IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

猫の噛み癖の原因と対策|八つ当たり/興奮/治す方法/スプレー

言葉・雑学・歴史

猫の噛み癖がなかなか治らず困っていませんか。猫がする飼い主を悩ます行動には、それなりの理由もあります。猫が怖がったりする叱り方などは、噛み癖が悪化する事もありますので気を付けなければなりません。原因を把握して、猫の噛み癖を治す方法をご紹介します。

更新日時:

猫の噛み癖がつく原因

猫と一緒に暮らしていて、撫でている時や仲良く遊んでいる時に、急に噛みつかれた事はありませんか。噛まれると言っても、甘噛み程度なのでそれほど痛みを感じる事はないですが、たまには強く噛まれて痛い思いをする事もあります。 なぜ急に噛むのか不思議に思いながらも、可愛いから許すと言う感じでそのままにしていませんか。猫の行動は本能のままというだけではありません。噛み癖が治らないのも理由があります。そんな時の猫の心理や原因など、噛み癖を治すための方法などご紹介しましょう。

じゃれあい

猫同士がじゃれているのを眺めていると、急に噛みつくのを目にする時があります。仲良くお互いを噛み合いながら遊んでいた猫同士が、急に険悪なムードになるのは、噛んでいるうちに力加減が分からず強く噛み過ぎてしまうからで、悪気があるわけではありません。 人間とじゃれあっている時も急に噛みつくのは、猫なりの愛情表現で好きという気持ちを噛むことで表現しているとも言われています。噛み癖と言っても甘噛みなので、悪意のある噛み方では無いのが分かります。じゃれている時の甘噛みは、一種の愛情表現と捉えて良いでしょう。 また、猫は親兄弟と共に育ち、じゃれあいながら噛むときの力加減を学んで行きます。しかしながら、噛む力加減を覚える前に親兄弟と分かれて育つ猫は、噛むときの力加減をわからずに成長してしまいます。噛む力加減を知らずにいる子猫には、飼い主さんが親猫の代わりに優しく教えてあげる事が必要です。

猫の歯の生え代わりと噛み癖

人間の赤ちゃんも歯が生え始めの時期は、歯ぐきが痒いせいから遊んでいるおもちゃを噛んだりします。歯固めというこの行動は、子猫にも見られる行動です。今まで噛みつかなかったのに、急に噛み癖が出るようになったのは、永久歯が生え始めて歯茎がむず痒いからです。 噛み癖が増えてきた子猫には、噛んでも安全なおもちゃやタオルなどを与えてあげましょう。

八つ当たり

猫はたまに八つ当たりをします。猫は自分が嫌な思いをしたりびっくりすると、それを誰かのせいにして、明らかに八つ当たりと思える行動を起こします。例えば、突然大きな音がしてびっくりするなど、予測不可能な事が起こると攻撃的になります。 それから、自分よりも下に見ている人間がしつこくすると、噛みついたりパンチで攻撃して阻止する事もあります。猫は自分勝手な動物と言われているので、気分が乗らなかったり気に入らない事があるとその人に対して攻撃をして怒りを表します。 そんな時は、強く叱ったり叩いたりせずに言葉でダメだと言う事を教えてあげましょう。

興奮からくる噛み癖

猫と遊ぶのは楽しいのですが、遊びに夢中になり興奮すると攻撃してくる事があります。悪気があっての行動ではないとわかっていても、強く噛まれたり引っ掻かれたりして痛い思いをすると、いくら可愛い猫でも怒りを抑えられない事もあるでしょう。 例えば、噛み癖の延長から攻撃に変わった場合は、注意してから一旦遊びを辞めてその場から離れましょう。しばらくは猫を放って置き、噛んだら遊んでもらえないと言う事を学ばせてあげてください。 猫は20秒すると物事を忘れてしまうと言われていますが、飼い主さんのようすがおかしいのは理解します。しかし、長い時間無視されてると無意味になってしまうので、しばらくしたら普通に接してあげてください。

愛撫誘発性攻撃行為

愛撫誘発性攻撃行動とは、簡単に言うと撫でている時に突然噛んでくる事です。飼い主さんなら1日に1回は必ず撫でてしまうほど猫は可愛いのですが、長い時間撫でられたり撫で方が気に入らない場合は、噛む事で撫でるのを辞めさせようとします。 猫は尻尾を振ったり、顔を上げて睨んだりして、やめてほしいと言う事をアピールしている時があります。それを無視して撫で続けると、やめてくれと言わんばかりに噛んできますので、長い間撫でるのは猫の機嫌をみながらにしてあげましょう。

猫がイライラしてる時のサイン

猫が怒る時は耳を後ろに倒して、口元をひくひくと動かします。ため息を吐くようにフーと息を漏らしたり、パタンパタンと尻尾を根元から振りだしたらイライラしている時です。 猫もそれなりに不機嫌なサインを送っています。早くそれに気付いてあげる事で噛み癖も解消されるでしょう。

猫の噛み癖を治す方法

仔猫の時代は、やってはいけない事や噛まれたら痛いなど、仔猫は教えられた事は学ぶ事ができます。その時期に手や足を使って間違った戯れ方をすると、人間の手や足はおもちゃと同じで噛んでも良いものと認識します。 そのため、大きくなってからも噛む癖が治らず、猫に噛まれて険悪なムードになってしまう事もあります。猫を叱る前に噛み癖は良くない事だと、仔猫の時に学習させてあげましょう。

