IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

上手な謝り方・誠意を伝えるポイント|声/表情・ダメな謝り方

更新日:2020年03月13日

ビジネススキル

上手な謝り方を身につけるということは、良い人間関係を保つために大切なスキルと言えます。上手に謝るときに忘れてはいけない大切なポイントを紹介しています。また、上手に誠意を表現する方法や、やってはいけない謝り方についてもピックアップしています。

上手に謝るには

人間ですから、誰しも失敗はつきものです。失敗して迷惑をかけてしまったり故意でなくても傷つけてしまった場合には、きちんと謝らなくてはなりません。誠意をもって謝れば、それは相手にも伝わるはずです。 ただ、謝り方を間違えてしまうと、せっかくそれまでに築いてきた関係にまでヒビが入ってしまうこともあります。反対に上手な謝り方をすれば、それまで以上にいい関係になることもできるでしょう。 大切な人間関係を壊すことのないように、上手な謝り方を身につけましょう。ここでは、謝り方の大切なポイントと、やってはいけない謝り方についてご紹介します。ぜひ参考にしてください。

できるだけ早めに謝るのが大事

まず、謝るときに大事なことはそのタイミングです。できるかぎり早めに対処することが大切です。タイミングが合わず、相手の方に謝罪を受け入れてもらえない場合もあるでしょう。クールダウンする時間が必要な場合もあります。そのときはタイミングを見て対処することも大切になります。 ただし、タイミングを理由にしてなかなか切り出さなかった場合、時間がたつにつれ謝りづらくなることが多いでしょう。うやむやにしてしまうと今後気まずい関係になることも考えられますので、そういった事態が起こった場合はなるべく早めに謝ることが大事です。

まずはお詫びの言葉から

謝るタイミングをつかめたら、次は謝る言葉について考えてみましょう。謝罪とは、まずお詫びの言葉を述べるところから始まります。これは、直接言葉で伝えるときも、謝罪文などメールや手紙の書き言葉であっても変わることはありません。 やってしまいがちな失敗例として、事態の流れ通りに話し始め事情を説明してから最後にお詫びの言葉を述べる、といった謝り方をしてしまうことがあります。まずは「申し訳ございません」「本当にごめんなさい」などお詫びの言葉から始めましょう。この言葉がなければ、謝罪は成り立ちません。

きちんと責任を認めよう

「申し訳ごさいません」とお詫びの言葉を伝えたら、次に必要なのは責任を認めて謝るということです。自分の責任であること認めていない状態で謝っても、相手の方にとってそれは謝罪ではなく、ただあなたの言い訳を聞かされていると受け取られても仕方がないでしょう。 きちんと責任を認めてお詫びの言葉を述べたうえで、どうしてそのような事態になったのか経緯を説明し、理解してもらう必要があります。 ここで大事なのは、あなたが原因で招いた事態でないとしても、こうなった要因は自分にも責任の一端があると潔く認めることです。責任が自分にはないと思いながら謝っても、その気持ちは相手にも伝わり、謝罪とは認めてもらえないでしょう。

誠意ある対応をする

お詫びの言葉と、起きてしまった事態に対する責任を認めることが謝り方の大事なポイントであることがわかりました。さらに上手に謝るためにもうひとつ大事なことがあります。それは誠意ある対応をするということです。 お詫びの言葉も、責任を認めているかどうかも、そこに本当にそのように思っているという誠意がなければ、それはすべて表面上の謝罪になってしまいます。真剣にその事態と向き合い、真摯に受け止めたうえで謝らなければ、誠意ある対応とは言えないでしょう。

誠意を伝えるにはどうすればいいか

それでは誠意を相手の方に伝えるには、どのような謝り方がいいのでしょうか。誠意とはあなたの気持ちなので、目に見えるものではありません。それでも、それを表現できる謝り方があるはずです。少しでも、相手の方に誠意を感じてもらえる謝り方を考えてみましょう。

言葉で伝える

謝罪は話し言葉であっても書き言葉であっても、まず言葉で伝えるものであって、誠意も言葉に影響される部分といえます。多少敬語が上手に使えなかったとしても、言葉の中に誠意があれば、それは相手の方にも伝わるでしょう。 反対に、いくら丁寧な言葉でつづられていたとしても、そこに誠意がなければ言葉からそれがにじみ出てくるでしょう。大切なのは本当に申し訳ないというあなたの気持ち、つまりそれが誠意です。

声のトーンで伝える

初回公開日:2018年01月31日

記載されている内容は2018年01月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング