IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

レセプショニストの仕事内容|ホテル/コンサートホール/美容室

初回公開日:2018年02月25日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2018年02月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

職種研究

カタカナ職業の「レセプショニスト」、未経験OKから高いスキルが望まれる「レセプショニスト」まで幅が広いこともあり応募後に思っていた内容と違っていた、求められるスキルがよくわからないなど、求人に照らし合わせた「レセプショニスト」の仕事内容をご案内しましょう

学生の間は3年間、薬局の受付として勤務しておりました。一日平均100人のお客様がいらっしゃり、処方箋の受け取りと受け渡し会計を担当させていただいておりました。さまざまなトラブルをお持ちのお客様へ心をこめて対応させていただいておりました。今までの経験を活かして貴社でもお役に立てるよう力を尽くしたいと思います。よろしくお願いします。

レセプショニストになるために有利な資格

レセプショニストになるために求められる資質は職場により多岐に渡ります。いずれかのに当てはまる場合には今すぐにでも応募に挑みましょう。もし、希望の職場に足りない条件がある場合には、できる所から新しく学ぶ努力が必要です。 ●対面での接客や会話が得意な方 ●向上心があり素直な気持ちで対応できる方 ●語学を活かした仕事をしたい方 ●ちょっとした心づかいやサプライズでお客様の喜ぶ姿を自分の喜びと感じる方 ●お客様の発信するサインをキャッチできる方 ●マルチタスクで働ける方 ●問題解決能力に長けている方 ●あきらめずに積極的に動ける方

コミュニケーションスキル

お客様を迎え入れる最初の役割を担うレセプショニスト。見た目のスマートさだけでは補えない言葉使いや言葉の選び方などが問われます。 日本語ならではの「敬語」、文化を背景とした対象年齢により使い分けのある自然な「敬い」の言葉は世界に誇れる美しいコミュニケーション能力と言えます。 ここでは言葉の選び方から対応の仕方、外国語関連の資格についてご紹介しましょう。

電話対応について

現代では携帯電話の普及率が日本総人口を上回っており、どこでも電話ができる時代です、それによって従来の住宅に設置された電話と違って電話をかける側も受ける側もマナーに変化が見られます。 レセプショニストとして職務にあたるには社会人としての電話のマナーをきちんと身につける必要があります。できていると自身のある方でも声を出して練習しましょう。 電話対応におけるレセプショニストになるために有利な資格として公益財団法人日本電信電話ユーザ協会が行っている電話応対技能検定「もしもし検定」があります。職場での電話対応の比重が多い場合には受けてみてはいかがでしょうか?

携帯電話の対応について

コミュニケーションスキル
※画像はイメージです
出典: Free stock photos - Kaboompics

総人口1億2678万人(総務省:電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表(平成28年度第4四半期(3月末))を超えるにたいして、携帯電話の契約数は、成人の携帯保有がほぼ人口と同数以上。使われていないものも含めての数になるかと想像されますが、これだけの携帯が普及となると、携帯ならではの対応や話しかけも必要になることは言うまでもありません。 移動中の車で会話をすることはできません。また電車の中や人ごみの中に居ては会話をする環境にないことも理解が必要でしょう。話しかけの最初の言葉選びも必要となります。

ランゲージ(語学)4

「言語」は、日本語(国語)ならびに外国語、英語にかぎらず、各国の言語に長けているとそれを強みに就活することが可能です。「言語能力」としての「読む・書く・考える・伝える」は母国語でも学問として捉えると難しいといえます。 まずは正しい「日本語(国語)」が使用できること「敬語」「丁寧語」などの使い分け「同義語」を駆使して相手に合わせた言葉、対応しているお客様に理解していただける言葉選びができるように備えましょう。 語学におけるレセプショニストになるために有利な資格は「TOEIC」「英検」「国連公用語・英語検定 (国連英検)」「観光英語検定」「中国語検定試験」「実用フランス語技能試験」「ドイツ語技能検定試験」、日本語に関しては「漢検」「日本語検定」などがあります。 外資系や大手企業においては語学が就職に有利にはたらくこともあります。母国語以外の言語を身につけることは就活の強みとなります。

①外資系で有利な英語検定「TOEIC® Program」

「TOEIC」は外資系やホテルなど大手の企業では取り入れられているところがあります。就活がはじまる前から準備にとりかかり、取得をめざしましょう。

②ホテルや観光地で有利な「観光英語検定」

関連タグ

アクセスランキング