IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

手作りの芳名帳の作り方|テンプレート/100均/用紙・カード

更新日:2020年11月14日

社会人常識

芳名帳ってなに?芳名帳はなんで必要なの?芳名帳の種類は?芳名帳は手作り出来るの?など、さまざまな芳名帳に関する疑問を一つ一つ紐解いていきます。これから結婚式の準備を始める人や結婚式に参列する人に、知っておくと便利な芳名帳に関する情報がたくさん!

新郎新婦、両者の参列者が招待されているため、全員の名前の把握はなかなか大変です。芳名帳があれば、こっそり名前の確認ができます。晴れの日に名前を間違えてしまうなどというミスは極力避けましょう。

席次の名前と相違がないか

ごくまれに、新郎新婦やそのご家族が参列者の名前を間違って記憶していることがあり、席次に間違った名前のネイムプレートを準備してしまっていることがあります。 そのような時、芳名帳があればそこに記入してもらった名前とネイムプレートを照らし合わせ、受付をした時点で間違いに気付くことができるなど、早急に正しいものに差し替えるなどの対応ができます。また、間違って記憶してしまっている新郎新婦やそのご家族に報告をする こともできます。 とくに、漢字の間違いが多いので(×斉藤→〇齋藤など)、準備をする際は注意が必要です。

ご祝儀との照らし合わせ

ご祝儀の数が合っているか、誰がいくらの金額を包んでくれたかなどの確認や、まれにご祝儀袋に名前を書き忘れてしまう方もいるようなので、その際の確認にも役に立ちます。 また、招待状は1枚にまとめて出していても、家族で参列された方には別々にご祝儀をいただいたりすることもあるので、当日に誰が、何人、参列したかという記録が必要になります。

招待状返信後、住所変更がないか

招待状返信後、住所の変更がないかの確認にも役に立ちます。招待状の返信後のタイミングで引越しをされる参列者の方もまれにいるため、当日参列された方の最新の情報を得ることができます。 芳名帳が必要なそのほかの理由としては、まず参列をしたら名前を書くという結婚式ならではの伝統的な文化があります。また結婚式が終わった後にお礼状を出すなどする際、名前や住所を参考にするなど、その後の付き合いのためにも芳名帳があると便利になるからです。 そして何より、新郎新婦にとっては結婚式という記念すべき日に、参列者の方々からのメッセージは大切な思い出となることでしょう。ぜひ、参列者の方も新郎新婦のために心に残る素敵なメッセージをプレゼントしましょう。

芳名帳の種類

芳名帳にはどのような種類があるのでしょうか。 よくあるタイプは結婚式当日に受付で記入するもののようですが、招待状と一緒に同封されてくるタイプのものも見かける機会が多くなってきました。また、結婚式当日に受付で名前やメッセージを書くタイプのものだけれど、スタンダードな帳面タイプのものとは大きく異なり、斬新スタイルのもだったり。 そんなさまざまな芳名帳のタイプをここできちんと確認していきましょう。

芳名帳は大きく分けて3種類!

① 帳面タイプ

1つ目のタイプは、昔からある帳面タイプの芳名帳です。 結婚式に参列する際、受付で順番に名前や住所を記入するというタイプです。 帳面タイプの芳名帳として、住所と名前を記入するタイプと名前のみを記入する簡素的なタイプなどがあります。こちらのタイプは一番ポピュラーなタイプのものといえます。 帳面タイプなので、参列した順番がわかりやすくご祝儀との照らし合わせにも便利でしょう。

② シートタイプ

2つ目のタイプは、シートタイプの芳名帳です。 シートタイプのものは罫線のみのシンプルなものから、デザインが施された華やかなものなどさまざまなタイプのものがありますが、名前と住所のみが良いという人や、もっとも簡潔な名前のみが良いという人に一番比較的シンプルな芳名帳のタイプです。

③ カードタイプ

初回公開日:2018年02月08日

記載されている内容は2018年02月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング