IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

親睦会の案内文の作成例|会社/幼稚園/小学校・マナーや注意点

更新日:2020年03月05日

ビジネスマナー

「親睦会」というと一度は出席したことがあるでしょう。しかし、親睦会の主催者となった場合、どういった案内文を書けば良いかわからない方は多いです。ここでは、親睦会の案内文の書き方とその注意点をご説明します。また、その親睦会の目的別に例文もいくつかご紹介します。

親睦会の案内文の作成例

親睦会は参加者の親交を深めようとして開催されますが、この親睦会を開く場合には招待状を作成しなければなりません。また親睦会と一言で言っても、何の親睦会かによって、招待状の中身も変わってきます。ここでは、さまざまな親睦会の案内状の書き方についてみていくとともに親睦会の案内文の例文もご紹介いたします。

親睦会の案内文

親睦会の案内文には、どういった内容が書かれるのでしょうか。親睦会の案内文は、その親睦会がどこで行われるのか、何を目的に行われるのか、日時や場所、費用などを盛り込んだものでなくてはなりません。また、出欠確認もしなければなりません。人数確認をしなければ、会場の手配やお料理の準備、また宿泊を伴う場合の宿の準備などに影響があるからです。 <親睦会の案内文に書くべき事項> ・相手を招待する文 ・通知事項(目的、内容、日時、場所、費用、主催者) ・出欠確認

親睦会の案内文の注意点

親睦会の案内文を書く場合には、注意しなければならない点がいくつかあります。ここでは、親睦会の案内文を書く場合に何に気を付けて書くのか、どんな注意点があるのかについてご説明します。

1.親睦会の目的

親睦会の案内状を書く場合には、開催目的を必ず明記します。どのような目的で親睦を深めるのか、何の集まりなのか、目的がわからなければ参加者からも不信におもわれ集まりません。親睦会の案内文では、どのような集まりでどういった目的で行うのかについての目的を書きましょう。

2.返信方法と返信期限

親睦会の案内文を書く場合には、返信はがきで返してもらうのか、またはメール等で返信するのか、返信方法について必ず明記しましょう。また、出欠確認についての返信期限は必ず明記します。

3.問い合わせ先

親睦会の案内文を送る場合には問い合わせ先を明記します。案内文を送られた人は、何かわからないことがあった場合に疑問点や不明点を聞きたいのにどこに聞けば良いかわからなくなります。そんなときに、どこに問い合わせをすれば良いか明記してあれば、すぐに疑問を解消することができ、招待客も安心して出席できます。

親睦会の案内文を出す時期

親睦会の案内文を招待客に出す時期は、その親睦会がどこで行われるかによって変わってきます。例えば、近くの居酒屋であれば、数日前までに人数を把握すれば良いですが、ホテルの大広間などを利用する場合には、数週間~数か月前から予約が必要です。 また、宿泊を伴う場合も数か月必要でしょう。そのような諸事情を考えて、予約しなければならない時期よりだいぶ前に招待状を送り出欠確認をしましょう。また人数が多い場合は、遅くとも1か月前には出欠を確認できるようにしておくと良いです。

親睦会の案内文の記載内容

会社における親睦会の案内状では、あまり砕けた文章は必要ありません。必要な項目としては、以下のようになります。 1.日付 発信年月日を和暦で書きます。 2.宛名 仕事上の取引先などお付き合いのある先に送る場合は「取引先各位」、顧客宛の場合は「お客様へ」「お得意へ」と書きます。 3.差出人 会社名と代表者を書きます。 4.件名 書面中央に大きめに「親睦会開催のお知らせ」「株式会社○○親睦会のご案内」などのように書きます。 5.前文 前文は「拝啓」などの頭語、時候の挨拶、相手への気遣いの言葉、日頃の感謝を述べます。 6.主文 親睦会開催の通知を行い、その目的についてもきちんと明記します。 7.末文 本文を締めくくる「結びの挨拶」を書き、最後に改行して右端に「敬具」などの「結語」を書きます。 8.親睦会の情報 親睦会開催のための情報(開催場所、時間、会費、返信期限、主催者)を書きます。

次のページ:親睦会でのマナーや注意点
初回公開日:2018年02月07日

記載されている内容は2018年02月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング