IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

レセプショニストの仕事内容|ホテル/コンサートホール/美容室

職種研究

人気カタカナ職業の「レセプショニスト」、未経験OKから高いスキルが望まれる「レセプショニスト」まで幅が広いこともあり応募後に思っていた内容と違っていた、求められるスキルがよくわからないなど、求人に照らし合わせた「レセプショニスト」の仕事内容をご案内しましょう

更新日時:

レセプショニストの仕事内容とは?

レセプショニストの仕事内容|ホテル/コンサートホール/美容室

レセプショニスト(receptionist)と聞いてまず思い浮かぶのが英語の意味の「受付」するだけと思っていらっしゃる方が多いのではないでしょうか?最近はカタカタ名称の職業が求人に掲載されており、言葉から受ける従来の意味合いとは違った範囲の広い使われ方も存在し、定義が不明瞭でもあります。 受付という「訪問者を迎えその要求を満たすことのできる対応を提供」することに変わりはありませんが、さっそく実際の求人に照らし合わせたレセプショニストの仕事内容をご紹介しましょう。

ホテルでのレセプショニスト業務とは?

レセプショニストの仕事内容|ホテル/コンサートホール/美容室

ホテルでのレセプショニストの業務内容はチェックイン、チェックアウト、清算、両替、ウェイクアップコール、ブッキング、コンプレイン処理、リクエスト、メッセージサービス、郵便預かり、荷物預かりなどを承り担当者に振り分けたりします。あげるときりが無いほど多岐にわたります。 上記の業務を遂行するにあたり重要視されるのがホスピタリティー(hospitality)、ゲストに対して「歓迎する」「優しさ」「親しみやすさ」「暖かさ」をもってして対応する「おもてなし」「くつろぎの提供」が要求されます。 それは仕事のポジションとしてではなくコミュニティー、文化を超えた全ての人に最高の経験を提供することができる専門家として、また働くものにとっても有意義な機会を与えてくれます。

劇場・コンサートホールでのレセプショニストとは?

レセプショニストの仕事内容|ホテル/コンサートホール/美容室

先に述べたホスピタリティーに加え、チケット発券/チェック、ホールへの案内、スケジュール確認、荷物のお預かり/返却やお問い合わせへの返答などがあります。劇場やコンサートホールにお越しくださったお客様が「また訪れたい」と気持ちよくお帰りいただけるような気配りが必要でしょう。

美容室でのレセプショニスト業務とは?

レセプショニストの仕事内容|ホテル/コンサートホール/美容室

美容室でのレセプショニストの業務はブッキング業務、支払、コンサルテーション、リマインダーメッセージ/コール、職場によってはシフトの作成、連絡業務、プロダクトの販売や在庫管理などもふくまれるでしょう。 職場によっては顧客管理、お客様とスタイリストの間にたってスムーズなコミュニケーションができるように心配りをすることも要求されます。 コンピューターのスキルは必須、電話の受け答えやテキストメッセージでのやり取りなどお客様との最初の接点となるため美容室の顔として活躍できるポジションでもあります。

病院でのレセプショニスト業務とは?

レセプショニストの仕事内容|ホテル/コンサートホール/美容室

病院でのレセプショニストのお仕事は、受付から簡単な問診表記入の促し、受付時に緊急性を判断したり、保険証などの書類のお預かり、清算業務、他のレセプショニストとの違いは何らかのトラブルを既に抱えていらっしゃる訪問者(患者様や面会人)への心くばりとホスピタリティー精神が重要視されます。 病院は対応する患者様の年齢もさまざまなことから新生児からお年寄りまでひとつの概念にとらわれずに臨機応変に対応することも求められるポジションです。

企業でのレセプショニスト業務とは?

企業でのレセプショニストの業務にも単なる受付にとどまらず、大切な訪問者の対応をする最初の部門であることから企業の顔として高いビジネスマナーが求められます。来訪者票のの保管から、訪問者のアポイント確認、応接室の予約、お車の配送や予約まで、レセプショニストの対応はその後の商談にもとても重要なポイントとなることでしょう。

レセプショニストの服装

レセプショニストの服装にはホテルや企業、病院や美容院、多目的ホールなど場所によってさまざまな規定が考えられます。支給される場合には規定のユニフォームを着用するのみで特に迷うことがありませんが、メイクアップ、ヘアスタイル、靴のスタイルや色、指輪、ピアスの数などの規定が設けられていることがありますので確認しましょう。 服装については採用が決まってからではなく、面接のときから注意が必要です。可能であれば一度その職場で働いている方の服装を確認した上で望むことで、自信をもって面接に望むことができます。

ユニフォームが有る場合

レセプショニストのお仕事では規定のユニフォームが支給される場合があります。あわせるストッキングの色や靴の色が指定されている場合にはその規定に沿った組み合わせで印象のよい清潔感のある服装をこころがけましょう。

ユニフォームが無い場合

ユニフォームが支給されない場合においても、規定の色やタイプが指定されている場合がありますので確認の上準備しましょう。一般的にはブラウスにスカート、ビジネスからビジネスカジュアルまで職場によっての幅が広いため、先輩の服装を参考にするとよいでしょう。

レセプショニストでNGな服装

週末やアフタファイブに遊びに行くような服装、流行のリップドジーンズやシースルーブラウスなど個人的な好みが前面に押し出されている服装はNGです。また規定に沿った服装であってもヘアカラーやヘアスタイル、着用している服装が清潔でないなどもお客様を受け入れるにあたり適していない服装となります。

レセプショニストの志望動機の例文

学歴や職歴を仕上げてあとは志望動機のみというかたも多いのではないでしょうか、志望動機には、今までの経験と実務で何が活かせるのか、どのアプリケーションにも同じ文言を書いていませんか?  その職場で求められる人物像を頭に描いて自分の長所とPRのポイントを相手の企業にあわせて書き換えましょう。

バイト

現在私は学生ですが、心理学を専攻しており人とかかわる仕事につきたいと希望いたしました。お客様それぞれに対応をすることが必要なレセプショニストと言う貴社にとって大切なポジションで、常日頃から学んでいるコミュニケーションの大切さを実務として活かせると信じております。どうぞご検討いただけましたら幸いです。

正社員

学生の間は3年間、薬局の受付として勤務しておりました。一日平均100人のお客様がいらっしゃり、処方箋の受け取りと受け渡し会計を担当させていただいておりました。さまざまなトラブルをお持ちのお客様へ心をこめて対応させていただいておりました。今までの経験を活かして貴社でもお役に立てるよう力を尽くしたいと思います。よろしくお願いします。

レセプショニストになるために有利な資格

レセプショニストになるために求められる資質は職場により多岐に渡ります。いずれかのに当てはまる場合には今すぐにでも応募に挑みましょう。もし、希望の職場に足りない条件がある場合には、できる所から新しく学ぶ努力が必要です。 ●対面での接客や会話が得意な方 ●向上心があり素直な気持ちで対応できる方 ●語学を活かした仕事をしたい方 ●ちょっとした心づかいやサプライズでお客様の喜ぶ姿を自分の喜びと感じる方 ●お客様の発信するサインをキャッチできる方 ●マルチタスクで働ける方 ●問題解決能力に長けている方 ●あきらめずに積極的に動ける方

コミュニケーションスキル

お客様を迎え入れる最初の役割を担うレセプショニスト。見た目のスマートさだけでは補えない言葉使いや言葉の選び方などが問われます。 日本語ならではの「敬語」、文化を背景とした対象年齢により使い分けのある自然な「敬い」の言葉は世界に誇れる美しいコミュニケーション能力と言えます。 ここでは言葉の選び方から対応の仕方、外国語関連の資格についてご紹介しましょう。

電話対応について

レセプショニストの仕事内容|ホテル/コンサートホール/美容室

現代では携帯電話の普及率が日本総人口を上回っており、どこでも電話ができる時代です、それによって従来の住宅に設置された電話と違って電話をかける側も受ける側もマナーに変化が見られます。 レセプショニストとして職務にあたるには社会人としての電話のマナーをきちんと身につける必要があります。できていると自身のある方でも声を出して練習しましょう。 電話対応におけるレセプショニストになるために有利な資格として公益財団法人日本電信電話ユーザ協会が行っている電話応対技能検定「もしもし検定」があります。職場での電話対応の比重が多い場合には受けてみてはいかがでしょうか?

携帯電話の対応について

レセプショニストの仕事内容|ホテル/コンサートホール/美容室

総人口1億2678万人(総務省:電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表(平成28年度第4四半期(3月末))を超えるにたいして、携帯電話の契約数は、成人の携帯保有がほぼ人口と同数以上。使われていないものも含めての数になるかと想像されますが、これだけの携帯が普及となると、携帯ならではの対応や話しかけも必要になることは言うまでもありません。 移動中の車で会話をすることはできません。また電車の中や人ごみの中に居ては会話をする環境にないことも理解が必要でしょう。話しかけの最初の言葉選びも必要となります。

ランゲージ(語学)TOP4

「言語」は、日本語(国語)ならびに外国語、英語にかぎらず、各国の言語に長けているとそれを強みに就活することが可能です。「言語能力」としての「読む・書く・考える・伝える」は母国語でも学問として捉えると難しいといえます。 まずは正しい「日本語(国語)」が使用できること「敬語」「丁寧語」などの使い分け「同義語」を駆使して相手に合わせた言葉、対応しているお客様に理解していただける言葉選びができるように備えましょう。 語学におけるレセプショニストになるために有利な資格は「TOEIC」「英検」「国連公用語・英語検定 (国連英検)」「観光英語検定」「中国語検定試験」「実用フランス語技能試験」「ドイツ語技能検定試験」、日本語に関しては「漢検」「日本語検定」などがあります。 外資系や大手企業においては語学が就職に有利にはたらくこともあります。母国語以外の言語を身につけることは就活の強みとなります。

①外資系で有利な英語検定「TOEIC® Program」

「TOEIC」は外資系やホテルなど大手の企業では取り入れられているところがあります。就活がはじまる前から準備にとりかかり、取得をめざしましょう。

②ホテルや観光地で有利な「観光英語検定」

観光のお客様を対象としながらも日常の会話の英語検定です。1級・2級・3級とありますので、職場にあわせて取得しておくと有利になることでしょう。

➂正しい日本語使いを「日本語検定」で

語学というと外国語を想像しますが、やはり基本の日本語をしっかりとビジネスで使うことができるということは強みになります。日本語を見直すいい機会になることでしょう。

④需要が見込まれる「中国語検定試験」

挨拶から慣用語までを網羅した試験は中国語を学ぶ人に向けて一つの成果の測定基準として実施されています。ある程度の実力がついた時点で実力を試してみましょう。

マナー(作法)のスキル

訪問されたお客様にフレンドリーに歓迎するにあたり、当然ながらマナーのスキルが必要となります。その企業にあったレセプショニストマナーを研修で教わることになりますが。最低限社会人としてのマナーを身につけておく必要があるでしょう。 「接客サービスマナー検定」では基本のビジネスマナーから所作、お客様に対してよい印象を持っていただけるよう知識が備わっているかを検定します。筆記テストから上位クラスは面接も行われます。

実務系のスキル

実務の中でも電話での対応が一番緊張するとおっしゃるかたがおおいのではないでしょうか?社会人としての電話対応の基本を習得してしまえば、あとは応用するのみ。一番大切なことは電話をかけてきたかたの用件を伺い場面によっては折り返しお電話するなど、臨機応変に対応することが求められます。

デジタル系のスキル

最近では多くの職場で受付専用のソフトウエアや電話で担当者との連絡が取れない場合などのメッセージソフトウエアの導入が進んでいます。プライベートではアナログ思考であったとしても最低限のデジタル機器の操作ならびにコンピューターの操作ができますと言えるレベルが望ましいでしょう。 実際にレセプショニストのポジションで実務をする前にトレーニングが提供される機会が用意されている場合にはこれをチャンスにとらえ新しいことを学ぶ姿勢でのぞみましょう。

アチチュード(態度・心構え)

レセプショニストとしての資質の一番大切な部分と言えるでしょう。いくら語学のセンスがあり多くの資格を取得していて学歴が高く、外見が美しくとも、その仕事に対しての心構えや訪問者(お客様)に対する接客態度がホスピタリティーに欠けているとレセプショニストのポジションに適しているとは言えません。 前向きでどのような状況でも真摯に向き合える、プレッシャー下でも臆することなく対応する精神力も求められることでしょう。数値で表せないアティチュードは1日で身に着けることが難しいことから普段の生活から見直し心豊かに生活する習慣を身につけましょう。

レセプショニストの平均年収

レセプショニストの平均月収は18万から20万円、コンサートホールなどでは時給890円から、ホテルの時給900円から、正社員の場合だと月給20万円から、フロントマネージャーなどのキャリアアップにより月収25万~、特技や業務内容、役職ににより年収のアップの可能性のある職種と言えます。

レセプショニスト求人に応募してみよう

レセプショニストになるための資格はこれさえあればというものではなく多くの人がもつ資質が重なりあうことでレセプショニストの職務にいかされます。多種多様な企業や職種にて求人があるため自分にあった職場を見つけることができるでしょう。 向上心をもって新しい学びをしていくことでステップアップも望めます。これまでにご紹介した内容を参考にまずは応募してみましょう。

アクセスランキング