IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

食事のお礼メールの書き方や例文|社長/上司/取引先/気になる人

メール

食事をした後にお礼のメールを送ることがありますが、普通のメールと同じで良いのでしょうか。社内の相手と社外の相手に、同じ感じのメールを送っても良いのでしょうか。ここでは、食事のお礼メールの送り方から、気持ちの良いメールを送る方法を紹介します。

更新日時:

食事のお礼メールの書き方や例文

食事のお礼メールの書き方や例文

職場の仲間や友達などと食事をした後に、お礼のメールを送る時があります。そのような時に、相手に気持ち良く受け取ってもらえるメールとは、どのような内容なのでしょうか。ここでは、食事のお礼メールについて紹介します。

社長

社長

普段、社長と食事をする機会はまずありませんが、中小企業なら機会はあります。社長と食事をする場合は、会社の経費やポケットマネーなどで社長が出す場合が多いので、まずこの部分を労う内容が良いです。 1.「昨日は、お食事をごちそうしていただき、ありがとうございました。とても美味しかったです」 2.「昨日は、お食事をいただきまして、本当にありがとうございました。」 3.「昨日は、お食事をごちそうになり、ありがとうございました。」 相手は目上で、また上司として最高位にいる人ですから、何よりも敬いの言葉を使うのが大事です。社長が相手となると、どうしても格好いい言葉でお礼を言いそうになりますが、相手は気持ち良くご馳走したいだけなので、短めのメールでお礼の気持ちを伝えれば良いです。

上司

上司

上司は、普段同じ職場で働いている相手ですが、あくまでも「上司」ですので、同僚と違う相手ということを忘れないようにしなければなりません。相手は、普段の働きに対しての食事である場合が多いです。 1.「昨日は、お食事に誘っていただき、ありがとうございました」 2.「昨日はお食事をごちそうしていただき、ありがとうございました」 3.「昨日のお食事、とても美味しかったです」 相手は職場の上司ですので、何よりもご馳走してもらったお礼の気持ちを中心にするようにすれば良いでしょう。相手の気持ちを十分に考えて、素直な言葉でお礼のメールを送れば良いです。同じ職場で働いているので、変に飾ったお礼メールの言葉は、逆におかしな雰囲気になる場合がありますので、注意が必要です。

取引先

取引先との食事は、会社と会社の仕事での付き合いの中ですることが多いので、お礼のメールは、内容を十分に考えなければなりません。自分が会社の名前を背負っているということを自覚したメールの内容が大事です。 1.「昨日はお忙しいなか、食事をごちそうしていただき、ありがとうございました」 2.「昨日はご多忙のなか、食事の時間をつくっていただき、ありがとうございました」 3.「昨日は貴重な時間を過ごさせていただき、ありがとうございました」 まず、相手は自分の時間を割いて食事に付き合ってくれてますので、相手の時間をとったことを伝えることが大事ですので、その部分を伝えれば良いです。継続して取引きしてもらえるような内容のメールにすれば、相手も良い気持ちになります。

友達

友達との食事は、色々な会話などが弾む素敵な時間です。その時間が過ごせたことにより、自分も気持ち良くなったので、その気持ちをお礼のメールに表せば良いです。特にかしこまった内容ではなくても、相手に伝わります。 1.「昨日の食事楽しかった。誘ってくれてありがとう。また誘ってね」 2.「昨日の食事会良かった。すごく楽しかったよ」 3.「昨日の食事美味しかったよ。今度は自分が誘うからね」 このように気さくな内容にすると、相手もさわやかな気持ちになります。長い付き合いだと、どうしても軽すぎる内容になりがちですが、相手も自分のために時間を割いてくれたのですから、感想を含めて、お礼の内容をメールで送れば良いですし、自分の気持ちを素直にお礼として送れば問題ありません。

気になる人

気になる人

気になる相手になると、友達に送るようなメールでは、気さく過ぎますし、上司に送るようなメールでは堅苦し過ぎます。まずは、食事をしたことに対してお礼をいうことを中心に内容を考えれば良いです。 1.「昨日の食事楽しかったです。誘ってくださってありがとうございました」 2.「昨日は素敵な時間を過ごせてうれしかったです。ありがとうございました」 3.「昨日の食事美味しかったです。ごちそうさまでした」 気になる相手とは、もっとお近づきになりたいとおもいますので、次も食事ができるようにする内容にしなければなりません。それには楽しかったことや、また誘いたいとおもえる内容にすれば相手の心に響きますし、自分の高感度も上がりますので、今後の関係も良くなるでしょう。

食事のお礼メールでの注意点

いつ

食事のお礼メールは、可能であれば当日の食事をした後に送ってもいいですが、遅くても食事をした次の日の朝には送るべきです。ただ友達や気になる人なら、時間が少し遅くても当日送った方が良いでしょう。 しかし食事が終わった時間が夜の9時以降になるなら、会社関係の相手には送るべきではないですし、友達でも夜の10時以降には送るべきではありません。また、気になる方には、相手の生活時間を考えて、夜の9時以降は控えるべきでしょう。 お礼のメールを送る際に、「電話じゃなくてメールだから大丈夫」とおもってしまいがちですが、相手の生活時間もありますので、そこを考えないと失礼にあたる場合もあります。せっかくいい内容でお礼メールを送ったのに、時間を考えないで台なしになることになりますので注意が必要です。

件名

メールの件名は、相手に用件を伝える大事な部分です。ここをどう書くかにより、相手への心象が大きく変わります。食事のお礼メールでは、どのような件名が良いのでしょうか。ここでは、感じの良い件名を紹介します。 食事のお礼メールで感じの良い件名は次のとおりです。 1.「お食事ありがとうございました」 2.「お食事ごちそうさまでした」 3.「〇〇です。お食事ありがとうございました」 このように件名を見ただけで用件がわかるようにすれば、相手もメールの内容を了解しやすくなります。普段のメールでも、件名は重要視されていない傾向がありますが、ビジネスメールになると件名は重要になってきますし、件名を見ただけで内容がわかるようにすると、相手の心象も良くなりますので、書き方には注意が必要です。

気をつけること

食事のお礼メールだけではなく、ビジネスメールを含めて普段のメールも、気をつけなければなりません。それだけ食事のお礼メールは、相手に対しての印象が違うため、食事のお礼メールは重要です。 まず、内容はお礼を前面に出して、食事をごちそうしてもらって嬉しかったことを相手に伝えることが重要です。そして、また一緒に食事をしたいと伝えることが大事です。そのためメールの内容は、気持ちの良い内容になるように心がけることが大事です。 食事だけではなく、お礼のメールは、相手に感謝の心を伝えるために送ります。そのため、使う言葉は選ぶようにしなければなりません。言葉が良ければ相手も気持ちが良いですし、ビジネスなら今後の取引きなどにも影響が出ます。

食事のお礼メールの返信の書き方

食事のお礼メールを受け取った場合には、どのような内容で返信すれば良いでしょうか。ここでは、返信メールについて紹介します。 感じの良い返信メールは次のとおりです。 1.「わざわざお礼ありがとうございます。また行きましょうね」 2.「こちらこそありがとう。喜んでくれてよかったです」 3.「わざわざありがとう。また行きましょうね」 このように返信は長々と送らずに、簡潔に送ることが大事です。内容も食事ができて良かったことを相手に伝えるだけで良く、あまり飾った言葉ではなくて、自分の気持ちを素直に伝えれば良いです。返信メールはお礼メールとは違い、感謝の心に対してのメールで良いですし、あまり難しい言葉を使わなくても良いです。

良い食事のお礼メールとは?

食事は、コミュニケーションを取るために大事です。食事のお礼メールはそれだけ大事なです。内容も考えて送ったり受けたりすることで素敵な結果を招きます。 食事をすることで、お互いが素敵な時間を過ごします。そして、お互いの気持ちが良くなります。その気持ちを送るのが、食事のお礼メールです。メールを送ることで、その時間が有効になりますし、良い関係も築けます。 食事で時間を共有した人がお互いにメールを送ることで、ますますコミュニケーションを深めることができます。それだけ食事のお礼メールは大事です。大事なメールだからこそ、内容を考えながら送ることも重要です。また、相手のことを考えて送ると、今後コミュニケーションに良く影響するでしょう。

関連タグ

アクセスランキング