IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

維持費が安い自動車世界ランキング・タイプごとの比較・中古車

車&バイク

世界でランキング形式に維持費が安い自動車を紹介しました。自分の自動車の維持費が安いのか気になる方もいるのではないでしょうか。この記事では、その「維持費の安い車」を徹底的に見ていきます。あなたの維持費を一緒に安くしていきましょう。それでは、ご覧下さい。

更新日時:

維持費が安い自動車世界ランキングTOP10

今回は、維持費が安い自動車世界ランキングTOP10を紹介していきます。どの車が維持費が安いのか気になりませんか。それでは、一度ご覧下さい。

お得なのはどれ?タイプごとの車の維持費の比較

いま最も「お得」なのは、どのタイプなのでしょうか。それでは、タイプごとの車の維持費を、一緒に比較形式で見ていきましょう。この「比較」をすることにより、断然見やすくなりますので、ご参考にしてみて下さい。

10位:SUV

SUVとは、タイプのことなのですが、S(スポーツ)、U(ユーキリティ)、V(ビークル)の頭文字をとった形で表した言葉です。そして、SUVはオフロードに適してる車を作ることに専念していて、どのパーツ・ガソリンにしても、維持費が少し高めだと言えるでしょう。また、SUVは、大きさと高さが特徴的でしょう。

燃費とランニングコストが安い

SUVは、維持費がそれぞれで違っていて、高い時(スバル)や低い時(フォレスター)があるといえるでしょう。その理由としては、一つ目に、ランニングコストが安いということが上がります。それは、安い燃費ができるということにメリットがあるということでしょう。

9位:4WD

4WDとは、「four-wheel drive」(四輪駆動)の頭文字を使った言葉です。その意味の由来は、1805年にオリバーエバンスが開発した浚渫船が最初の四輪駆動がきっかけとなり、船に車のタイヤを付けて、動かしたということがあげられています。そこからガソリンを使った車の走行となり、今の4WDの自動車となっています。

色々な種類を持った四輪駆動

この四輪駆動が持つメリットは、通常(二輪)と比較的グリップが違う(上がっている)ということが挙げられます。そのため、トレッドにかかる駆動力を下げることができます。メリットがあればデメリットがありますが、そのデメリットの一つは、車がエンストしてしまうというデメリットもあります。維持費については、比較的高いといえるでしょう。

4WDの種類と機構

4WDには大きく分けて10種類の機構があります。ここからは、4WDの種類について詳しく書いていきました。それではどうぞご覧下さい。

パーマネント方式

このパーマネント方式には、一番最初に使われていた方式であり、軍事用や農作用に使われていました。前輪と後輪の回転差を吸収するセンターデフを持っておりませんし、トランスファーも持っていません。また、持っていたとしても二輪を選ぶことができません。また、高速での運転や通常の使用には適していないでしょう。 アンダーステアの特性上、スピードが向上できないという面も持っています。

フルタイム式

こちらのフルタイム式ですが、パーマネント式、コンスタント式とも言います。この特徴的なのが、高速や雨や湿気が多い日などにも最適だということです。

パートタイム式

こちらのパートタイム式では、セレクティブ式とも言われていて、センターデフを持たないものとなっているでしょう。また。通常時は二輪で動いていて、必要に応じて四輪になることもあります。主に、後輪駆動となっており、運転者の意向によって、前輪への駆動を持続したりもできるようになっています。

フルタイム・パートタイム複合式

このフルタイム・パートタイム複合式とは、簡単に言えば、フルタイム方式とパートタイム式が重なったものとなっています。

オン・デマンド式/スタンバイ式

こちらのオン・デマンド式は、切り替え操作が面倒だという人がいて、その切り替え操作を自動化したものになります。準駆動輪の働きは、補助的な立場にあり、長時間の運行や強く駆動をする場合には不向きであることが挙げられている。また、パッシブ式とも言われています。

トルク・スプリット式

オン・デマンド方式の一種であり、デファレンジャやクラッチ機構を持っています。滑るのを予測して駆動するため、走行力や安定性には優れているといえるでしょう。

アクティブ・トルク・ベクタリング式

アクティブ・トルク・ベクタリング式とは、駆動力を自在に動かせることができるようになっています。色々な高級メーカーもこの方式を使っています。

電気式

この電気式は、エンジンの他に、モーターを使っている四輪駆動があります。強力なモーターを持っているものがあります。

動力分散型

動力分散型は、一つ一つの車輪が駆動しているので、その名の由来でもある、動力が分散している状態となっています。

8位:スポーツカー

スポーツカーは、高速走行時の運転に重点を置いて設計された車のことを言います。また、スポーツカーは50万円などの車もありますので、大学生でも買える車の一つではないでしょうか。また、まめに修理などが必要なので、比較的に維持費が高いといえるでしょう。

7位:クーペ

クーペはそのデザインが特徴的なのですが、値段はそれなりにしています。色々な修理や、点検などでお金が必要だったり、さらには燃費を含めた金額となると、合計は少し高めだといえるでしょう。車両保険が高めですが、それ以外に視点を当ててみると、維持費が安いといえるでしょう。

6位:セダン

セダンは、外国でも人気を博しているので、安全性には優れているといえるでしょう。燃費や保険などを加えると、比較的高い維持費になるといえるでしょう。セダンは高級車も取り扱っているので、維持費は比較的高いとされていますが、実のところ維持費は安いです。その理由は一つです。

維持費は安い

中古などや部品を変えたものなど、色々な工夫をこなすことで、維持費を削減することができるためだといえるでしょう。

5位:ミニバン

ミニバンの維持費は安いといえるでしょう。値段が高いのは、大きい車であり、値段が低いのは小さい車です。ランニングコストが安い商品もありますので、よかったら参考にしてみましょう。また、ミニバンは大きさが大きくなるに連れて、保険や点検などに費用が高くなってしまいます。ですので、選び方は大きさで選びましょう。

4位:ファミリーカー

ファミリーカーは、別名「国産車」などとも言われていますが、その実用性が特徴的だと言えます。また、ファミリーカーは比較的安いといえるでしょう。また、修理やオイルの交換などにお金がかかりますが、コンパクトカーなどの普通自動車よりは、比較的安い傾向にあるといえます。

ランニングコストが安め

こちらのファミリーカーもランニングコストが安いのが特徴的です。また、このランニングコストにより、安い燃費と保険のあまりかからないような状態になることが可能になります。このように、ファミリーカーは色々工夫を施すことにより、燃費と点検などにお金を使うことも無くなっていくでしょう。

3位:軽自動車

維持費は比較的安い傾向にあるといえるでしょう。その小回りがきく運転ができるところは特徴的だと言えるでしょう。また、軽自動車は、ガソリン代などはかかりますが、維持費を見てみると、大学生でも保険料を払えるくらい安いといえるでしょう。また、維持費はより安くすることができます。

2位:コンパクトカー

コンパクトカーは、一般的に「中・大」の車に分けられています。また、コンパクトカーは、軽自動車よりも比較的に高いといえるでしょう。また、軽自動車もギリギリのところで広く作ってあります。なので、コンパクトカーを選ぶ理由としては、走行のしやすさや、大きさなどでしょう。

1位:外車

輸入車のことを外車と言いますが、運転席が日本と違うところが特徴的であるといえます。その中でも、デザインや性能も日本とはかけ離れた存在感を持っている外車もあるでしょう。外車は新車だと維持費が安いですが、保険などやタイヤの点検などにはお金が多少かかります。しかし、国産車と比べれば外車は元を取れるほどの車ですので、心配することないでしょう。

中古車の維持費のシュミレーション

それでは実際に中古車のシミュレーションを行い、実際に維持費はどれくらいかかるか見ていきましょう。中古車と新品車とは、買った時に値段(お金)が違うので、それをどのように値段を下げていくのか、一緒に見ていきましょう。

シミュレーションをしよう

中古車のシミュレーションをするにあたって、まず大事なことがあります。それは、<車検・自動車税・法定12ヶ月保険・任意保険・消耗品の交換・駐車場・ガソリン代>のことです。他には、車のタイヤの交換代やオイル代・メンテナンス代など細かなものまでありますが、とりあえず、この大事なことを踏まえて、実際にシミュレーションを行っていきましょう。

シミュレーション表

中古車の維持費項目月々の支払い額年間支払い額
自賠責保険-15,600
任意保険料-20,000
ガソリン代10,000円120,000
自動車税-29,500
車検費用-20,000
メンテナンス費用1,00012,000
パーツ代5,00060,000
その他10,000120,000

このような表を作りましたが、安いといえる値段のものがいくつもあるでしょう。また、安い維持費ですが、平均だと200,000円くらいの維持費になるでしょう。中古車ではの話ですが、新品車だとこれ以上に安いのは、ガソリン代(最初)だったり、他には、パーツ代などがかかることがないでしょう。 この結果、なるべく小さい車種を選ぶことをおすすめします。その理由は、高い(大きい)車を選ぶほど、ガソリン代や点検などにお金が発生します。なので、保険料金を最小限に減らして出費を減らすことを心がけるとよいでしょう。

維持費をシミュレーションして安い維持費を作ろう!

以上、車の維持費が安い車のタイプから、維持費をシミュレーションをしてみました。今回の結果から、自分の車の維持費について具体的に考えることができましたでしょうか。自分の車の保険から細やかな料金を計算して、維持費を安い状態にしていきましょう。これから、車を買うと考えている人も、一度シミュレーションをしてみて下さい。

関連タグ

アクセスランキング