猫とはおもちゃを使って遊ぶ

猫に噛み癖が出たら怒らず、噛み癖が徐々に無くなるように、噛んではいけない事を教えてあげてください。噛まれた時に、「痛いから噛んではだめだよ」「どうしてかむの」など言葉にだして言い聞かせましょう。 飼い主さんがいつもと違うな、悪い事をしてしまったのかなと言う事が認識できれば、猫は賢いので学んでくれます。そして、猫と遊ぶ時は自分の手や足を使ってじゃれ合うのではなく、猫専用のおもちゃで一緒に遊ぶようにしましょう。

噛む癖を治すには根気よく教える事

猫は飼い主さんに怒られると、しばらくの間はしょんぼりした状態になります。飼い主さんの態度が変わったことを考えているためです。叱らない代わりに、無視した状態を続ける事で、悪い事をしたんだと言う事を理解してもらいましょう。 逆効果なのが大きな声で怒鳴ったりする事です。猫は大きな声に驚いて警戒してしまいます。噛む事=悪い事の認識をする前に、びっくりして逃げてしまいます。それでは、何も学ぶ事ができません。遊んでいるのにおかしいなと思わせる事で、噛み癖は悪い事というのを学びますので、語り掛けた後はしばらく放っておきましょう。 噛む癖を治すには、猫と遊び、噛んだら問いかけてしばらくの間放っておくと言う事を繰り返します。そうする事で、噛むと遊んでもらえなくなると言う事を認識できるようになります。

成猫の場合

仔猫の場合は、繰り返し覚えさせることで噛み癖が悪いとか、色々な事を学ぶことができますが、成猫になっても噛み癖がある場合は、噛み癖が悪い言う事を学ばずに成長しているので、仔猫のように簡単には行きません。 成猫になってから噛み癖を治すには根気が必要ですし、それと同時に時間もかかります。人間でも大人になってから爪の噛み癖などを治すのは大変ですから、猫も同じように大変なのだと言う事は理解しておきましょう。

体罰は厳禁

猫の噛み癖を治そうとしても、すぐには治りません。猫の噛み癖にイライラしても、絶対に叩いたりしてはいけません。体罰は猫との信頼関係を壊してしまうので、噛み癖が治ったとしても今までのような信頼関係を取り戻す事ができなくなります。 また、大きな声でダメと叱った時は、名前を言いながら叱ってはいけないと言われています。叱られたときの状況が名前を呼ばれた時に結びついてしまい、それがきっかけとなって、名前を呼ばれるとマイナスな感情が出てしまう事もあるからです。 猫は私達が思う以上に色々な事を承知して生活しています。いつまでも良い関係でいられるように、マイナスな感情は出ないようにしてあげましょう。

猫の噛み癖を治すグッズ

猫を飼っていると、引っ掻き傷などで生傷が絶えません。噛み癖のある猫も困ったものですが、甘噛みされると甘えられて可愛いと感じ、そのまま放置してしまいがちです。噛み癖を治すために体罰を与えるわけには行きませんが、繰り返し学習させてもなかなか噛み癖が治らない場合があります。 小さいころからの癖とあきらめずに、猫の噛み癖を治すのに効果的なグッズを使用してみましょう。

しつけ用スプレー

噛む癖を治すグッズで効果的なのは、噛んではいけない場所に付ける「噛み癖防止ローション」です。人の手や足にも使用する事ができますし、ソファーなどの家具類にも使う事ができます。 この噛み癖防止ローションは、味がまずいので噛むと嫌な味がすることを認識します。1度で覚えるのは無理がありますが、繰り返す事で噛む癖が治るのでおすすめです。繰り返し使用する場合は、少し時間を空けて使用するようにしてください。 噛み癖防止ローションは、リンゴの苦味成分などの安全成分を使用しているため、自分の皮膚を舐め過ぎたり噛んでしまったりする場合にも、猫の患部に塗る事ができますのでおすすめです。

嫌な音がするペットコレクター

猫は音に敏感です。大きな音や、聞きなれない音をとても嫌います。そこで、猫の嫌いな音で噛み癖を治すグッズが「ペットコレクター」です。猫が噛んだ時に、猫に見えないようにペットコレクターを鳴らすと猫が本能的に警戒する音が出ます。また、子供が遊ぶ音の出るおもちゃなどを鳴らしても効果があると言われています。 音でしつけをする時に気を付けなければいけないのが、本当に怖がらせてしまう事です。ペットコレクターは、子猫には使用する事ができませんが、簡単にしつけができるのでおすすめのグッズです。

霧吹き

猫は水が苦手です。ほとんどの猫がシャンプーを嫌がるのも水が苦手だからと言われています。そこで、猫のしつけに使用するのが霧吹きです。噛み癖の治らない猫に目の前から霧吹きをかけます。噛むたびに霧吹きをかければ、霧吹きを見ただけで噛むのを辞めるようになり、噛み癖も治ります。 霧吹きを使うと猫に嫌われると言う意見もあるようですので、噛み癖を治すグッズ選びは猫と相談して決めるようにしましょう。

猫の噛み癖は根気よく治そう

飼い猫を可愛がり過ぎて、しつけができていない場合があります。仔猫の時から一緒に生活しているのに噛み癖が治らないのは、甘やかし過ぎが原因なので猫のせいではありません。いくら可愛いからと言って猫になめられたままの状態では、ストレスも溜まってきます。 噛み癖が治らず、他人を噛んでしまったら大変です。心を鬼にして、可愛い飼い猫のために噛み癖を治してあげましょう。愛情は猫にも伝わっています。たまには厳しくしつけをして、いつまでも良い関係でいられるように過ごしていきましょう。

関連タグ

アクセスランキング