IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

上手な謝り方・誠意を伝えるポイント|声/表情・ダメな謝り方

初回公開日:2018年01月31日

更新日:2020年03月13日

記載されている内容は2018年01月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ビジネススキル

上手な謝り方を身につけるということは、良い人間関係を保つために大切なスキルと言えます。上手に謝るときに忘れてはいけない大切なポイントを紹介しています。また、上手に誠意を表現する方法や、やってはいけない謝り方についてもピックアップしています。

失敗は仕方のないことです。思わぬ事態により謝らなくてはいけないということも多いでしょう。そのとき相手の方にきちんと謝罪を受け入れてもらうためには、謝り方に大切なポイントがいくつか存在します。 そして、そのうちのひとつでも忘れてしまったり順番を間違えた謝り方をしてしまうと、相手に謝罪の気持ちが伝わらないどころか、ますます怒らせてしまったり信用まで失ってしまうことになり兼ねません。 申し訳ないという誠意をもって謝罪するのはまず大前提ですが、自分の気づかないうちについついやってしまいがちな謝り方にも十分注意したうえで謝ることが大切です。 どういった謝り方をするかによって、相手の方とのこれからの関係が良くも悪くも変化します。間違えた謝り方で大切な関係を壊すことのないように、正しい謝り方を身につけてください。上手に謝ることは、より良い関係を築くうえでとても大切なことと言えるでしょう。

今の仕事を続けていいのか不安に感じる

「仕事は楽だし、楽しいけれど、本当にスキルがついているか不安…」と思われる方も多いのではないでしょうか? じつは、転職の理由として「将来への不安」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。 「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」 そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。 マイナビエージェントなら、あなたの将来のキャリアプランや、習得すべきスキルまで相談にのってくれます。また、あなたのキャリアプランにあった職場の情報やスキルも教えてくれるでしょう。 もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫! まずは無料会員登録してみましょう!

アクセスランキング