IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

就職に有利な資格|一覧/・女性・理系/文系

更新日:2020年08月14日

資格・検定

現代社会において、就職活動には資格を持っている事で有利に就職が進むことが多くなっています。そのために経歴や職種に最適な資格をご紹介していきます。その中で就職活動をスムーズに行うために、就職に有利な資格を取得するための参考にしてみてください。

就職に有利な資格

現代社会において、就職には資格を持っている事で有利な世の中になってきています。そんな就職に有利な資格をにし、理系や文系や主婦などに合っている資格をご紹介していきます。 そして、自分の就職に合った資格を取るための参考にしてください。それでは、就職に有利な資格の一覧とから見ていきましょう。

就職に有利な資格一覧

就職に有利な資格は以下のとおりです。 ・宅地建物取引士 ・社会保険労務士 ・行政書士 ・保育士 ・登録販売者 上記の就職に有利な資格の一覧を5にしてご紹介していきますので、就職するための参考にしてみてください。

就職に有利な資格5

ここでは、就職に有利な資格を5形式でご紹介していきます。を参考に就職に有利な資格を選び、しっかりとした対策を取って資格を取りましょう。それでは、まず初めに就職に有利な資格5位から見ていきましょう。

5位 「登録販売者」

「登録販売者」は、2009年から医薬品を販売するために施工された法律の元に認定された専門家のことで、今まで薬剤師だけしか許されなかった一般向けの医薬品の販売の一部分のみを販売することが許される資格の事を「登録販売者」といいます。 この「登録販売者」という資格は、医薬品の販売をするための就職に有利な資格と言えるでしょう。次は、就職に有利な資格4位の「保育士」を見ていきましょう。

4位 「保育士」

「保育士」は、「保母」さんと呼ばれて親しまれてきましたが、平成11年に児童福祉法の改正が行われ、「保育士」と呼ばれるようになり平成15年に国家資格になりました。現在の「保育士」は、資格取得後に都道府県の「保育士登録簿」に登録をすることが必要とされています。 そして、地域ごとの子育て支援の専門家としての役割に期待がされています。子供が好きな人には、就職に有利な資格といえるでしょう。次は、就職に有利な資格3位の「行政書士」について見ていきましょう。

3位 「行政書士」

「行政書士」は、法律の専門家として国と国民をつなぐための国家資格です。そして、資格の中でも「業務独占資格」と呼ばれていて、資格を取らなくてはできない業務を行うことがゆるされています。法律の専門家として「行政書士」は就職に有利な資格といえるでしょう。次は、就職に有利な資格2位を見ていきましょう。

2位 「社会保険労務士」

「社会保険労務士」は、社会保険に関する法律を元に、事業の発達と労働者の福祉を向上させることを目的とした業務を行う国家資格です。そして、「社会保険労務士」の資格は、年金の相談や社会保険に関する問題を解決してくれますので、国民を助けるために就職に有利な資格といえるでしょう。最後は、就職に有利な資格1位をご覧ください。

1位 「宅地建物取引士」

就職に有利な資格1位は、不動産を売り買いをしたり賃貸を仲介するのに必要な「宅地建物取引士」です。不動産を取り扱うのに必要な「宅地建物取引士」は、資格でも知名度が高く法律の知識を元に的確なアドバイスを与えてくれます。そんな「宅地建物取引士」は就職に有利な資格としてとてもの高い資格になっています。

初回公開日:2018年02月04日

記載されている内容は2018年02月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング