IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

コンシェルジュの意味と仕事の内容|資格・仕事の種類/役割

初回公開日:2018年03月05日

更新日:2020年07月24日

記載されている内容は2018年03月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の意味

「コンシェルジュ」という言葉をよく聞くものの、「コンシェルジュ」がどういう意味で、どんな仕事をしているのかなど、よくわからないことが多いというのが本当のところでしょう。これらのさまざまな疑問を1つずつ解決していきましょう。

「コンシェルジュ」とはどのような言葉なのか

最近、巷でよく聞かれるようになった「コンシェルジュ」とは、いろいろとサポートしてくれるような存在の人々のことです。また、この言葉を聞いてNTTドコモから出ているサポート用アプリ「しゃべってコンシェル」をイメージするという方も少なくないでしょう。 今では、いろいろな場において見聞きするようになったコンシェルジュという人々ですが、まずはこのコンシェルジュの意味などについて、きちんと理解していきましょう。

「コンシェルジュ」の意味

「コンシェルジュ」は、フランス語の「Concierge」から来ており、アパルトマン(集合住宅)の管理人のことを言い、集合住宅で必要に応じたメンテナンスや清掃業務、住人の相談対応などの役割を持っています。 ですが、次第に「コンシェルジュ」の意味が広がり、ホテルの利用客への周辺観光地やレストランの案内、航空便や演劇のチケットの発券業務、交通案内などの「何でも相談役」を担う職種として親しまれるようになりました。 そのため、「コンシェルジュ」に求められる態度として、「決してNoといわない」というものがあります。

日本語としての「コンシェルジュ」とは?

「コンシェルジュ」は日本においても、一般的に使われるような「ホテルの宿泊客の何でも相談役」という意味合いで使われます。 ただし、日本語の場合、「Concierge」をカタカナで表記する際に「コンシエルジュ」や「コンシェルジェ」といった書き方をします。いずれも、本来のフランス語の発音の仕方に忠実に倣っていますが、特に後者の方は「コンシェルジュ」とともに業界の中でよく使われます。

「コンシェルジュ」がやる仕事の内容とは

コンシェルジュのやる仕事の内容は、先ほども少し見ましたが、もともと広く行われる場のホテルの場合は、宿泊客に対して、周辺の人気があったりおすすめの観光地やレストランを案内したり、航空機や演劇などのチケットを発券したり、交通案内をしたりするのが主です。 またこのほかにも、ホテル内の施設の案内や急病人への応急処置といった、宿泊するうえで必要な対応を求められることもあります。中には、お客さんの要望に応じての観光コースの立案やサプライズプレゼントの手配といった、一見すると変わり種のようなリクエストも依頼されることもあります。 このように、コンシェルジュのやる仕事の内容は非常に多岐にわたり、それらすべてに対応するために多分野に精通している必要があります。なお、コンシェルジュに必要な能力については後ほど詳しくご紹介いたします。

活躍の場は広がってきている

これまでであればコンシェルジュを見聞きする場といえば、主にホテルという場合が非常に多かったといえますが、現代ではホテル以外の場にもコンシェルジュの活躍の場が広がってきています。 主な場所を挙げていきますと、鉄道の主要駅やデパート、ショッピングモールなどの複合施設でも見られるようになったほか、高級マンションや医療、ギフト関係といったサービス業以外の分野にも進出してきています。 また、人だけでなく、サポート役としての意味合いを持ったコンシェルジュのアプリも多く見られるようになりました(先ほど挙げたNTTドコモの「しゃべってコンシェル」もその1つ)。 このように、かつては集合住宅の管理人という意味にすぎなかったコンシェルジュも、その後の物流やサービス、技術の発展などによってその活躍の場も意味も、業務内容も大きく広がってきています。

コンシェルジュになるのに必要なこととは?

実際にコンシェルジュとして働くには、さまざまな能力や技術が必要であることは先ほども触れましたが、それでは具体的にどのような能力が求められるのでしょうか。 そこでここでは、実際にコンシェルジュになって活躍したい方向けに、コンシェルジュになるために必要なものをご紹介していきます。

何よりも接客力やコミュニケーション能力が重要

コンシェルジュの主な業務は、相談してきたお客さんの問題を解決したり、リクエストにこたえるというものが挙げられます。当然ながらそういう意味ではコンシェルジュの仕事はお客さんの存在があってこそ成り立つため、何よりもお客さんとうまくやり取りできる力、つまり接客力やコミュニケーション能力が重要となってきます。 そして、コンシェルジュの仕事の大前提が先ほども挙げた「Noと言ってはいけない」というもので、これは言い換えればお客さんの要望に可能な限りこたえるように全力を尽くすことを意味しています。 そのためにもお客さんがどのようなことに悩み、どのような結果になれば満足するかということをよく聞き、それに対してきちんと受け答えできるための能力として、接客力とコミュニケーション能力はコンシェルジュが持つべきものとして最も重要といえます。

情報収集力や提案力なども

関連タグ

アクセスランキング