IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

孫正義の言葉がためになる理由・勉強する気が起きる名言

更新日:2020年11月13日

自己啓発

ソフトバンクグループ創業者の孫正義氏の名言をご紹介いたします。有言実行を続ける孫正義氏の言葉には大きなエネルギーがあります。勉強する気が起こらない、行動の第一歩が踏み出せない、やる気が出ないときにぜひ読んでほしい名言も網羅しています。

孫正義の言葉がためになる理由

ソフトバンクグループの創業者である、日本を代表する実業家の孫正義氏をご存知でしょうか。 2017年フォーブス世界長者番付において、日本1位、世界34位(212億ドル)にランクインする大金持ちの孫正義氏の発言はテレビやネット上でしばしば話題となり、その中には名言と呼ばれるものが数多く存在します。 彼の言葉は我々にとって大変ためになります。整合性があり、論理的に正しく、ユニークかつ斬新でもあり、実績に伴う説得力もあるからです。この記事では、孫正義氏の発言から名言を集めたものを、各ジャンルごとにご紹介していきます。

孫正義の土台となる名言「人生50年計画」

まずは孫正義氏が19歳のときに立てた「人生50年計画」というものをご紹介いたします。 その内容は「二十代で名乗りを上げ、三十代で軍資金を最低で一千億円貯め、四十代でひと勝負し、五十代で事業を完成させ、六十代で事業を後継者に引き継ぐ」というものです。 今なお孫正義氏はその計画実現に向けて走り続けています。

孫正義の毛髪に関する名言

以前はフサフサだった孫正義氏の毛髪ですが、今となってはかなり薄毛になってしまいました。お金は十分にあるので、現在の医学であれば、最短で最良の薄毛治療も可能のはずなのですが、フサフサに戻ることに対しては孫正義氏にこだわりはないのでしょうか。 ソフトバンクの携帯電話会社が「ハゲ電」と呼ばれるほどに、孫正義氏はネット民からも愛されていますし、それをネタにしつつもさり気なく鮮やかな名言で返答しています。

斬新な発想の至言がコレ

Twitterで「髪の毛の後退度がハゲしい。」と言われた孫正義氏。「激しい」と「禿げ」を掛けた誹謗中傷にも近いコメントに対して、彼は次のような屈指の名言でレスポンスをしました。 「髪の毛が後退しているのではない。私が前進しているのである。」 2013年1月8日に投稿されたこの名言ツイートは3万リツイートを突破しました。「前へと進む男の生き様なのだッ!」「歴史的名言ではないだろうか」「俺もいつか後退してきたら言ってやろう」と、多くのフォロワーが感動しました。

知性の高さと心の寛大さがブラックジョークを包み込む

孫正義氏は2006年度の中間決算時に「ソフトバンクの携帯は薄いと覚えて欲しい。私のヘアではなく、端末で薄さと覚えて欲しい」と発しています。 「パケ割(パケット割引)」を変えた「ハゲ割」という言葉でいじられた時も「パケ放題」を変えた「ハゲホーダイ」という言葉で返信しています。 実力と実績から出る前向きな余裕が、高い知性と寛大な心を生み出しています。孫正義氏の名言は、今のご時世だと問題になるようなブラックジョークをも優しく包み込んでいます。

男として完成しているその姿

彼の発言は、言うなれば伝家の宝刀で、自信に満ち溢れています。「ハゲは、病気ではなく、男の主張である。」という名言も彼は残しています。その言葉の裏にも自信が垣間見えています。 また、相手に会話レベルを合わせるのも立派な才能であり、誰にでも意味が理解できるレベルで名言に面白味を混ぜられています。万人にウケて、上司としても信頼が得られます。 まさに男として理想の人物像そのものであり、その姿は完成していると言えます。

孫正義がTwitterでつぶやいた名言

著名人のTwitterのつぶやきは社会に大きな影響力を与えます。孫正義氏も間違いなくその一人です。Twitterのつぶやきから名言を集めてみました。

とことん有言実行

孫正義氏はTwitterに寄せられる意見や要望に対して、頻繁に返信を行っています。

次のページ:孫正義の勉強する気が起きる名言
初回公開日:2018年01月26日

記載されている内容は2018年01月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング