IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

過去帳の書き方|記入例/注意点・購入価格の相場・処分の仕方

社会人常識

仏壇にある過去帳を紐解いたことはありますか。過去帳に書かれているのは、家に連なる先祖の生きた証です。でも過去帳のことを詳しく知らないという人が多いでしょう。ここでは過去帳とは何か、過去帳の記入の仕方、お布施、価格の相場など過去帳に関することをご紹介します。

更新日時:

過去帳とは

トピック1036229/要素3437519

過去帳とは仏具の一つで、死者の法名や、俗名、死亡年月日、享年を記入して置く帳面のことです。法名とは戒名のこと、俗名は生前の名前、享年はこの世に存在した年齢のことを言います。過去帳は長い紙を折りたたんだ折本形式のもの、縦に閉じられた和本のものがあり、材質は、紙が一般的ですが中には布や木があります。これは紙が簡単に手に入らなかった時代の名残です。 過去帳は、寺院用と在家用があります。在家用は折本形式のものが多く用いられます。過去帳へ記帳するのは、過去帳がある場合は、三十三回忌か五十回忌に位牌をお寺へ返し、過去帳に位牌の情報を転写してもらいます。過去帳を新しく作る場合には、49日や納骨のタイミングで行います。 過去帳は仏具ですが、家の系譜帳の意味合いが強く、家が続く限り永続的に残されます。そのため、時期ごとに過去帳の写し替えが必要です。写し変えは、檀家となっている寺の住職に依頼します。

寺院の過去帳

寺院の過去帳は日付ありのものと、日付なしのものがあります。多くは日付なしのものを使い、死亡順に記入していく年表式です。過去帳は、その土地の記録簿としての意味合いが強く、その地域に起こった災害や疫病などの事柄が記されているので、当時の人々の生活をうかがい知る手掛かりになります。 過去帳が歴史の上で存在が確認できるのは、鎌倉時代以降と古いです。江戸時代には、民衆はいずれかの寺院の檀家になることが義務付けられ、過去帳は戸籍のような役割を担っており、お寺は、役所の役目も担っていました。その名残が、寺院に残されている過去帳です。 日本最古の過去帳は、奈良の東大寺にあります。奈良の大仏は、東大寺の本尊で、大仏が鎮座する大仏殿は、木造建築としては世界最高級です。

個人情報の観点から

過去帳には、各家の個人情報のデータベースという側面も持っています。寺院によっては生前の事跡や死因など詳細に書かれている場合もあります。そのため「家系図を作る」などといった理由をつけ、興信所の職員が身元を偽って閲覧し、身元調査を行うという事件が頻発しました。小説家三島由紀夫の先祖の調査に寺院の過去帳が利用されたということもありました。 寺院では、門徒であっても自由に過去帳の閲覧はできません。門徒でも閲覧できない理由は、寺院の過去帳は、亡くなった年月日の古い順番から記載されていて、各家ごとにまとめている訳ではないので、寺院の過去帳を閲覧する、ということは、その寺院の全門徒の個人情報を閲覧するということになります。そのため過去帳の閲覧を禁止しています。

鯨の過去帳

長州捕鯨の中心地、山口県長門市には、鯨の戒名の書かれた過去帳が保管されています。 信仰の対象となっている鯨の過去帳は、鯨鯢過去帳と言われ向岸寺に安置されています。これは享保4年(1719)から天保8年(1837)の約120年に渡って母子の鯨に戒名をつけ、捕獲した母子の組数を捕獲年月日順に記入しています。 この鯨鯢過去帳は、県の指定文化財となっており、往時の捕鯨関係資料としても貴重です。この鯨鯢過去帳は、経年により劣化が激しく、全4巻あるうち、1巻は欠失、3、4巻は昭和に入って移し替えられ、県の指定になっているのは、2巻のみです。現在は、レプリカが作成され、見ることができますが、常時展示ではありません。

鯨のお墓もあります

同じく向岸寺には、鯨のための位牌と、墓もあります。過去帳と同じく向岸寺の五世讃誉上人が、鯨墓とともに建立しました。 鯨の墓は、国の指定遺跡で、「青海島鯨墓」と呼ばれています。ここには鯨の胎児が埋葬されて居るほか、捕獲した鯨全体を祀るという意味もあります。表には、「業尽有情」から始まる「腹の子の命を奪うつもりはなかったが、海に放しても生きられまい。人間と同じように回向の功徳を受けて、悟りを得てくれるよう、お願いする」という意味の漢文が掘られています。 向岸寺では1年に1度、鯨回向と呼ばれる、鯨のための法要が行われています。この法要が始まった江戸の頃は、人間以外の動物に対する法要は行われておらず、長門での鯨への感謝の念が、非常に深いことが伺い知れます。 また長門は、詩人の金子みすゞの出身地であり、金子みすゞも、鯨回向を描写した「鯨法会」という詩を残しています。

過去帳の書き方は?

トピック1036229/要素3421851

過去帳は、基本的には檀家寺の住職に書いてもらいますが、中には、過去帳は自分で書く、故人と一番深い縁があった者が書くという人もいます。故人と縁が深かった人が過去帳に書くことで、心がこもった供養になる、という解釈です。また仏具店に依頼する人もいます。それまで無宗派だったという人は、葬儀後に49日でお世話になった寺院に揮毫を依頼します。 過去帳は、きちんと硯で墨をすって、毛筆で記入することが望ましいですが、サインペンやボールペン、鉛筆で記入する場合もあります。しかし過去帳は、その家の系譜、記録で、長く残ります。ふさわしい書き方をしましょう。また、近年ではパソコンで過去帳を記入するサービスがあります。 過去帳は日付があるものとないものがあり、在家用は一般的に日付が入っているものを使用します。日付ありのものは、1日から31日までのページがあり、亡くなった日付に記入します。

記入例は?

過去帳は毛筆を用いて記入します。毛筆で書くことを揮毫といいます。 過去帳へ記入するのは法名(戒名)、俗名(生きていた時の氏名)、没年月日、没年(亡くなった年齢・享年)続柄です。法名の書き方は、各宗派によって異なります。 日付入りのものは、1ページに6行くらいが一般的です。一人で3行使います。1行目に没年月、2行目に法名、3行目に俗名、享年、続柄を記入します。日付なしのものは、亡くなった順番に記入して行きます。上下段がある場合には、上の段に法名、下の段に没年月日、俗名、続柄を記入します。 過去帳はつながっていきます。確かにパソコンで印字した字は読みやすいですが、記入した人の思いが滲みません。過去帳は、人の手によって書き連ねていくことで、人の思いも連なっていきます。過去帳のそのページに書かれた先祖の名前を見て、「こんな人がいたんだなあ」と思いを馳せることでも十分供養に繋がります。

法名とは

トピック1036229/要素3423374

戒名のことを言います。戒名は仏門に入った証で、戒律を守る証として与えられます。日本では死後に成仏するという考え方から、故人に戒名を付ける風習があります。戒名は、院号、道号、位号に分かれています。 院号とは、高い社会貢献、寺院や宗派への貢献をしたものに送られる称号です。道号は戒名の上につける、字名に相当します。居号は、居士、大姉など、厚い信仰を持った信者に贈られるものから、信士、信女という18歳以上の男女に付けられるもの、未成年で亡くなった子供につけられる、童子、童女があります。死産や乳児で亡くなった子供には水子と付けられます。 浄土真宗では、戒律がないという考え方なので、戒名ではなく法名と言います。法名には釋号がつきます。浄土真宗では、居士や大姉というランクを表す号が付かず、釋に生前の名前からとって、「釋〇〇」とするのが一般的です。

戒名は基本的には二文字です

戒名はもともと二文字で構成されていましたが、院号、道号、位号が加わり、長くなります。一般的には全体を含め戒名と言います。戒名は基本的に二文字です。どんな偉大な人でも、浅ましい人でも変わりません。本来、戒名とはどんな身分の人でも、仏の世界では平等であるということを表しています。 構成は、〇〇院◆◆☆☆居士で、〇〇が院号、◆◆が道号、☆☆ が戒名、居士が位号を表しています。法名に使われる漢字は、宗派によって特徴が出ます。法名の漢字は、経典に使われている、意味や語感がいい文字や仏教的に意義のある漢字にするからです。これらの漢字を組み合わせて、住職が故人にふさわしい法名を授けます。

戒名・法名は自分でつけられません

戒名、法名をつけてもらう際に、高額なお布施を要求される場合があります。ランクにもよりますが、相場は10万円から100万円以上とかなり高額です。そのため自分で戒名をつけたいと考える人もいるでしょう。しかし戒名は、仏様の弟子になった証としていただくものですので、自分でつけることはできません。

注意点は?

過去帳はに記入するスペースは広くありません。また毛筆で記入するため、字が滲んでしまったり、毛筆に慣れていても非常に書きにくい書です。字が潰れてしまったり、書き慣れない毛筆で、子供のいたずら書きのような文字になってしまったりしてしまいます。狭いスペースに、画数の多い字も潰すことなく、美しく書くには、かなりの集中力が必要です。 過去帳はその家の系譜帳という意味合いが強く、長く残り、後世の人の目に触れます。住職は書を修行の一環として行っているため、毛筆は普段から書き慣れており、また過去帳にも多く揮毫しています。住職へ揮毫を依頼するのが一般的な形です。 過去帳はただの帳面ではありません。位牌の代わりに用いられることもあり、また、先祖が生きていた証が綴られています。粗末に扱って良いものではありません。記入する際には、ただの帳面ではないことを肝に命じて、ふさわしい扱いをする必要があります。

過去帳の保存の仕方

トピック1036229/要素3421858

過去帳は、いつもは仏壇の引き出しか、それに見合った場所にしまっておき、月命日だけ仏壇の中に入れ、見台に載せお参りします。浄土真宗では、位牌がありませんので、過去帳や法名軸を用います。 これは、浄土真宗の教えに基づいており、法名軸がない場合には、過去帳引き出しにしまわずに、仏壇に安置します。 また日蓮宗では、故人の情報を記すだけではあり前ん。日蓮宗の過去帳には、開祖の日蓮聖人や歴代御法主上人の命日、大聖人の法難、お題目なども記載しており、毎日のお勤めの際に使用します。

過去帳を通販で買う場合の価格の相場は?

トピック1036229/要素3423389

過去帳を通販で買う場合の価格は、安くは1,500円から10,000円以上までと開きがありますが、相場は2,000円から5,000円です。過去帳には色々な種類があります。形も和本と折本の二種類あり、表紙の素材やサイズによっても価格が変わります。

インターネットで購入するメリット・デメリット

インターネット通販で買う場合は、送料の兼ね合いもありますが、仏具店で買うよりも安く購入することができます。またわざわざ店に足を運ばなくても、自宅で気に入ったものを買うことができますし、インターネット通販の普及によって、粗悪な商品も少なくなっています。 何よりインターネットで買うメリットは、品数の多さでしょう。予算の価格帯で、好みのもの、サイズに合うものと仏具店で探すと、狭まってしまう選択肢も、インターネットならば、自宅で心ゆくまで探すことができます。 しかし仏壇や仏具は買って終わりではありません。この先10年、20年使います。インターネットで購入する際には、アフターフォローがしっかりしているかも調べる必要があります。 また、ネットショップの中には、専門的な知識が不足している店舗もあります。

仏具屋さんで購入するメリット・デメリット

仏具店で購入する場合には、実物を手にして決められるというメリットがあります。また、わからないことは、店員が丁寧に教えてくれますし、アフターフォローもしっかりしています。 仏具店の店員は、皆一定の知識を持っており、良い助言を期待できます。また、実店舗で買う場合の価格には、修理やメンテナンスの値段も含まれていることが多く、アフターフォローも期待できます。 知識がなく、調べてもわからないという人は実店舗で購入した方が向いています。しかし中には、こちらの要望を聞かず、勝手に仏壇仏具を見繕ってしまう店員や、低品質な商品を高額で売りつけるという残念な店があることも事実です。

過去帳の紙の種類

家庭用の過去帳は、折本形式が一般的です。また、日付入りのものが望ましいです。表紙とともに紙にも種類があります。和紙の一種である鳥の子紙と洋紙製です。鳥の子紙は写経用にも用いられる、表面が滑らかで艶があり、耐久性に優れ、美しく、紙王とも評価されます。洋紙とは、西洋の手法で作られた、機械ずき紙を言います。

過去帳のサイズ

三寸から六寸まであります。見台は過去帳に合わせて購入する必要があります。見台も一緒に購入する際には、過去帳は見台より、ワンサイズ小さい見台を使用するのが一般的です。

縦(cm)横(cm)
3.0寸9.14.5
3.5寸10.65
4.0寸12.15.3
4.5寸13.55.9
5.0寸14.76.2
5.5寸16.6
6寸18.17.3

過去帳の表紙の素材①布地

広く一般に出回っているのは、布地でできた過去帳でしょう。金襴・緞子のきらびやかな布地ですが、さほど高額ではなく、手に入れやすい価格帯です。金襴は、糸に金箔を織り込み、紋様を織り出した布地のことを言います。緞子とは、密度が高く地が厚い朱子織地に紋様を織り出したものをいい、厚地で光沢があり、どっしりとした高級感があります。 しかし布地は擦り切れやすく、汚れやすいことから、系譜帳として永続的に残す過去帳では、買い直す必要が生じます。価格の相場は、1,500円から3,000円です。

大変満足しました。当初想定されていた到着日より随分早く送付していただいたので助かりました。 ネットでの買い物ということで、この手のものは不安がありましたが、届いてみると満足できる品でした。近くの仏具屋なら8000円はしたものです。いい買い物でした。

過去帳の表紙の素材②唐木

唐木とは黒檀や紫檀です。唐木は硬く丈夫な材質で、美しい色合い光沢から、仏壇や建具、楽器などに重宝されています。唐木の表紙の過去帳は、丈夫で壊れにくいことから、永続的に保存する過去帳に適した素材です。重量感、高級感があり、家紋や家名を掘り入れることでより高級な印象になります。価格は5,000円〜です。

今日待ちに待った家名家紋入りの過去帳が届きました。 注文をするまでは凄く悩んだのですが悩んだ甲斐がありました。 これで仏壇から仏具まで全て紫檀で揃いました。 大変満足です。

過去帳の表紙の素材③漆

蒔絵を施した表紙もあります。日本らしい上品な図柄が好まれます。 蒔絵は、漆器の表面に漆で図を描き、金や銀を蒔くことで図を定着します。蒔絵の表紙は、金襴緞子や唐木よりも価格が張ります。相場は、15,000円〜です。

過去帳には見台が必要です

過去帳には見台が必要です。見台とは、過去帳を開いて固定するための台で、ページを開いておくための押さえがつき、見やすい角度になっています。見台にも種類があり、多くは唐木づくりですが、蒔絵の美しいもの、モダンなデザインのもの、足つきのものがあります。 現在では仏壇もリビングに合わせたモダンなものから、絢爛豪華なものまでそのデザインはさまざまです。仏壇に合わせて見台を用意しても良いでしょう。価格は、見台の材質の種類にもよりますが、安いものでは3,000円ほど、高いものでは20,000円ほどの価格帯です。

唐木の見台

唐木とは、黒檀や紫檀などの、何体地方から輸入された銘木の総称です。紫檀や黒檀のほか、カリンや白檀があります。特に、紫檀、黒檀、タガヤサンが唐木三大銘木とされています。美しい木目と、堅さが高級感を醸し出し、家具や楽器、仏壇などに重宝されています。モダンなデザインの仏壇にも、昔ながらの仏壇にもよく会います。 価格は3,000円から7,000円くらいで、4,500円くらいが相場です。

紫檀が高級感を醸し出しますね。 家紋と家名も入れていただいて、 我が家だけの過去帳になりました。 追加で紫檀の見台を注文しようと 思っています。

蒔絵の見台

金の蒔絵の描かれた見台は、見た目も豪華です。見台全体に蒔絵を施した豪華なものや、ワンポイントで蒔絵を使用したものと、デザインもたくさんある中から選ぶことができます。価格はデザインにもよりますが、10,000円後半から20,000円が相場です。

モダンなデザイン

仏壇のデザインも増えてきています。いまではリビングに置くことを考え、ほかの家具に馴染む仏壇も増えています。見台も同じく、アクリル樹脂で作られたものから、ナラ材などの木肌がリビングに合う材料で作られたもの、小さな仏壇に合わせた小ぶりなものとデザイン性を重視したものが多く販売されています。 価格は、1,000円台から20,000円前半と幅が広いですが、相場は3,000円から5,000円です。

家紋や家名の文字入れサービスもあります

過去帳の表紙には、家名を書き入れる場所があります。ここも住職に揮毫を依頼しても良いですし、ご自身で書かれても良いですが、仏壇てんでは家紋や家名を書き入れるサービスもあります。家紋や家名を書き入れることで、見栄えもし、家専用の過去帳、という意識が高くなります。

過去帳に記入してもらう場合のお布施の相場は?

過去帳は、多くは檀家となっているお寺の住職に揮毫してもらいます。戒名や法名をつけてもらった場合に過去帳への記入を一緒に頼めば、快く引き受けてくれます。その場合は、法要のお布施と一緒で構いません。 法要と関係なく揮毫を依頼する場合には、5千円〜1万円が相場です。地域の相場があればそれに倣い、わからなければ、住職に直接相談します。揮毫を依頼した場合、揮毫料を包む封筒は、表書きを「御布施」とし、奉書封筒に包みます。

過去帳と位牌の違いは?

過去帳は位牌と同じ内容が記されています。しかし、位牌と過去帳では、意味合いが違います。過去帳が系譜帳的な意味が強いですが、位牌は故人の魂が込められた、故人そのものとして捉えられるため、成仏するための追善供養の対象となります。そのため常時仏壇に安置されます。 一方過去帳は系譜帳の意味合いが強く、ご先祖様の名前が書かれているのものの、三十三回忌、五十回忌供養の終え、極楽浄土へ行ったとして追善供養をする必要がなくなるため、引き出しなどにしまわれます。 また位牌は、永続的には保管しません。数が多くなってくると仏壇に置ききれなくなるため、三十三回忌や五十回忌の節目の法要で、位牌は処分されることが多いです。反対に過去帳は、その家の系譜として、家が続く限り永続的に保管されます。

浄土真宗では位牌がない

浄土真宗では、阿弥陀如来の力で、死後すぐに仏様になるという考え(他力本願)なので、魂を位牌に宿らせ追善供養をする必要がなく、位牌は必要としません。そのため、故人の名前を記しておく、生きていた証を残しておくという目的で、過去帳や法名軸に名前を書いて供養を行うという考えです。 浄土真宗では、過去帳は仏壇に置きます。置く場所は仏様が安置してある場所よりも一段引居場所、向かって右側に安置します。仏壇は、過去帳や位牌の置き場所ではなく、仏様がいらっしゃる浄土を表したものなので、仏様が隠れないように置くことが大切です。

過去帳の処分の仕方は?

トピック1036229/要素3415990

仏壇の継承者がいない、遠方へ越したため面倒が見られないなど、仏壇を処分する家が増えています。仏壇とともに過去帳も処分したい、そう考えた時、どうしたらいいのか迷います。過去帳は仏具です。中には、家を繋げてきた人たちの生きていた証が記されています。

お焚き上げにする

トピック1036229/要素3415983

過去帳は、仏具でありご先祖さまの生きていた証が記されています。今まで守ってくれたお礼を込めて、きちんと供養して処分します。供養は、気持ちの整理にも役立ちます。読経供養をしてもらい、お焚き上げに出します。 お焚き上げとは、焼却処分のことで、燃やすことにより、ご先祖様を天に返す意味合いがあります。お焚き上げをすることで、廃棄処分するよりも、精神的に罪悪感を感じることなく処分できます。お焚き上げのご供養とお焚き上げ処分料は、5,000円〜10,000円です。

廃棄物処分にする

トピック1036229/要素3415986

過去帳は、家の系譜帳の意味合いが強く、特に供養は必要ないと考える人もいます。しかし、中には、家に連なる先祖が生きていた証が書かれています。そのためきちんと供養したほうが、心の整理がつくでしょう。 供養した後は、お焚き上げに出さなくても、各自治体の処分方法に従って、処分します。過去帳には個人情報も書かれています。寺院では過去帳に書かれた情報を悪用される恐れがあるため、現在では閲覧できない寺院が多いです。そのため、捨てる際にはシュレッダーにかけるなど、内容がわからないようにする必要があります。

過去帳とは自分のルールをたどる鍵

トピック1036229/要素3422208

過去帳とは、家の系譜帳の意味合いがも強いです。過去帳を紐解いて、祖父、曽祖父と系譜を辿っていくことで見えてくるものもあるでしょう。また、過去帳を見て、故人に思いをはせることで供養にもなります。 ルーツが知りたいと思ったら、檀家となっている寺院に、相談しましょう。そうすれば時間はかかりますが、寺院の過去帳を紐解いて、住職がまとめてくれます。寺院の古い過去帳を紐解くと、住職でも感じ入ることが多々あると言います。戒名に使う漢字一つとっても、故人の生きた過程や、当時の住職の思いが滲み出る、それが過去帳です。

アクセスランキング