IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

プリセールスの意味|仕事内容/役割・資格やスキル・志望動機

就活

IT企業で活躍する「プリセールス」という職業をご存知ですか?こちらの記事では「プリセールス」がどのような仕事で、どのような人が活躍している職種なのか、またプリセールスにチャレンジする方法ややりがいについて詳しくご紹介します。

更新日時:

専門的職業「プリセールス」をご存知ですか?

専門的職業「プリセールス」をご存知ですか?

IT企業で活躍する「プリセールス」という職業を知っていますか?その名前だけでは、どんな職種なのか想像しづらいという方も多いのではないでしょうか? こちらの記事では「プリセールス」がどのような仕事で、どのような人が活躍している職種なのか、またプリセールスにチャレンジするにはどうしたらいいのか?その職種のやりがいや厳しさについてご紹介します。 専門的な職業である「プリセールス」という仕事について、この機会に理解を深めて下さい。

「プリセールス」の仕事内容とは?

「プリセールス」の仕事内容とは?

「プリセール」とはシステムやソフトウェアなどを導入する際、IT技術に関する専門的な知識を駆使して営業サポートを行う職業のことです。このプリセールスという名称は「販売(セールス)」する「前の(プリ)」に由来しています。 また、ある程度方向性が決まっっているシステムについて、企業が求める最適な製品のノウハウ提供、顧客に採用してもらうためのシステム設計や提案、プレゼンテーションを行なうのが主な仕事です。 また、「プリセールス」はITシステム開発の経験が豊富なシステムエンジニアが担当する場合がほとんどで、社内の営業担当と同行し、自社が設計・販売するシステムやソフトウェアの導入を提案します。 これまでのシステムエンジニアの経験を活かし、クライアントに対して理論的で分かりやすく説明することが求められるだけでなく、クライアントからの質問に明確に回答し、要求にも対応できるスキルが必要です。

「プリセールス」が果たすべき役割とは?

「プリセールス」が果たすべき役割とは?

「営業」という職種の多くは、その営業担当者が1人で企業へ出向き、自社が企画や設計、製造した商品のプレゼンテーションを行い、相手企業に導入を検討してもらいます。 しかし、IT関連の商品は営業の際も当然のように専門的知識が必要となります。そこで、専門的知識を持った「プリセールス」担当者が営業に同行し、企業が求める製品のノウハウを提供したり、採用してもらうためのシステム設計や提案をしたりします。 営業担当者はクライアントとの窓口的役割を果たし、プリセールスは商品に関する技術面のサポートや、システムなどの質問に対する受け答えを担当します。顧客を増やし成約に結びつけるのは営業ですが、専門知識で成約に導き営業をサポートするのが「プリセールス」の重要な役割です。

プリセールスとして活躍するために必要な資格やスキル

プリセールスとして活躍するために必要な資格やスキル

プリセールスとして活躍するためには、システムに関する専門的知識が必要不可欠です。そのため、プリセールスとして活躍している人のほとんどは、システムエンジニアとしてシステム開発に携わった経験やキャリアがあり、プリセールスエンジニアやセールスエンジニアと呼ばれることも多々あります。 自社開発した製品やシステム、IT技術に関する専門知識と並行し、営業ができるだけのコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力も重要なスキルになります。専門用語の知識がない顧客に対して、よりわかりやすい言葉で伝えられる能力の有無がポイントだといえます。

取得しておくべき2つの資格

取得しておくべき2つの資格

プリセールスとして働く人が取得している資格としてよく挙げられるのが、「基本情報技術者試験」と「ITIL資格認定試験」です。ここでは、この2つの資格について特化しながら、5つの資格について詳しくご紹介します。

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、経済産業省が主催している国家試験の「情報処理技術者試験」の中にある区分の1つです。試験内容はIT業界において必要な基礎知識の有無や情報処理に関する論理的な考え方ができるか否かなどが問われる内容構成になっています。 同じ情報処理技術者試験の中にはITパスポート試験がありますが、基本情報技術者試験に比べると専門性が低いことから「ITパスポート試験」より「基本情報技術者試験」の方が難易度が高い資格だと言えます。 「基本情報技術者試験」の資格を取得すると、企業やクライアントから「ITに関する高度な基礎知識や技術を持ち、実践的な能力がある技術者」として認識されるので、高い評価を期待することができます。

ITパスポート試験

ITパスポート試験は経済産業省が認定する国家試験で、以前は高い人気を誇っていた「初級シスアド検定」と整理統合されて「ITパスポート試験」となりました。 初級シスアド検定と比較すると、資格を取得るのが若干容易になったと言われていますが、最新のIT技術に関する知識を身に付けることができるので、ステップアップに必ず役に立つ資格だと言えます。

ITIL資格認定試験

ITIL資格認定試験は、英国政府のシステム運用をガイドラインとしてまとめられたものが起源となっており、IT業界でシステム運用や管理に関する基礎知識を持つ者として、活躍することができます。 ITILの入門者向けである「ファウンデーション」は、短期間の勉強で理解できる内容構成であるだけでなく、ご自身の都合の良い日に試験を受けることができるので、比較的取得しやすい資格だと言えます。 試験は、ITIL用語や基本概念を理解しているかが問われる内容になっており、合格の難易度はそれほど高くないと言われています。しかし、ITIL資格認の取得者が少ないので、認定を受けると希少性の高い人材として働くことも期待することができます。 また、企業やクライアントなどに「ITILの概念や用語を理解する者」としてアピールできるので、プリセールスとして働く上で有利になると考えることができます。

PMP(Project Management Professional)

PMP(Project Management Professional)とは、PMI本部が認定しているプロジェクトマネジメントに関する国際資格のことです。この資格を取得することで、プロジェクトマネジメントに関する経験や知識を持っていることを証明することができます。

応用情報技術者

ITエンジニアとしてレベルアップしたい方にお勧めなのが、以前はソフトウェア開発技術者試験と呼ばれていた「応用情報技術者試験」です。 この資格を取得すれば、ITシステムの企画・設計ができる知識があることを証明できますので、すべてのエンジニアにとって取得して損をしない資格と言えるでしょう。

磨くべきプリセールスとしてのスキル

磨くべきプリセールスとしてのスキル

プリセールスとして働くためには、システムエンジニアなどとしてのIT業界での経験と、自社製品について明快かつ的確に説明できる能力が求められます。専門知識は必須条件ですが、それらは前項でご紹介した資格試験などに合格することができれば、必要最低限の知識を身に付けることはできます。 また、営業担当と共に自社製品を提案することが仕事なので、専門的な知識はもちろんのこと、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力が必要不可欠なスキルになります。クライアントは専門知識を持っていないケースも多々ありますので、知識がない方に対してわかりやすい言葉をチョイスしながら説明できるスキルも重要です。

プリセールスとして働く場合の志望動機例文

プリセールスとして働く場合の志望動機例文

例文1

前職ではシステム開発、企画、提案などを行ってまいりました。これまでにシステムエンジニアとして経験を積んできたシステムに関する知識と、開発製品を提案する能力を活かしたプリセールスという仕事を通して、より貴社製品のシェアを広げてまいりたいと考え、応募いたしました。

例文2

学生時代はシステム開発について専門的に学び、それを活かして前職ではIT企業にて営業を担当しておりました。前職で培った営業スキルとプレゼンテーション能力、システムに関する知識を活かしたく、このたびプリセールスに応募をいたしました。現在はさらに知識を深めるため資格取得を目指しており、貴社へ貢献をさせていただきたく応募いたしました。

志望動機のポイント

就職や転職をする際、志望動機の基本となるのが「志望する会社の理念や得意としている分野を正確に理解し、把握しておく」ことです。なぜその会社を志望しているのか、なぜIT業界で活躍したいのかを明確に書けると、採用担当者の目に止まりやすくなるためです。 プリセールスは技術面だけでなく、営業スキルやコミュニケーション能力が必要となる職業ですので、システムエンジニアとしての経験がある人は、前職での具体的な役職や担当業務内容を記した上で、志望する会社でその経験やスキルをプリセールスにどのように活かせるかを具体的に書いて自己アピールすることが大切です。

プリセールスの年収

プリセールスの年収

基本給がなかなか上がらず、不満を感じている人が多いと言われるエンジニア業界において、コミッション報酬を支払われる事もあるプリセールスの給料がどの程度かを詳しくご紹介します。

平均年収はどのくらい?

経験やスキル、年齢や企業、都道府県によって大きく変わるプリセールスの年収ですが、平均年収は621万円とされています。 システムエンジニアの平均年収は400〜600万円で、IT系営業職は400〜500万円が平均とされている中で、プリセールスの平均年収621万円は、同じIT業界や一般的なサラリーマンの年収と比較をしても、プリセールスの平均年収は少し高いと言えます。 また、男女別にプリセールスの平均年収を見ると男性が668万円で、女性は545万円となっています。2015年における全ビジネスパーソンの平均年収が441万円なので、プリセールスの平均年収は男女別で見ても十分に高いと言うことができるでしょう。 また、年代別にプリセールスの平均年収を見ると、20代が380~430万円、30代が550~600万円、40代が590~640万円なので、年代別で見ても十分に高い平均年収だと言えます。

プリセールスのボリューム別平均年収は?

プリセールスの平均年収をボリューム別にご紹介します。 ・300万円未満:6% ・300〜400万円未満:11% ・400〜500万円未満:17% ・500〜600万円未満:17% ・600〜700万円未満:13% ・700〜800万円未満:13% ・800〜900万円未満:6% ・900〜1,000万円未満:5% ・1,000万円以上:11% 400万円〜600万円のボリューム層が最も多く、プリセールスの3人に1人がこのボリューム層に位置していることがわかります。また、プリセールスの10人に1人が1,000万円以上の年収を稼いでいることについても、特筆すべき点として挙げることができます。

最高年収はどのくらい?

他業界と比較して若年層の方が転職をする際に有利だといわれるIT業界で、35歳前後でも年収アップを期待できる転職がプリセールスだとされています。 ただし、プリセールスでは日本独自のパッケージよりも外資系企業のパッケージを扱うケースが90%以上と多いので、英語力や英語でのコミュニケーション能力を避けることができません。 英語でのコミュニケーションスキルを必須とする企業への転職を考えている場合には、TOEICのスコアは最低730点以上が求められることがほとんどです。 英語でのコミュニケーションができる場合、いい条件で転職できることがほとんどで、年収700〜1,000万円というケースが多くなっています。つまり、英語でのコミュニケーションができるプリセールスは、1,000万円以上の年収を期待できる可能性もあります。

プリセールスとの違いは?

プリセールスとの違いは?

ここでは、プリセールスとセールスエンジニア•営業•ポストセールスの違いについて詳しくご紹介いたします。

セールスエンジニア

セールスエンジニアは、お客様や企業が自分たちの製品を正しく活用できるよう情報を提供し、営業が製品・サービスを販売するのを助ける仕事で、「プリセールス」、「フィールドエンジニア」などの呼び方があるので、プリセールスとの違いはありません。

営業

営業は、自分たちの製品やサービスなどを販売することで、営利を目的に業務を行うこと仕事です。プリセールスは営業担当をサポートする役割を果たします。

ポストセールス

基本的に、自社の製品やサービスを販売した後からが出番になるのがポストセールスです。そのため、営業担当と同行する機会が少なく、販売ノルマがないことがほとんどです。 その代わり自分たち自身が商品となるので、稼働日数を管理されることが多い傾向にあります。また、ポストセールスを売るための営業がいない場合には、稼働日数をあげるために社内アピールを行う必要もあります。 プリセールスと分業された立場のポストセールスは、企業よっては存在しない場合もあります。

プリセールスのやりがいと厳しさとは?

プリセールスのやりがいと厳しさとは?

プリセールスのやりがいは、やはりプレゼンテーションが企業の採用に直接繋がることだと言えます。自分が行ったプレゼンテーションで、システム構築が採用され、プロジェクトが完成したときの達成感は格別です。 実際のシステム構築プロジェクトに関わらない分、多くの設計や提案をしなければならず、常に先進技術を理解し、習得しておく必要があるという点がプリセールスの厳しさだと言えます。 また、企業によってはプリセールスに対して、営業としての売上目標が課されるケースもあります。これは厳しさにもなり得ますが、モチベーションの向上にも繋がる一面も持ち合わせます。 プリセールスにチャレンジしようとお考えの方は、今回ご紹介したポイントをぜひ参考にしてください。

関連タグ

アクセスランキング