IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

業務の意味/類語/英語表記・ビジネスの場における業務の意味

言葉の意味

ビジネスシーンで恥ずかしい思いをしないためやビジネス会話で勘違いをしないためにも業務という言葉の意味をきちんと認識しておくことは重要です。業務と似た言葉として職務や事業との違いや業務に紐付く業務遂行や業務プロセスといった言葉の意味も解説しています。

更新日時:

業務の意味

業務の意味とはどのような事かわかりますか。日常あまりにも普通に使っているので意識したことは無いはずです。業務とは、大きく定義すると自分が遂行すべき目標と言えます。そして、業務とは通常においては会社や組織から与えられるもので遂行すべきものと言えます。 また、業務とは何かしらの価値を生み出す仕事を意味し、各々の組織が実施する個々の仕事と定義することもできます。そして、その業務を遂行するための手段という意味が仕事です。 業務とは、日常継続して行われる日々の職業上の仕事という意味も持っています。また、法律用語としては社会生活において反復・継続して行う活動のことを示す場合もあります。

毎日継続して行う商売

毎日継続して行う商売のことを業務というのかと言うとそれは少し違う感じがします。継続して行うところから業務と勘違いしやすい部分ではあるのですが、この場合は事業というのが正しい分類になります。

事業などに関する仕事

事業などに関する仕事と言った場合の意味は、まず事業とは会社が行っていることなので会社が行なっている仕事を意味します。その事業の中で発生する一部の仕事の中に業務というものが位置します。さらに業務の中の個々人が担当する仕事を職務と言います。 事業、業務、職務とは非常に似たような内容ではありますが、明らかに違うものなので理解して使い分けることが大事です。

業務の類語

業務の類語

事業と業務と職務については簡単に前段で触れましたが、業務という言葉にはその他にも似たような言葉が実はたくさんあります。理解しておかないと混同して使ってしまうのでいくつかの類語の意味を紹介していきます。

実務の意味

業務と似た言葉で実務という言葉があります。実務の意味とは実際の具体的な仕事のことを意味します。よく言われるのが資格を持っているけれど使ったことがないというような人は実務能力が無いと言われます。要は知っているとできるは大きな違いがあるということです。 会社内においては、業務推進を円滑にサポートするためのバックオフィス業務のことを実務ということもあります。

事務の意味

事務とは会社や役所なでの書類作成や帳簿の作成、そしてそれらの処理などに携わることを意味し、主として机上で行われることの多い仕事を指します。また、会社に決定された実務全般をさして事務というケースもあり、それらは政治的、経営企画的判断を伴わない業務と位置付けられます。 最近では事務のことをデスクワークとも呼ぶようになっていて、パソコンなどの操作作業も事務に含まれるようになってきています。

雑務の意味

雑務とは辞書的な意味で言うと細々とした色々な用務のことを示します。雑用とは雑な用事ではないので注意が必要です。業務や仕事を行うにあたって目の前に現れる細かな色々な用事の総称が雑務であるのできっちりとこなしていかなければならないこととなります。

広辞苑における業務の意味

広辞苑における業務の意味は、どのように定義されているでしょうか。インターネット上の「広辞苑」で検索してみると「事業・商売などに関して、日常継続して行う仕事。なすべきわざ。仕事」と定義されています。

業務の英語表記

世の中がグローバルになってきているので日本語の業務とは英語ではどのように表現されるのかということも見ていきましょう。業務とは英語ではbisiness、または任務としてのdutiesと表現されます。また、operationやserviceと表記されることもあります。

business

業務の日本語表記で紹介しましたbusinessですが、それでは逆にbusinessの意味することとはどのようなことを示すのか見ていきます。businessとは実は理解しているよりさまざまな意味を持っています。従事している業種、職種、業界のことを一般的に指しますが、その他にも会社や企業、事業所などのおことを指す場合もあります。 また、商慣習や商取引、商売のことも指すことがあるので英語でbusinessと言われた場合には単純に業務と考えては意味が違ってしまうケースが多く見られます。

ビジネスの場における業務の意味

ビジネスの場における業務の意味

ビジネスの場において業務という言葉の意味は、非常に幅広く使われます。よく使われる言葉としては、業務遂行とか業務フロー、業務標準化、業務体制などが挙げられます。それらの言葉がどのような事を意味するのか確認していきましょう。

業務遂行の意味は?

業務遂行とは会社や上司などから与えられた業務について責任を持って最後までやり遂げる事を意味します。要は指示された事に対してニーズを把握し目的を完遂する事です。ただやるだけでは業務遂行とは残念ながら言えません。。 そしてその業務遂行の能力は、その人が持っている知識や技能、体力といった単純作業によって得た能力と経験から身につけた判断力、企画力、指導力といった学習した能力を基礎として、責任制や積極性、協調制といった能力を発揮する力を掛け合わせて発揮されます。

業務フローの意味は?

業務フローとは、業務プロセスである、いわゆる仕事の手順というものを見てわかるような図や形にすることを意味します。文章伝えるより俯瞰してものが見えるのでわかりやすく、また発想を広げたり、気付きを得やすいと言えます。 業務フローの役割としては、わかりやすいという事が重要となりその前提条件は、業務フローに描かれる業務が何をきっかけに開始されるのか開始条件を明確にすることです。そして、時系列の関係制が明確にわかるようにする事も大事です。そして、難解にしてしまう原因である業務の流れが分岐するケースでは、必ずその分岐の条件を明確にすることが重要となります。

業務標準化の意味は?

業務標準化とは、放置しておくと多様化したり、複雑化したり、さらには無秩序化してしまう業務を少数化したり、単純化したり、秩序化する事と定義されています。 業務とは、受けた個人が各々やりやすいように行っていくうちに個々人が独自にやりやすいやり方にしていってしまいます。また、少数化をしなければどんどん業務量は大概は増大し管理ミスや漏れが生じる事となってしまいます。 業務を標準化するためには、いつ、誰が、何を、どのように、どの順番で行うのか仕事のやり方を定めていく必要があります。そのことによって時間や労力の無駄が減り業務効率が向上したり、過失などが発生しにくくなることからリスクの低減や内部統制の強化が図れます。

業務体制の意味は?

業務体制とは、業務が適正に行われるようにできる体制の事を意味します。業務を行う上で適正に行われるとは違法行為などがなく、またミスやエラーなどの発生が無いようにすることとなります。そのために会社などの組織が基準や手続きのやり方など決めて健全で有効に、そして効率よく運営されるようにしていきます。それらのことに対して管理、監視、保証を行うことを業務体制と言います。

職務と業務の違い

職務と業務の違い

職務と業務についてはすでに簡単には触れていますが、その内容についてもう少し詳しく触れていきます。その意味や違いについても解説していきます。

職務=社員個々が担当する仕事

職務の意味するところは、どのようなものかというと社員個々が担当する仕事と定義されます。要は個々が務めとして受け持っている仕事のことを指し、担当している任務などを意味します。そして、会社や組織に所属している人においては全員が共通して担う役割のこととなります。 それに対して会社が行なっている仕事全体は事業という言葉で意味されています。

業務=会社の部署などの単位でしている仕事

業務とは、会社が事業として行なっている仕事の中の一部分にあたり、会社が事業を行うにあたって目的として個々人に与えるもので部署などの単位で遂行すべきものとなります。

業務と事業と職務について

業務と事業と職務について

ここまで業務という言葉を中心にビジネスシーンでよく使われる似たような言葉を紹介してきましたが理解できましたか。業務という日常普通に使っている言葉ではあるのですが、掘り下げていくと意味は深く、よく理解しておかないと違った意味や似たような言葉と混同してしまいます。特に事業や職務と言った言葉が混同されているケースが多く存在します。 事業とは会社が行なっている仕事全体のことを示し、業務とはその仕事の遂行するために個々の部署に与えられた目標であり、遂行すべきものとなります。そして職務は、業務を進めるための個々人が担当として任務などを示す言葉となります。 それぞれの意味や位置付けをよく理解してキチンと使い分けることが社会人としては重要な事となります。

関連タグ

アクセスランキング