IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

暑中見舞いのはがきの書き方と例文|先生/上司あて・ビジネス

書き方・例文

「暑中見舞い」出していますか。夏の季節の挨拶として昔から行われてきた日本の行事です。書き方が分からず出していない方もいるでしょうが、相手の状況や自分の近況を報告できる手軽な手段として使える「暑中見舞い」、書き方やマナーを覚えて、今年こそ出してみませんか。

更新日時:

暑中見舞い送っていますか?

暑い時期になると販売が開始される「暑中見舞い」、年始に送る「年賀状」に比べてあまり大々的なイベントごとではないように思われますが、毎年きちんと送っているという方も少なくはないでしょう。 この「暑中見舞い」、本来の意図やルーツ、正しい書き方、そしてそのきちんとしたマナーをどれだけの方がご存じなのでしょうか。そんな知っているようで意外と知らない「暑中見舞い」の書き方について、この機会に改めて確認してみましょう。

暑中見舞いとはの意義や時期

暑中見舞いとは?

「暑中見舞い」とは、主に夏の暑さが厳しいと言われる時期に、日頃はなかなか会うことのできない友人や、お世話になっている人、上司、恩師やお客様などにご機嫌伺い(相手の日常の様子や安否などをうかがうこと)や自分の近況を報告する意味の「季節の挨拶状」のひとつです。 年賀状と同じ役割を果たす夏季の挨拶状ですが、時期的にいただいたお中元のお礼にもおすすめです。また、結婚・出産・転居の報告の機会のひとつとしても使われます。

暑中見舞いはいつからいつまでに出すの?

では暑中見舞いをいざ出すという時に悩むのが、「暑中見舞いはいつ出せばいいのか」ということですが、実はこれにはいくつかの説が存在します。 ①夏の土用期間(立秋18日ないし19日前~立秋の前日) ②小暑(7月7日)~立秋の前日(8月6日) ③梅雨明け~立秋の前日(8月6日) 立秋の前日までに送るということは諸説変わりありませんが、いつから送れるのかという点で少々違いが出ています。 また、立秋を過ぎても暑い日が続いていますが、立秋以降に「暑中」見舞いを出すことはマナー違反です。立秋を過ぎてしまった場合は「残暑見舞い」となり、書き方にはさほど差はありません。 また「残暑見舞い」については立秋以降(8月8日)から送ることができ、その終わりの時期は「8月31日」「9月6日頃」などこちらも諸説ありますが、8月中というのが一般的なマナーとなっているので気を付けましょう。

暑中見舞いの書き方

暑中見舞いの書き方のポイント

暑中見舞いと言っても、年末年始と違い一年のお礼や次の年の抱負などという定型的な内容がないため書き方が分からず悩む人も多いでしょう。内容は送る相手との関係や状況によっても異なるため、書き方の大きな流れを外さないようにしながら、相手によって書き方をアレンジしてみましょう。 暑中見舞いの書き方は、①暑中見舞いの挨拶となる言葉、②時候の挨拶、③書き手の近況報告、④相手の体調を気遣う言葉、⑤日付、の5つのパートから成っています。それぞれの書き方の例についてご紹介します。

①暑中見舞いの挨拶となる言葉

「暑中お見舞い申し上げます。」 「暑中お伺い申し上げます。」

②時候の挨拶

「暑さ厳しい折、いかがお過ごしでしょうか。」 「厳しい暑さが続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。」 「蝉の声が日増しに賑やかになって来ました。お変わりなくお過ごしでしょうか。」 「寝苦しい日々が続いておりますが、いかがお過ごしでございましょうか。」 「暑い日が続いておりますが、皆様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます。」 「真夏日が続いておりますが、ご一同様にはいかがお過ごしですか。」

③書き手の近況報告

「おかげさまで、私どももつつがなく過ごしております。」 「おかげさまで、家族一同元気に過ごしております。」 「今年の暑さはことのほか厳しく、秋の気配が待ち遠しい今日この頃です。」 「このたびはご丁寧なお心づかいをいただきありがとうございました。」(お中元のお礼) 「このたび下記のとおり引っ越しましたのでお知らせいたします。こちらへお越しの際には、ぜひお寄り下さいませ。」(転居の報告) 「おかげさまで、社会人としての生活にも慣れてきました。」(近況報告)

④相手の体調を気づかう言葉

「酷暑の折(おり)から、くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。」 「炎暑酷暑のみぎり、皆様のご健勝とご自愛をお祈り申し上げます。」 「暑さ厳しき折柄、ご自愛なさいますようお祈り申し上げます。」 「当分暑さが続くかと思われますが、お体に十分お気をつけてお過ごし下さい。」 「暑さ厳しい折、どうかご自愛の上お過ごし下さい。」 「まだまだ、酷暑がつづくようです、皆様体調を崩されませんようご自愛ください。」 「取り急ぎ暑中お見舞いかたがた、お礼のご挨拶とさせていただきます。」

⑤日付け

平成二十九年 七月(7月に送る場合) 平成二十九年 八月(8月に送る場合) 平成二十九年 盛夏(送付月問わず)

はがき・手紙

暑中見舞いを送る媒体は?

「暑中見舞い」と聞いて思い浮かべるのは「はがき」が一般的でしょう。使用するはがきや、縦書横書きなどの書き方に特に制限はありませんので、一般的に販売されている普通はがきで出すことができます。また暑中見舞い用にスイカや花火、かき氷などの夏の風物詩のイラストがプリントされたかわいらしいものも販売されています。 年始の「お年玉付き年賀状」と同様、暑中見舞いにも、くじ付きはがきが日本郵政から発売されます。「かもめ~る」という商品で例年6月初旬頃から販売開始となります。お年玉付き年賀状に比べ母数も少なくチャンスも多いので、喜ばれるでしょう。 また、暑中見舞いははがき以外のもので送ることもできます。封書の手紙は込み入ったことに触れる時や書きたいことが多い時に良いでしょう。日本郵政の基準にのっとっていれば、うちわなどのはがき・手紙でないものでも送ることができます。

メール

年賀状でも増えている季節の挨拶の最近の送り方としては「メール」や「SNS」での連絡です。やはり手軽に送れることが最大のメリットで、住所は知らなくともメールアドレスや電話番号だけでつながっている友人知人も少なくない昨今、メールでの季節の挨拶は普通であるとも言えます。 書き方は基本的にはがきや手紙などの媒体と同じと考えて良いでしょう。年始の挨拶に比べて暑中見舞いをメールで行うことはさほど一般的ではないため、「本当なら電話や手紙などで送るところをメールという簡略化した形でお送りして申し訳ありません」といった意味合いを込め「メールにて失礼します」と結ぶと印象も良い書き方になります。

喪中の人に暑中見舞いは送っていいの?

喪中の人には年賀状を送らない、というのは広く知られているマナーですが、暑中見舞いはどうなのでしょう。結論から言えば暑中見舞いは喪中の相手でも送って構いません。年賀状は新年を「お祝い」するものなのに対し、暑中見舞いは季節の挨拶であるため問題はありませんが49日が明けていない相手には避けたほうが無難でしょう。 喪中の相手であっても書き方の基本は変わりありませんが、にぎやかすぎる絵はがきなどは使わないようにするなどの配慮は必要です。内容も、家族の近況に触れるような書き方のもの(「皆様お変わりありませんか」)ではないものを選ぶようにしましょう。

ビジネスの暑中見舞いの書き方

ビジネスの暑中見舞いの書き方

ビジネスシーンで送る暑中見舞いの書き方も、基本的にはメールや文書などを送るときのビジネスマナーにのっとって送れば問題はありません。文頭の季節の挨拶や、内容、末の締め方などは「上司・先輩」「取引先」「顧客・お客様」によって書き方を多少変化させることが必要です。

ビジネスでの暑中見舞いの例文

【例文】上司・先輩宛の暑中見舞い

暑中お見舞い申し上げます 厳しい暑さが続いておりますが、ご健勝のことと存じております。 ○○部長には、平素何かとお世話になり、ありがとうございます。 今後も一層の努力のもと頑張っていく所存ですので、ご指導の程よろしくお願いいたします。酷暑の折りから、くれぐれもご自愛ください。 平成○○年 盛夏

【例文】取引先・顧客宛ての暑中見舞い

暑中お見舞い申し上げます 厳しいが暑さが続いておりますが、貴社いよいよご盛栄のこととお慶び申し上げます。 平素はひとかたならぬお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。 今後とも引き続きご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。 炎暑酷暑のみぎり、皆様のご健勝とご自愛をお祈り申し上げます。 平成○○年 盛夏

プライベートシーンで暑中見舞いの書き方

先生・恩師に出す暑中見舞い

【例文】小学生が先生に出す暑中見舞い

暑中お見舞い申し上げます。 夏休みも暑い日が続きますが、先生はお元気ですか? わたしは朝から水泳クラブ、宿題を頑張っています。 二学期もよろしくお願いします。

【例文】中学生が先生に出す暑中見舞い

暑中御見舞い申し上げます。 暑さが厳しい日が続きますが、先生はいかがお過ごしですか。 新学期からはクラブ活動に加え、勉学にも全力投球するつもりです。 新学期もどうぞよろしくお願いいたします。

友人・親戚に出す暑中見舞い

【例文】友人宛ての暑中見舞い

暑中御見舞い申し上げます。 毎日暑いけど夏バテしたりしてませんか? このあいだ家族で沖縄に行ってきました、新学期にお土産渡すね! 10月の文化祭楽しみだね、絶対成功させよう! 二学期からもまたよろしくね。

【例文】親戚宛ての暑中見舞い

暑中見舞い申し上げます。 寝苦しい日が続いてますが、皆様元気にしていますか? この春、長男○○が小学校に入って、少しだけ落ち着いた生活が送れるようになりました。こちらに来られる際にはぜひお立ち寄りください。 まだまだ暑さの厳しい日が続きますので、皆様お体に気を付けてお過ごしください。 平成○○年 盛夏

今年こそ「暑中見舞い」送ってみませんか

耳慣れた言葉ではあってもあまり実は馴染みのない「暑中見舞い」の書き方についてご紹介して参りました。暑中見舞いは書き方の形式もあまり定まっておらず、堅苦しくなく送ることができる離れた相手とのコミュニケーションの機会のひとつです。 子供のころは書いていたけれど書かなくなってしまった、毎年なんとなく書かないまま、という方も、ご紹介した書き方を参考に、今年こそ暑中見舞いを送ってみませんか。

関連タグ

アクセスランキング