IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

手作りの芳名帳の作り方|テンプレート/100均/用紙・カード

更新日:2020年11月14日

社会人常識

芳名帳ってなに?芳名帳はなんで必要なの?芳名帳の種類は?芳名帳は手作り出来るの?など、さまざまな芳名帳に関する疑問を一つ一つ紐解いていきます。これから結婚式の準備を始める人や結婚式に参列する人に、知っておくと便利な芳名帳に関する情報がたくさん!

芳名帳とは?

「芳名帳」、この言葉をどこかで耳にしたことのある人は多いのではないでしょうか。しかし、この「芳名帳」について説明することができる人はどれだけいるでしょう。 「芳名帳」とは一体何なのか。また、なぜ必要なのか。種類はいくつあるのか。そもそも、「芳名帳」とは、なんと読むのでしょうか。 ここでは、「芳名帳」に関するさまざまな疑問をひとつひとつ解決していきます。

芳名帳の読み方は?

芳名帳の読み方は(ほうめいちょう)です。 芳名帳の芳名(ほうめい)とは、「名前」という意味の言葉であり、相手のことを尊敬する意味で使う際に用いられる言葉です。そこに「御(ご)」をつけて「御芳名」とすると、さらに丁寧な言葉になります。招待状などに書かれてあるのを見たことがある人もいるのではないでしょうか。 近年では、「ゲストブック」と呼ばれることも多くなってきており、元来の縦書きタイプのものに加え、横書きタイプのものも主流と化しています。 ちなみに、英語では”Guest Book”と表記され、海外では”visitor's book“や”visitor’s list“などともいうそうです。

芳名帳ってなに?

芳名帳とは、結婚式や二次会、説明会などに出席する際に、最初に受付で名前や住所を記入する帳面のことです。 結婚式では、基本的に新郎側、新婦側、それぞれ1つずつ計2つの芳名帳を用意します。同じデザインのものを準備するカップルや、新郎側と新婦側で、ピンクやブルーといったように色違いにしたりするカップルなど、カップルによってさまざまです。通販や市販のものでもたくさんの種類の芳名帳が簡単に探せますが、最近では芳名帳を手作りする人も増えてきています。

2人で1つにするカップルも♪

また、以前のバブル時代のような"派手婚”とは対照的に、最近では"地味婚”なんて言葉が浸透しているように、結婚式も以前に比べ小規模に挙げるカップルが増えているため、芳名帳もカップルで1つにまとめることも多くなってきているそうです。

芳名帳はなんで必要なの?

新郎新婦は結婚式前に、参列してもらいたい人に招待状を送ります。その招待状の返信をもとに出欠席の確認を取ります。招待状を送る際に、もちろん参列者の名前と住所が必要となります。要するに、新郎新婦は結婚式当日にはもうすでに参列者の名前も住所も知っていることになります。ではなぜ、芳名帳は必要なのでしょうか。 次の項目で、詳しく見ていきましょう。

無事に到着しているか

たまに遅刻してしまったり、会場を間違えてしまったりして時間になっても参列者が現れない場合があります。そのような時に芳名帳を確認すれば誰がまだ受付を済ましていないかを直ぐに確認することができます。

参列者の名前の確認

初回公開日:2018年02月08日

記載されている内容は2018年02月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング