IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

転職したい理由・転職を考えたときの注意点・転職するべき人

転職事情

転職を考え始めたとき、転職したい理由によって今転職するべきなのか判断が異なります。実際に転職を考えたとき、自分はどちらに当てはまるのか参考にしてみてください。その他にも知っておくべき転職活動の注意点と転職すべき人の特徴についてなどご紹介していきます。

更新日時:

1分でわかるこの記事の要約
  • ほとんどの人は転職したいと思ったことがある
  • 理由はさまざまだが、人間関係の問題や待遇の不満が多い
  • 転職したい!という気持ちだけじゃなく、希望条件を冷静に考えてみる

やりたい仕事じゃない、上司とそりが合わない、給料が低いなど、理由はさまざまですが、ほとんどの人は一度は転職を考えたことがあるはずです。 しかし勢いで転職してしまうと良い結果にはなりにくいです。必ず、落ち着いて情報を集め、冷静に判断するようにしましょう。人に話すと考えがまとまりやすいので、転職エージェントに相談してみるのもいいでしょう。 おすすめは「マイナビエージェント」です。資格を持ったキャリアアドバイザーがしっかりとサポートしてくれます。

転職したい理由

転職したい理由

職場の待遇や給与の不満、人間関係や上司との関係、仕事に対するモチベーションの低下など転職したい気持ちになるのは、さまざまな理由と原因があることでしょう。 本当に転職するべきなのか、転職を思い留まったほうがいいのかなどの迷いを考えながら転職したい気持ちになる人のさまざまな理由と原因をご紹介していきます。

人間関係

人間関係

転職を考える理由や原因のひとつに「職場の人間関係」があります。 どの職場に居ても人とのコミュニケーションは、必要不可欠です。仕事上の人との繋がりや人間関係はなかなか難しい問題ですが、転職したとしても起こりうる問題の一つといえるでしょう。

職場の人間関係の複雑さ

友達でも自分と気が合う人と合わない人がいると思いますが、職場の人間関係でも馬が合う人、合わない人もいるでしょう。友達関係であれば、気が合わないからといって付き合うのをやめようと考えることができますが、職場の人間関係はそう簡単に自分の意志ひとつで解決しない現状があります。 気持ちの擦れ違いなど、仕事上の妬みや嫉妬などあらゆる感情が仕事以外にも影響することがあるので、人間関係がより複雑になっていきます。そのことにより自分自身の気持ちの整理や仕事に支障がでてしまうと、転職したい理由のひとつになってしまうでしょう。

上司

上司

転職したい理由のひとつに「上司」の存在が大きな影響を及ぼしていること多いでしょう。 どうしても会社組織の流れは、上司の指示に従って仕事を進めて報告する体制が多く、上司とのコミュにケーションは必要不可欠になります。 上司との溝が深まってしまうことによって仕事にも支障がでたり、精神的面でも追い詰められてしまうきっかけになることもあり、転職したい気持ちが抑えきれなくなる人もいるでしょう。

給料

「給与」が原因で会社に不満を持って転職したいと考える人も少なくありません。 自分が思うよりも会社からの評価が得られていなかったり、残業時間や仕事量の割には、給与が低く納得した金額が会社から支払われないなどの不満も持っている人は多いでしょう。 基本的に日本の会社の給与形態は、年功序列で昇給するシステムが多い傾向があります。転職して基本給が下がってしまう場合もないとは、言い切れないでしょう。 しかし、有給休暇や福利厚生などの充実、残業の有無などを考えた結果、転職したいと考える人も多いでしょう。

将来性

転職したいと思う理由として「将来性」という理由が挙げられます。将来性といっても会社の将来性について不安を感じている場合と自分の将来性について悩んでいる場合があります。 主な理由としては、現在の会社では自分自身の将来のビジョンがはっきり見えないという理由で転職したいと思う人は多いでしょう。

待遇

会社の「待遇」が悪すぎて転職したいと思う人は、多いのではないのでしょうか。民間の会社員では、公務員と違って毎年必ず昇給するとは限りません。また、ボーナスや通勤手当、家族手当など、さまざまな諸手当が完全に保障されている訳ではありません。 有給休暇やその他の休暇についても形だけあって特別休暇などが取りにくい環境の会社もあるでしょう。会社員として「転勤」「出向」「異動」などが頻繁にあり、断ることができない状況になる会社も多く、自分で納得できない会社の待遇に転職したいという気持ちなることもあるでしょう。

仕事内容

会社を転職したいと思う理由のひとつに「仕事内容」が関係していることも多いでしょう。 会社に入社できたが自分が希望していた配属先ではなかった場合や理想と現実の仕事内容のギャップが激しかったりすると仕事のモチベーションは、一気に下がります。 仕事のモチベーションが下がってしまうとなかなか自分の気持ちを切り替えることが難しくなってしまいます。会社に行って仕事をすることが苦痛になってしまう人もいるでしょう。

労働時間

残業が当たり前の企業だと1日の束縛時間が長く、夜遅くまで働いて次の日も朝から仕事という悪循環に陥っている人も転職希望者には多いでしょう。 残業している仕事に対して正当に評価されているのであれば別ですが、ほとんど場合は黙認している企業が多いです。 優良企業であればしっかりと労働時間を管理してくれるので、現状に問題があると感じている方は転職を考えてみるのも一つの手です。

会社の社風や雰囲気

会社の方向性や業務内容はその会社の社風によって変わります。毎年変な社風に変わる企業であれば、転職する方がいいでしょう。会社の社風の方向性に左右されて、自分らしい仕事が出来なくなってしまいます。 また、一度会社の雰囲気に馴染めないと感じたら、辞めたくて転職したいという気持ちに徐々に大きくなってきてしまいます。事前に会社の社風でこの会社がどんな会社なのか雰囲気を読み取っておくといいでしょう。

転職したいと思ったときの注意点

転職したいと思ったときの注意点

転職したいと思ってからすぐに今の会社を退職できる人は、現実的に考えて少ないでしょう。 転職するには事前に必要な書類を集めたり、業務の引継ぎなどがあるので、事前準備が必要になってきます。また、タイミングを考えて転職する必要があるので、転職したいと思ったときの注意点を踏まえて色々とご紹介していきます。

勢いにまかせない

勢いにまかせない

転職したいからといって思い立ったらすぐ行動という姿勢は、転職を考えるにあたってデメリットになる場合があります。転職したいという気持ちの勢いにまかせないということが大切で、まずは冷静に自分の転職をしたいという気持ちと向き合いましょう。 転職によって自分の今の生活が成り立っていくのかどうかを、頭の中でシュミレーションすることも重要です。転職先の希望の仕事内容や給与、福利厚生などどのうような環境の会社に転職したいのか前向きに冷静に考える必要があるでしょう。

転職するリスクを考えておこう

今の仕事を辞めたところで、次の転職先が今よりも良い条件で勤められる保証はどこにもありません。辞めたいという気持ちで焦ってしまうと取り返しのつかない事になってしまう可能性があるので、しっかりと考えて転職活動を進めましょう。 これから先の将来のビジョンをしっかりと決めて、後悔しない道を選んで進みましょう。

転職したい原因を分析

転職したい原因を分析

どうして自分が転職したいのか原因や理由を自己分析することも大切です。また、自分の転職したい気持の度合を確認することも重要になってきます。 もしも、転職したい理由が一時的な気の迷いや感情が高ぶっていたという理由だった場合、以前の会社の方が良かったなどと後悔することになりかねません。 転職に対して落ち着いた気持ちで前向きに考えることが大切です。

ネガティブな転職理由はポジティブに変換

退職や転職の理由を考えたとき、どうしてもネガティブな理由が先行してしまいますが、よくよく考えてみるとポジティブな理由が紐づいています。 例えば、給料が安いという理由があった場合は、正当に自分の頑張りを評価されたいという理由に繋がっています。ポジティブに変換して考えるようにすれば、自分の弱みを強みとして考えることが可能になるので、なるべく良い方に考えるようにしましょう。

転職したい職種の情報収集

自分の中で転職したい気持ちを整理して転職を決意したら、前向きに焦らず転職先の具体的な職種などを考えて行くことが大切です。 また、転職先をリストアップしたら転職したい会社の給与や福利厚生などもチェックするといいでしょう。そして自分で転職先の条件や職種などが納得できたら入社試験にチャレンジしましょう。 自分に向いている職種が分からないと悩んでいる方がいれば、プロのキャリアアドバイザーに相談してみるのも一つの手でしょう。転職エージェントを活用して転職先を決めるという選択肢もあるので覚えておきましょう。

転職したい時期を見極める

転職したいと行動を起こし始めたら、転職したい時期を見極めることも頭に入れておきましょう。 現在の給与の締め日やボーナスの支給日、有給休暇の残りの日数など考えながら自分にとって金額面で損のないような退社のタイミングを確認しましょう。 退社するタイミングの見極めがついたら、そのタイミングで転職するように転職先の入社時期をなどを考えていけるとベストな転職といえるのではないでしょうか。

在職中・退職後どちらに転職活動すべきか

在職中と退職後、どちらのタイミングで転職活動するのかで動き方は異なります。在職中であれば、理想的な求人が見つかるまで徹底的に転職活動に専念できますが、退職後だとそのタイミングで見つけた求人に応募するという形になってしまいます。 自分の働きたいと思える条件に近い企業に転職を希望するのであれば、早めの段階で求人を探し、退職するタイミングで転職する方法で進めるのが理想的でしょう。

転職をするべき人

転職したいと思っていても、今のタイミングで転職するべきなのか、しっかりと分かっていない人も多いでしょう。また、今の職場に不満があり、辞めたいという感情だけで突っ走ってしまう人というのは、必ず転職後に辞めなければよかったと、どこかで後悔をしてしまうでしょう。 本当に転職するべき人の特徴についてご紹介していくので、自分が当てはまるのか見極めながら見ていきましょう。

やりたいことが明確

やりたいことが明確

本当にやりたいことが現在の会社では出来ない仕事だという方は、迷わず転職を選択しましょう。自分のやりたいことを仕事にできるということは、モチベーションアップや自分自身のために、とても大切なことです。 自分のやりたい仕事がやれていれば、もし人間関係や待遇などに多少の不満があったとしても、それを乗り越える力が湧いてくるでしょう。

ポジティブな転職である

仕事で自分なりの目的意識を持って転職しスキルアップする選択もいいでしょう。転職に対してポジティブな考え方をしている人は、転職先でも成功するでしょう。自分のスキルアップを狙える会社に転職を決めることが重要です。 自分の入社したいと思う会社に転職できるチャンスがあれば迷わず転職するといいでしょう。良い求人情報を早く手に入れるため、転職エージェントに登録し、定期的に連絡をしておきましょう。

精神や体を壊す可能性あり

転職したいという気持ちや感情のコントロールが上手にできなくなってしまうと、会社を休まないといけない精神状態になってしまうこともあります。周りの人への気遣いよりも自分自身の気持ちや体力などを優先しましょう。 どうしても会社を続けていけないと思ったら迷わず転職することをおすすめします。

転職するという覚悟が決まっている人

曖昧な気持ちで転職する人より転職すると心からの決意がある人の方が、意志の強さでどこへ行っても自分らしさを失わずに突き進めます。もし、本当に覚悟が決まっているのなら、すぐに転職をしましょう。 逆に覚悟が決まっていないという人は、今の職場で自分には何が足りないのか、何が必要なのか考え、改善する対策を練った方がいいでしょう。

転職理由や志望動機を明確にしておこう

転職する場合、面接官に転職理由を聞かれることは、少なくありません。素直に転職理由を伝えつつも、志望動機に結び付けられるように話を持っていくと面接官も転職を納得してくれ、好印象を持ってくれるでしょう。 例えば、日々の残業の多さが原因で転職を決めた人であれば、「残業の多さが原因で転職を決めたのですが、限られた時間の中で効率的に仕事の成果をあげたいと私自身は考えているので、職場環境が良い弊社を受けようと思いました。」という風に伝えるといいでしょう。 転職をしたい理由をはっきりと伝えることよりも転職先の会社で何をしたいのかを伝えることを重視して伝えることがポイントです。

前向きな転職

この記事のまとめ
  • ほとんどの人は転職したいと思ったことがある
  • 理由はさまざまだが、人間関係の問題や待遇の不満が多い
  • 転職したい!という気持ちだけじゃなく、希望条件を冷静に考えてみる
前向きな転職

転職したい気持ちは、会社に対しての不満や不安がなくても誰にでも湧き上がる気持ちなのではないでしょうか。職場の人間関係や人のコミュニケーションは、自分の努力でどうにもならないことも多いものです。 転職したいという気持ちが明確ならば、迷わずに転職するといいでしょう。自分に合った職種や職場に巡りあえるように前向きに転職を考えて行きましょう。 「転職はしたいが今の職場が耐えられないというほどではない」という人は、まず一度キャリアアドバイザーと面談してみると良いでしょう。「マイナビエージェント」などに登録すると、無料で受けることができます。 他にもおすすめエージェントがあるので、自分に合いそうなところを探してみてください。

関連タグ

アクセスランキング