IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

会社の飲み会が嫌いな理由・飲み会嫌いの克服法・欠席の言い訳

更新日:2020年11月11日

コミュニケーション

近年、会社の飲み会に参加したくない人が急増しています。仕事外まで上司や先輩に気を使いたくない、長時間拘束されるのは嫌、など理由はさまざまです。この記事では、参加したくない理由から会社の飲み会が楽しくなる秘訣まで、詳しくご紹介しています。

会社の飲み会が嫌いな理由

忘年会に新年会、はたまた送別会だったり歓迎会など、会社勤めをしているうえで避けられないのが、会社の飲み会です。一見楽しそうに見える会社の飲み会ですが、近年参加したくない人が急増しています。 会社の飲み会が楽しみで、心待ちにしている人にとっては不思議に感じるでしょう。参加したくなくなってしまう理由とは一体どんなものなんでしょうか。以下に、会社の飲み会が嫌いな理由を詳しく記載しました。

上司や先輩に気を使う

お酒の席は無礼講とは言えど、やはり気を使ってしまうのが飲み会です。普段の仕事から、上司や先輩に気を使っているのに、お酒の席でも気を使わなければならないというのは、苦痛でしょう。 給与を貰っている時間の仕事ならば、気を使うことも苦ではないという方が多いです。しかし、お金を貰うことができない会社の飲み会でまで、気を使わなければならないのは気が滅入るという人が多いのも、事実です。 会社でお金を出してくれる飲み会もありますが、会費を払うこともあります。自費を出してまで気を使うなんて、というのが会社の飲み会が嫌いな人の本音でしょう。

お酒が飲めない

そもそもお酒が得意ではない人は、会社の飲み会が嫌いです。少し飲んだだけでも、気分が悪くなって吐いてしまったり、全身真っ赤になってしまう人もいます。体質的なもので仕方がないことですが、お酒が飲めないことを下に見る人がいるのも事実です。意識して言っているわけでなくても、言われたほうは気にして落ち込んでしまうでしょう。 お酒が飲めない人は、酔っぱらうことがないです。周囲が酔っぱらっているなか、自分ひとりだけがシラフの状態だと、疲れてしまうし楽しめません。会費がかかる会社の飲み会の場合、お酒を飲んでいないともったいない気がするのも、参加したくない理由のひとつに該当します。

時間が長い

会社の飲み会は、一次会があり二次会へと続き、多い時だと三次会まである時もあります。会社の飲み会で終電を逃す経験をした人も、多いのではないでしょうか。早く帰りたいのはやまやまですが、雰囲気的に抜けられない場合もあるでしょう。 上司や先輩が楽しそうにしている時に、自分だけが帰るのは気がひけてしまいます。気を使うのも少しの時間なら我慢できます。しかし。長時間になればなるほど、気を使うことも疲れてしまいます。拘束時間が長い、というのも会社の飲み会が苦手になってしまう理由のひとつでしょう。

仕事の話ばかり

会社の飲み会の話題の多くは、仕事の話です。同じ会社で勤めている人たちの共通点といえば、仕事でしょう。仕事の話が主になってしまうのは、会社の飲み会として正しい姿であるといえます。 しかし、食べて飲んで楽しい時間を過ごしたい人には、仕事の話は退屈に感じてしまうでしょう。仕事のことを忘れて楽しむことは難しく、必然的に自分自身も仕事の話に参加せざるを得なくなります。プライベートの飲み会と違う点は、話題が仕事メインになってしまうというところでしょう。

会社の飲み会が嫌い!克服する方法は?

避けて通れない会社の飲み会、どうせ参加するなら、苦しむより楽しめたほうが良いでしょう。 気を使うのが苦手だったり、お酒が飲めない、など会社の飲み会が嫌いになってしまう理由はさまざまです。理由が分かってくると、対処法も浮かんできます。以下では、会社の飲み会が嫌いな人でも、楽しめる克服法をご紹介します。会社の飲み会のお知らせがくるたびに憂鬱な気分になってしまう人は、ぜひ参考にしてみてください。

あらかじめ話題を用意しておく

飲み会が苦手な人の多くが、上司や先輩などの会社の人と話すことがない、と感じています。スムーズな会話ができずに間が持たないとなると、双方気まずいおもいをしてしまうでしょう。 そうならないためにも、事前に話題をしっかり用意しておくことを、します。酔っている人ばかりなので、起承転結のある綿密に練られた話題でなくても、大丈夫です。例えば、最近見たテレビ面白かったものだったり、ハマっているマイブームのことでも良いです。どうしても困ってしまったら、仕事の話をしてください。同じ会社で働いているもの同士、共感できることも多いでしょう。

自分にプレッシャーをかけない

肩の力を抜いて、気軽に会社の飲み会を楽しむことを、心掛けてみてください。緊張しないことが第一です。酔っている人は、あまり会社の飲み会でのことを覚えてない物です。ですので、少しくらい失敗したとしても大丈夫でしょう。プレッシャーを感じる必要はありません。

初回公開日:2018年01月17日

記載されている内容は2018年01月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング