IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

レセプショニストの仕事内容|ホテル/コンサートホール/美容室

初回公開日:2018年02月25日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2018年02月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

職種研究

カタカナ職業の「レセプショニスト」、未経験OKから高いスキルが望まれる「レセプショニスト」まで幅が広いこともあり応募後に思っていた内容と違っていた、求められるスキルがよくわからないなど、求人に照らし合わせた「レセプショニスト」の仕事内容をご案内しましょう

観光のお客様を対象としながらも日常の会話の英語検定です。1級・2級・3級とありますので、職場にあわせて取得しておくと有利になることでしょう。

➂正しい日本語使いを「日本語検定」で

語学というと外国語を想像しますが、やはり基本の日本語をしっかりとビジネスで使うことができるということは強みになります。日本語を見直すいい機会になることでしょう。

④需要が見込まれる「中国語検定試験」

挨拶から慣用語までを網羅した試験は中国語を学ぶ人に向けて一つの成果の測定基準として実施されています。ある程度の実力がついた時点で実力を試してみましょう。

マナー(作法)のスキル

訪問されたお客様にフレンドリーに歓迎するにあたり、当然ながらマナーのスキルが必要となります。その企業にあったレセプショニストマナーを研修で教わることになりますが。最低限社会人としてのマナーを身につけておく必要があるでしょう。 「接客サービスマナー検定」では基本のビジネスマナーから所作、お客様に対してよい印象を持っていただけるよう知識が備わっているかを検定します。筆記テストから上位クラスは面接も行われます。

実務系のスキル

実務の中でも電話での対応が一番緊張するとおっしゃるかたがおおいのではないでしょうか?社会人としての電話対応の基本を習得してしまえば、あとは応用するのみ。一番大切なことは電話をかけてきたかたの用件を伺い場面によっては折り返しお電話するなど、臨機応変に対応することが求められます。

デジタル系のスキル

最近では多くの職場で受付専用のソフトウエアや電話で担当者との連絡が取れない場合などのメッセージソフトウエアの導入が進んでいます。プライベートではアナログ思考であったとしても最低限のデジタル機器の操作ならびにコンピューターの操作ができますと言えるレベルが望ましいでしょう。 実際にレセプショニストのポジションで実務をする前にトレーニングが提供される機会が用意されている場合にはこれをチャンスにとらえ新しいことを学ぶ姿勢でのぞみましょう。

アチチュード(態度・心構え)

レセプショニストとしての資質の一番大切な部分と言えるでしょう。いくら語学のセンスがあり多くの資格を取得していて学歴が高く、外見が美しくとも、その仕事に対しての心構えや訪問者(お客様)に対する接客態度がホスピタリティーに欠けているとレセプショニストのポジションに適しているとは言えません。 前向きでどのような状況でも真摯に向き合える、プレッシャー下でも臆することなく対応する精神力も求められることでしょう。数値で表せないアティチュードは1日で身に着けることが難しいことから普段の生活から見直し心豊かに生活する習慣を身につけましょう。

関連タグ

アクセスランキング