

就職するために自分に合った有利な資格を取得しよう!

就職するために自分に合った有利な資格を取得しよう!

就職に有利な資格のランキングや経歴にあった資格の例をあげていきましたが、いかがでしたでしょうか。現代社会は、学歴社会から資格を持った人に有利な社会へと変わりつつあります。そんな世の中で、有利に就職をするために自分にあった資格を取得しましょう。

関連タグ

アクセスランキング