IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

高遮音性イヤホンのメリットとデメリット・メーカー

初回公開日:2018年02月05日

更新日:2020年08月28日

記載されている内容は2018年02月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ガジェット

遮音性の優れたイヤホンは、周囲の音が気にならなくなり、なおかつ、防音性能などが優れているため非常に高クオリティーで音楽を聴くことができます。この記事は、イヤホンの種類によるメリット・デメリット、遮音性のイヤホンの特徴などを記述しています。

遮音性に優れたイヤホンのメリット・デメリットは?

1人で音楽を楽しむためには、遮音性に優れたイヤホンでなければなりません。遮音性に優れていなければ、音楽が聞こえにくかったり耳を傷めてしまう可能性もあります。 遮音性に優れたイヤホンのメリットは、音質が良かったり音漏れの心配がないという点です。これらの心配をしながら音楽を聴いても気分が盛り上がりません。 一方でデメリットは、イヤホンの種類によっては、耳が疲れてしまったり長時間使うことに向かないものもあります。遮音性のイヤホンは種類や用途によって向き不向きな商品があります。これらの特徴をしっかりと把握したうえで購入するようにしましょう。

音漏れ

音漏れがしやすいイヤホンの種類として挙げられることが多いのはインナーイヤー型です。これは、耳の空洞にフィットする形になっており、長時間使うことができ耳の負担が少ないのが特徴になります。ですが、この形が原因で音漏れの可能性が高く音量には注意しなければなりません。 インナーイヤー型のイヤホンは比較的低価格で購入できるものも多く、外出の際に音楽を楽しみたい方、何か作業するときに音楽を聴く方など、音漏れをあまり気にしない方は試しに1つ購入してみてはいかがでしょうか。

音質

音質にこだわりたい方には、バランスド・アーマチュア型やハイブリット型がです。前者は、中音域や高音域の音質がとても良くクラシックやアコースティックといった落ち着きのある音楽には最適なイヤホンです。しかし、低音域に関しては優れていなくロック調の音楽には不向きです。後者は、低音域・中音域・高音域どれをとっても優れた音質で音楽を聴くことができます。しかし、高度な音質を再現できるために高価なものが多く気軽に購入できるものがありません。 どちらのものも音質にこだわっているために高価な商品が多いです。良い音質で音楽を聴きたい人はぜひ購入してみてください。

防音

防音に重点を置く場合には、カナル型がです。これは、遮音性が高く防音性が高いのはもちろんのこと、耳から外れにくく細かな音も聞き取りやすいです。しかし、この型のイヤホンは、耳から外れにくい反面長時間使用すると耳が疲れる傾向にあります。また、周囲の音がとても聞き取りにくいため危険を伴うこともあります。 このイヤホンは、繊細な音を聞き取れることに加えて防音性能が高いため、これらをこだわりたい方はぜひ購入してみてはいかがでしょうか。

特徴別遮音性イヤホンは?

遮音性のイヤホンは、どの種類を使っても耳から外れにくく耳の負担が少ない物がほとんどです。また、値段も比較的低価格で購入できるイヤホンもあるため、一度遮音性のイヤホンを購入しようと考えている方でも気軽に購入することができます。 近年の遮音性のイヤホンは、長いコードで絡まる心配のないBluetoothやワイヤレスの商品も販売されています。これらのイヤホンも従来のイヤホンと同じような性能を持っており、コードが嫌だと感じる方が購入する傾向にあります。 では、遮音性のイヤホンを特徴別に吟味したとき、どのような商品が良いのでしょうか。

Bluetooth

Bluetoothのイヤホンは、音質や遮音性の他に、機能が充実しているか、充電などがしやすいか、どのくらいの金額で購入することができるか、ということを考えていく必要があります。 まず、音質や遮音性は、低音が聞き取れたりノイズがない商品を選ぶ必要があります。実際にお店で購入するときには試奏できるところが少ないため、Amazonや楽天の商品レビューなどを参考にしていきましょう。 Bluetoothのイヤホンで大事なことは、アプリに対応しているか、充電がしやすかったり簡単に装着することができるかです。これらが不便であると使いたくなくなってしまいます。 このイヤホンは特にスポーツ中に音楽を聴いたり、電車などの中で音楽を聴くときにとても有効なため、このような場面が多い方は検討してみてください。

ワイヤレス

ワイヤレスのイヤホンは、Bluetoothとは異なりコードがほとんどありません。ですので、イヤホンを収納する際にとてもすっきりとカバンなどに収めることができます。 このイヤホンは、基本的にアプリなどで電波を飛ばして音楽を流すようになります。したがって、電池式で動くものがほとんどです。従来の商品と同じように遮音性はばっちりであり耳の負担も少ないため初めての方でも簡単に使うことができます。 一方で、商品によっては再生時間が少ないものもあります。説明書をしっかりと読むなどして確認しておきましょう。

高音質

遮音性のイヤホンとして高音質な商品の特徴は、耳の形状にフィットした商品が多いことです。耳の形状にフィットしていなければ外の騒音も一緒に聞こえてしまうこともあります。 高音質を生み出すためにイヤホンにさまざまな処理を施しているため、音質にこだわると必然的に値段が高いイヤホンが多くなります。そんな中で商品はハイブリット型の商品になります。

低音

関連タグ

アクセスランキング