IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

長嶋茂雄の名言と格言・長嶋茂雄のほっこりする名言集

更新日:2020年11月13日

自己啓発

長嶋茂雄氏は、数多くの名言を残しています。長嶋茂雄氏の名言には、思わずほっこりする名言が多いです。その名言の基はどこから来ているのでしょうか?この記事では、長嶋茂雄氏の名言について、長嶋茂雄氏の言葉の魅力と一緒に紹介します。

長嶋茂雄の名言と格言

長嶋茂雄氏は、立教大学時代から注目され、現役時代華麗なプレーや天覧試合などのいい場面で活躍した魅せるスターでした。 長嶋茂雄氏は、プレーもそうでしたが天真爛漫の明るさからくる名言や格言も魅力でした。一番有名な名言は、引退セレモニーでの「わが巨人軍は永久に不滅です。」ですが、これはあとで紹介するとして、ここでは別の名言を紹介します。 「野球というスポーツは人生そのものです」 二度目の監督を勇退し、原辰徳さんに監督を譲る時の記者会見での言葉です。野球一筋に生きた長嶋茂雄氏らしい名言です。

長嶋茂雄の華麗なる経歴

長嶋茂雄氏は、学生時代立教大学で6大学のスター選手でした。そこからプロ入りで巨人軍に入団して、デビュー戦こそ400勝投手になった金田正一氏が意地を見せて4打席連続三振でしたが、その後は大活躍をして王貞治氏と共に9連覇に貢献、プロ野球を高めました。 長嶋茂雄氏は、プレーヤーとしても超一流でしたが、何よりも魅力は、ひとつひとつのプレーが絵になる、現代風にいえばインスタ映えする選手でした。守備で守備範囲が広いのはもちろんゴロをさばいてから投げるまでが華麗で、バッティングでもヒットはもちろん空振りさえもかっこよさが目立ちました。 個人成績でも、MVP5回をはじめ首位打者6回、本塁打王2回、打点王5回など数々のタイトルを獲得しています。監督としても日本で有数2回、リーグ優勝5回を果たしています。引退後、1988年に野球殿堂入り、2014年に国民栄誉賞も受賞しています。

長嶋茂雄の言葉の魅力は?

長嶋茂雄氏の言葉の魅力は、その天真爛漫さからくる裏表のない名言です。結構、勘違いからくる名言が多いのですが、他の人が同じことを言うと何をいってるんだと突っ込まれて終わりですが、それが名言になってしまうところがスーパースターの長嶋茂雄氏らしいといえます。 長嶋茂雄氏の言葉の魅力のひとつに甲高い声もあります。あの甲高い声で言われると他の人の言葉に比べて印象が強く残り名言になります。長嶋茂雄氏のモノマネで有名になったプリティ長嶋氏がその特徴をよく捉えていました。 長嶋茂雄氏は、言葉にジェスチャーを交えるのも印象を強くします。例えば、巨人の監督時代、代打のコールをする時に「代打上田」とバントのジェスチャーをしてコールしました。野球は、駆け引きのスポーツで、相手に作戦を明かさないのが普通なのですが、代打のコールを告げる時に、作戦を明かしてしまうのはいかにも長嶋茂雄氏らしいといえます。

長嶋話法とは?

長嶋茂雄氏の名言の基になるものに「長嶋話法」と呼ばれる独特の話法があります。現役時代、主語と述語の切れ目のない話し方だったり、監督時代に「いわゆる」、「ひとつの」などを多用したりして間をあける話し方です。これは、うっかりした発言で誤解されないように言葉を選んではなしたために独特の話法になったということです。 このあたりにも長嶋茂雄氏の人柄がうかがえます。

愛称の多さ

長嶋茂雄氏は、数多くの愛称を持っていて、そのどれもが親しまれています。「チョーさん」、「燃える男」、「ミスター」などです。長嶋茂雄氏の人柄がうかがえます。

巨人引退時の長嶋茂雄の名言は?

長嶋茂雄氏の名言の中でも一番有名なのが巨人引退時の名言です。長嶋茂雄氏が現役の時の読売巨人軍は、長嶋茂雄氏と王貞治氏とのON砲を中心に前人未踏の9連覇を果たしましたが、1974年10連覇を逃し長嶋茂雄氏は体力の衰えもあり、引退することになりました。 その年の最終戦に優勝した中日戦のダブルヘッダーが引退試合でした。最後のスタメンには、長嶋茂雄氏と共に9連覇を成し遂げた主力メンバーがずらりと並びました。これも、引退試合のイベントの演出です。 この日第二試合の第三打席は、センター前に最後のヒット、終わりましたが、最終打席は、残念ながらダブルプレーで終わりました。引退試合後のセレモニーで長嶋茂雄氏が挨拶を行い一番最後の言葉が名言です。 「我が巨人軍は永久に不滅です」これは、長嶋茂雄氏が入団してから引退するまでの18年間ずっと巨人軍の中心でいつづけたからこその名言です。

長嶋茂雄のほっこりする名言集は?

長嶋茂雄氏は、天真爛漫の性格らしい、ほっこりする名言も数多くあります。長嶋茂雄氏のほっこりする名言をいくつか紹介します。

初回公開日:2018年01月24日

記載されている内容は2018年01月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング